感動を求めて、忙しすぎる「ひまつぶし」に追われている団塊世代の男の記録。
by nori-126
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
1万人の第九
第九(1万人の第九以外)
合唱
クラシック音楽
オペラ
バイオリンレッスン
歌舞伎
文楽
古典芸能
ポピュラー音楽
美術展
陶芸
歴史散歩 大阪
歴史散歩 堺
歴史散歩 京都
歴史散歩 奈良
歴史散歩
街道を歩く
西国三十三所
山歩き
花 四季彩々
自然観察 花・鳥・昆虫
園芸
美味探訪
囲碁
読書
外国語
未分類
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...
お気に入りブログ
SOLO*WALKER
暮らしの歳時記
続・季節とともに
エキサイトブログ以外のリンク
最新の記事
台北國立故宮博物院 北宋汝窯..
at 2017-03-16 12:33
シネマ「ミスサイゴン25周年..
at 2017-03-14 19:25
LA FENICE 天地創造..
at 2017-03-14 19:22
日本センチュリー響 第215..
at 2017-03-14 19:16
英国ロイヤルオペラシネマ「イ..
at 2017-03-13 17:40
LA FENICE 「天地..
at 2017-03-07 02:56
大阪狭山池 アオジ・モズ・ホ..
at 2017-02-28 22:32
バイオリンレッスン 第85回
at 2017-02-28 19:31
河内長野ラブリーホール合唱団..
at 2017-02-27 01:59
MET ライヴビューイング ..
at 2017-02-27 01:49
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nori-126 at 11:02
noriさん、こちらこそ..
by おっちゃん at 21:55
イソさん、コメントありが..
by nori-126 at 22:16
こんにちは 門真の第九..
by イソ at 19:43
midoさん、こちらこそ..
by nori-126 at 19:52
ライフログ
検索
タグ
(154)
(150)
(133)
(127)
(117)
(94)
(91)
(72)
(69)
(63)
(53)
(50)
(49)
(45)
(44)
(38)
(37)
(34)
(19)
(18)
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


台北國立故宮博物院 北宋汝窯青磁水仙盆 大阪市立東洋陶磁美術館

 3月15日(水)、昼から北宋汝窯の青磁を見に行った。台北国立故宮博物院の所蔵する4点が海外初公開、初来日というのが話題である。

台北 國立故宮博物院 北宋汝窯 青磁 水仙盆
2016.12.10ー3.26
大阪市立東洋陶磁美術館

 北宋時代(960-1127年)に宮廷用の青磁を作った汝窯は、淡い青色系の色を追及した。端正な形と合わせて、究極の美に到達している。台北の故宮博物院から、4点の水仙盆と清朝で作られた倣い1点が出品されている。また、東洋陶磁美術館所蔵の1点も出点されている。わずか6点の展示であるが、一つの部屋に収められたこれらの作品は、他に類のない、ひとつの世界を形づくっている。

 清朝の景徳鎮窯で作られた1品は、色が汝窯とは全く異なる。汝窯の青磁の色は再現することができなかったということであろう。紫檀の台座も同時に展示されている。乾隆帝が作らせたものである。水仙盆の底に、乾隆帝の書かせた詩があるが、これも見えるように、展示されている。

d0097373_19271006.jpg



# by nori-126 | 2017-03-16 12:33 | 美術展 | Comments(0)

シネマ「ミスサイゴン25周年記念公演」

 3月12日(日)、夜8時から、TOHOシネマズ梅田で、ミスサイゴン:25周年記念公演 in ロンドンを見た。夜遅い時間の1日1回、近畿地方では1館のみという不便さだが、思い切って行った。終わるのが11時20分である。

ミスサイゴン:25周年記念公演 in ロンドン
2014年9月 ロンドン 
製作:キャメロン・マッキントッシュ 
作詞:アラン・ブーブリル/クロード=ミッシェル・シェーンベルク 
音楽:クロード=ミッシェル・シェーンベルク

キャスト:エンジニア=ジョン・ジョン・ブリオネス
キム=エバ・ノブルザダ
クリス=アリスター・ブラマー
エレン=タムシン・キャロル
ジョン=ヒュー・メイナード
トゥイ=ホン・グァンホ
ジジ=レイチェル・アン・ゴー

スペシャル・ゲスト:ジョナサン・プライス/レア・サロンガ/サイモン・ボウマン      

 ミュージカル「ミス・サイゴン」は、舞台を見たことがあるが、曲はCDで聴いて、いい曲が多いのを楽しんでいる。オリジナルキャストでヒロインを演じた、リア・サロンガを「4 Stars」の公演で見て、IL DIVO の公演にゲストででた。本編が終わってからのフィナーレに、リア・サロンガが登場して歌った。

 舞台は基本的には、日本制作のものと変わらないが、豪華である。舞台を次から次へと転換していくスピードが心地よい。サイゴンを脱出するヘリコプターは、映像だろうか?客席から飛んできて、舞台に下りて、客席の方へ飛び去るように見える。

 サイゴンでアメリカ兵を相手にする女たちは、日本版よりも猥雑である。それが、エンジニアの渡世哲学を表しているようである。

 フィナーレにオープンカーに乗って、プロデューサーらが登場した。最後には、オリジナルキャストも大勢、登場して、25周年のお祝いの同窓会を楽しく開いたという感じである。

 

# by nori-126 | 2017-03-14 19:25 | ポピュラー音楽 | Comments(0)

LA FENICE 天地創造 第12回

 3月11日(土)、LA FENICEの練習があった。シンフォニーホールのコンサートを聴いて、JR福島駅で電車に乗った。目の前に指導のMTYM先生が座っておられた。声をかけて初めて話をした。1万人の第九で指導を受けたKTO先生は、生徒だったといわれた。弁天町で下りて、ココイチでカレーを食べて、港区区民センターに行った。

 本番までこの日を入れて3回になり、今日からは、全体を通して歌ってみるという練習になった。発声練習のあと、最初から手直しをしながら、歌っていった。最前列でFJIさんの隣で歌った。歌い始めは音が低くなるようで納得がいかなかった。めったに注意されないテノールが、音が低いと同じ所を何度も指摘された。

 2時間くらい歌ってから、満足のいく音がでるようになった。それは全体でも同じようで、団長さんが、何時間も歌ってから、きちんと音がだせるようになるようでは困るので、早くに音がだせる工夫が必要といわれた。



# by nori-126 | 2017-03-14 19:22 | 合唱 | Comments(0)

日本センチュリー響 第215回定期演奏会 ザ・シンフォニーホール

 3月11日(土)、日本センチュリー響の定演に行った。席は、L列34番で、右の方だった。

日本センチュリー交響楽団 第215回 定期演奏会
2017.3.11(土)14時開演
ザ・シンフォニーホール

指揮:イジ―・シュトルンツ
ピアノ:ミシェル・ダルベルト

リヒャルト・シュトラウス「プルレスケ(ピアノと管弦楽のための)ニ長調
ラヴェル「左手のためのピアノ協奏曲 ニ長調」
(アンコール ラヴェル「夜のガスパール」からオンディーヌ
ドヴォルザーク「交響曲 第8番 ト長調」

 最初の曲もピアノがついて、ピアノ協奏曲のような感じである。超絶技巧とでもいうようなテクニックを必要とする。ラヴェルの曲は、左手を戦争でなくしたピアニストのために作られたもので、右手をピアノの台に置いたり、楽譜をめくったりしながら演奏された。席が右のほうで、鍵盤が見えなかったのは残念である。曲はどうしてもピアノの活躍に制限があるので、協奏曲というよりは、交響曲という感じがした。

 ドヴォルザークの8番は久しぶりに聴くが、CDでも聞いているので、よく知っているいる曲である。9番の新世界よりも好きである。新世界と同じように、民族の音楽を感じることができる。

 終わってから、ロビーでヴァイオリンのIKHRさんに挨拶をした。終演後の懇談会に、今までに2回でたことがあるが、今回が最後ということで、出席者が多かった。団員と話をするいい機会であるが、出席者が固定しているようだし、団員にとっては負担も多いだろうと思う。別の形で触れ合う機会を設けて欲しい。

 チェロのWTNBさんに声をかけた。弦楽四重奏やアンサンブルを聴いたことがある。名前が音楽に関係あるので、お聞きすると、父上が楽器製造をしておられるという。私のバイオリンの先生とも、弦楽四重奏で共演したことがあるということだった。

 指揮者とピアニストも参加して、挨拶された。指揮者のシュトルンツさんは、コンサートで山形にいる時に、東日本震災に会われた。今日が、その3月11日であることを感慨深げに話された。

 

# by nori-126 | 2017-03-14 19:16 | クラシック音楽 | Comments(0)

英国ロイヤルオペラシネマ「イル・トロヴァトーレ」

 3月8日(水)、西宮ガーデンズのTOHOシネマでオペラを見た。「イル・トロヴァトーレ」は、METライブビューイング2015-16で、アンナ・ネトレプコで見たことがある。怨念や復讐が基調の残虐なストーリーであるが、音楽は美しい。

英国ロイヤル・オペラハウス・シネマ「イル・トロヴァトーレ」
演出:ディヴィッド・ベッシュ
指揮:リチャード・ファーンズ
出演:リアンナ・ハルトゥニアン(レオノーラ)
グレゴリー・クンデ(マンリーコ)
アニタ・ラチヴェリシュヴィリ(アズチェーナ)
ヴィタリー・ビリー(ルーナ伯爵)
2017年1月 英国ロイヤルオペラハウス

 時代設定を現代にしている。戦車やキャンピングカーがでてくる。現代なのに、火あぶりという言葉が出てくるのは違和感がある。舞台は暗い色彩で、シンプルである。野外ということで、背景はほとんど何もない。火を使った演出で、最後にはハート型の大きな枠組みに火が付く。

 アズチェーナを歌ったラチヴェリシュヴィリは、METでカルメンを歌った。カルメンの華やかさとは違った暗いキャラを演じた。最後に小さい声で消え入るように歌う声が素晴らしかった。レオノーラのハルトゥニアンは、ネトレプコに比べると、存在感がないように思われた。レオノーラの意志を通す強さが感じられなかった。

 

# by nori-126 | 2017-03-13 17:40 | オペラ | Comments(0)

LA FENICE 「天地創造 14番、29番」 Harmony for Japan 立命館いばらきフューチャープラザ

d0097373_03104082.jpg 3月5日(日)、Harmony for Japanという催しに、LA FENICE合唱団が参加した。東日本大震災の復興支援コーラスコンサートとして、6年前から東北の高校生らを呼んで、行われている。

 LA FENICEとしては、主催コンサート以外での出演となる。私にとって、昨年7月に入団して、初めての本番である。合唱団の一員なのだという実感と共に、少し緊張した。

 茨木の東奈良公民館に集まって、本山先生によるレッスンがあった。第14曲と第29曲の練習をした。隣で歌っているMURさんから、2か所音が間違っていると指摘された。前から何となく、音取りCDと合わないと感じていた所が、納得できた。何となく歌うのではなく、楽譜でしっかり音を取ることが大切である。

 歩いて、立命館いばらきフューチャープラザに行った。前に、研究会で2度来たことがある。服を着替えて、待機した後に、練習室に入って、直前のレッスンをした。全員で記念写真を撮った。

 舞台袖に待機して入場した。5列に並んで、辻本先生のピアノで、2曲を歌った。舞台上では、音の響きを感じられたが、客席にはどのように聞こえているのだろうか?少し力強さが足りないのではと思われた。

 終わってから、アシスタントの杉田先生、ピアノの先生の客席からの感想があったが、まとまっているが、響きが物足りない、届いていないというものだった。4月の本番に向けて少しでも良くするように努めなくてはならない。

 JR茨木駅前の「はなの舞」で10人で飲んだ。ニューヨーク州出身のPさんの話は面白い。NKTKさんの観劇の話、他にNKTさん、UTHSさん、ADCさん、SGTさんらである。

 

# by nori-126 | 2017-03-07 02:56 | 合唱 | Comments(0)

大阪狭山池 アオジ・モズ・ホオジロ

 2月28日(火)、いい天気なので、大阪狭山池にバードウオッチングに行った。6日前にベニマシコに会えたので、いい天気ならいい写真が撮れると期待して行ったが、会えなかった。

 池のほとりを歩いていると、ホオジロが地面にいた。近づくとすぐに逃げてしまった。バードウオッチングをすることが久しぶりなので、ホオジロに会うのは、数年ぶりだろうか?

 柵の上にモズがいた。下に降りて何かをつついては、また柵の上に戻る。雄と雌が並んでいるのも見た。ある程度の距離まで近づくと少し遠くに逃げる。写真に撮ると、目はクリッとして可愛いが、くちばしは鋭い。雄より雌の方が、目が優しいようである。

 茂みの中に、アオジがいた。草の中にいて出てこないので、写真が撮りにくい。アオジも久しぶりに見る。

モズ
d0097373_02354824.jpg
アオジ
d0097373_02354354.jpg
 

# by nori-126 | 2017-02-28 22:32 | 自然観察 花・鳥・昆虫 | Comments(0)

バイオリンレッスン 第85回

 2月27日(月)、バイオリンのレッスンに行った。前回から新しく課題になった、右手の練習では、移弦のスラーを弾いたが、移弦が急に弦の角度が変わるので、スムースでないと言われた。流れてしまうのもよくないが、あまり角度をつけずに移弦するのがいいということである。

 左手の課題は、A弦を4本の指でうまく押さえるのができなくて、足踏み状態である。指を立てて押さえられるように、手首を調節する必要がある。4指はコの字のように関節を曲げるとのことである。曲げないで押さえると正しい音がでない。

 楽しい農夫の基本練習で、付点四分音符のスラーと四分音符のスラーがでてくる。四分音符のスラーでは、つい初めの音をゆっくりと弾いて、後を慌てて全弓でと思うと、後の音の方が強い音になる。それは逆で、初めの音で弓を長めに使うようにと言われた。

 楽しい農夫は、スラーを弾く時に、1拍目を少し強めに弾かなくてはならない。アクセントが付いた所もある。音の強弱、それに合わせた弓の使い方となると、難しい。手をどのように動かすかを考えるのでなく、どういう音をだそうとしているのかを意識して、それに合わせた手の動きができるというのが、理想なのだろうと思う。

# by nori-126 | 2017-02-28 19:31 | バイオリンレッスン | Comments(0)

河内長野ラブリーホール合唱団 ドイツレクイエム

d0097373_02461993.jpg 2月26日(日)、ラブリーホール合唱団のコンサートに行った。毎年行われている伝統ある合唱団のコンサートで、プロのオーケストラの演奏で、大曲に取り組まれている。ドイツレクイエムを聴くのは、1昨年のLA FENICEでの演奏に続いて、2回目である。

河内長野ラブリーホール合唱団
2017.2.26(日)15時開演
ラブリーホール 大ホール
寺岡清高 指揮 大阪交響楽団
ソプラノ 老田裕子 
バリトン 小玉 晃

ブラームス「運命の歌」
「ドイツレクイエム」

 舞台には80人くらいのオーケストラと150人くらいの合唱団が並んで壮観である。席は一番後ろに近い左端だったが、ホール全体に響く音は、聴く場所に関係なく、迫力があった。

 運命の歌が終わった後の休憩時間に、指揮者の寺岡さんがドイツレクイエムについて、解説をされた。わかりやすい解説で、他のレクイエムとの違いは、知っておくべき内容だった。

 ドイツレクイエムの構成は、各曲に特徴があって、静かな曲から始まって盛り上がり、最後に静かに終わる。男声が少ないと思ったが、その響きは何ら遜色なく、ソプラノの高い声もよかった。ホール全体を歌声が包み込むようななんともいえない幸福感のようなものが感じられた。

 終わってから、ロビーで、堺の第九での知り合いのHSGWさんに会った。来年のフォーレとモーツアルトのレクイエムに参加するつもりだと話をすると、めったに演奏されないモツレクに興味があって、参加するかどうか考えているということだった。

 ロビーで、合唱団で参加されていたLA FENICEのARKWさんに挨拶した。LA FENICEからは、NKTさん(大フィル合唱団でもある)、KSさん、SRKWさんが参加されていた。大フィル合唱団のMTOKさんもおられた。

 合唱指導のNKMR先生をお見かけして、声をかけた。堺の第九で教えていただいたことがあり、4月から合唱団でお世話になりますと話した。昨年も休憩時間にお会いしたというと、覚えていただいていたようだった。
 
 ソリストは、4月の「天地創造」でご一緒する二人であり、大阪交響楽団は、堺の第九で演奏されたオケでもあり、親しみを感じられるコンサートであった。

# by nori-126 | 2017-02-27 01:59 | クラシック音楽 | Comments(0)

MET ライヴビューイング 2016-17  ロミオとジュリエット

 2月26日(日)、METライブビューイングを見に行った。

第5作 グノー《ロメオとジュリエット》 新演出 
指揮:ジャナンドレア・ノセダ 演出:バートレット・シャー
出演:ディアナ・ダムラウ(ジュリエット)
ヴィットーリオ・グリゴーロ(ロメオ)
エリオット・マドール(マキューシオ)
ミハイル・ペトレンコ(ローラン神父)
MET上演日 2017年1月21日 上映時間:3時間15分(休憩1回)

 METで多くの演出を手掛けているシャーの新演出である。舞台は中世の暗い色調の建物の外壁を見せて、転換はないが、舞台の中央が、屋敷の中になったり、遺体安置所になる。外壁は、ロミオが2階のジュリエットに会おうと、よじ登る壁でもある。インタビューで、演劇の演出もするシャーは、舞台が変わらない演劇をイメージしたと話していた。

 タイトルロールの二人の存在が圧倒的である。ダムラウは、前半では元気で走り回る世間知らずの娘を演じて可愛いが、後半では、愛を貫く意志の強い大人の女を演じている。年齢のギャップを忘れてしまうほどである。

 グリゴーロも愛する女のために、意志を貫こうとする大人の男性を演じて、風格さえ感じさせる安定感があった。二人での二重唱が4曲あり、ダムラウの澄んだ声とグリゴーロのテノールが、二人の悲しい運命を歌い上げる。

 

# by nori-126 | 2017-02-27 01:49 | オペラ | Comments(0)