感動を求めて、忙しすぎる「ひまつぶし」に追われている団塊世代の男の記録。
by nori-126
カテゴリ
全体
1万人の第九
第九(1万人の第九以外)
合唱
クラシック音楽
オペラ
バイオリンレッスン
歌舞伎
文楽
古典芸能
ポピュラー音楽
美術展
陶芸
歴史散歩 大阪
歴史散歩 堺
歴史散歩 京都
歴史散歩 奈良
歴史散歩
街道を歩く
西国三十三所
山歩き
花 四季彩々
自然観察 花・鳥・昆虫
園芸
美味探訪
囲碁
読書
外国語
未分類
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
フォロー中のブログ
SOLO*WALKER
暮らしの歳時記
続・季節とともに
エキサイトブログ以外のリンク
最新の記事
ハンガリーの名窯「ヘレンド」..
at 2017-06-22 18:29
ラブリーホール合唱団 201..
at 2017-06-19 01:42
日本センチュリー響 第217..
at 2017-06-17 19:09
MET ライヴビューイング ..
at 2017-06-15 00:34
大阪フィル マチネ・シンフォ..
at 2017-06-14 00:38
立山 室堂平 雪の大谷ウオーク
at 2017-06-12 05:31
京街道 第6回 八幡市駅~中..
at 2017-06-05 01:05
ラブリーホール合唱団 201..
at 2017-06-04 01:41
住之江第九合唱団 2017 ..
at 2017-06-01 08:54
快慶 奈良国立博物館
at 2017-06-01 08:46
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nori-126 at 11:02
noriさん、こちらこそ..
by おっちゃん at 21:55
イソさん、コメントありが..
by nori-126 at 22:16
こんにちは 門真の第九..
by イソ at 19:43
midoさん、こちらこそ..
by nori-126 at 19:52
ライフログ
検索
タグ
(154)
(152)
(137)
(134)
(122)
(98)
(96)
(74)
(70)
(66)
(55)
(53)
(51)
(50)
(46)
(46)
(38)
(34)
(19)
(18)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


大阪フィルハーモニー交響楽団第430回定期演奏会

 7月29日(水)、大阪フィルハーモニー交響楽団の定期演奏会に行った。サン=サーンスの交響曲第3番「オルガン付」を前からコンサートで聞いてみたいと思っていたので、チケットを取った。席は1階U列30番と最後列だった。

 大阪フィルハーモニー交響楽団第430回定期演奏会
 2009.7.29(水) 19時 ザ・シンフォニーホール
 大植英次指揮 大阪フィルハーモニー交響楽団
 独奏 クリストフ・バラーティ(Vn)
     室住素子(org)

 パガニーニ ヴァイオリン協奏曲第1番ニ長調作品6
 聞いた事がない曲なので、名盤とされる75年録音のアッカルド独奏のデュトワ指揮ロンドン響のCDを買って予習した。プログラムによると、大阪フィルはアッカルドと75年にこの曲で競演したとのことである。パガニーニはヴァイオリンの名手で、技巧を必要とする変化に富んだ曲である。

 独奏のバラーティは、1979年ブダベストの生まれで、1996年のロン・ティボー・コンクール第2位となり、今回初来日を果たした。背の高い青年の弾くヴァイオリンは小さく見えて、難解な曲を軽々と演奏しているように見えた。その演奏は、安定していて、細かい音の動きは正確で、歌うようなヴァイオリンの音は素晴らしかった。観客のブラボーの声や拍手が多かったのは、うなずけた。

 様々な奏法が駆使されているようで、スタッカートの奏法は新鮮な印象を与えるが、詳しいことはわからない。管弦楽の部分の音楽性はともかく、ヴァイオリンの音を楽しめる曲であった。アンコールにバラーティの独奏で、イザーイとバッハが演奏された。

 サン=サーンス 交響曲第3番ハ短調「オルガン付」作品78
 交響曲にパイプオルガンが加わるという特異な曲で、ガヴォティの独奏でマルティノン指揮フランス国立交響楽団の75年録音のレコードを持っている。ディスクでは、オルガンは別録音になるのが普通だということだが、生ではどう聞こえるかということに興味があった。

 弦楽器がが約60人と多く、ピアノとパイプオルガンが加わる。サン=サーンスはオルガンの名手だったので、本日のプログラムは、作曲者が得意とする楽器が独奏となるという企画なのだろうか。

 オルガニストの室住素子さんの名ははじめてきくが、オルガン付オーケストラ作品のスペシャリストということである。もともとオルガン奏者は単独で演奏することが多いので、オケと競演するのは、特別な才能を必要とするのであろう。

 第1楽章の第2部からパイプオルガンが低く響く。ただ、よく聞かないと弦楽器の低音と聴き間違えそうである。第2楽章の第1部の途中からピアノの響きが目立ち、突然、パイプオルガンが鳴り響く。会場全体の雰囲気を変えるような響きである。ここからオーケストラとオルガンが華やかな音を繰り広げる。最後はオーケストラの演奏が鳴り響いて、指揮者の大植英次さんの全身を使った指揮に迫力があった。ただ、少し音に乱れがあったような気がしたが。

 パイプオルガンとオーケストラの融合というのは、生の演奏ではその会場の制限もあるのだろう。もう少しパイプオルガンが響いてくれたらと思ったが、聴く席によって差があるのかもしれない。

d0097373_0593395.jpg


 
by nori-126 | 2009-07-30 01:38 | クラシック音楽 | Comments(0)
<< 夏の花壇 09.8.1 世界の飛び出す絵本展 堺市北野田 >>