感動を求めて、忙しすぎる「ひまつぶし」に追われている団塊世代の男の記録。
by nori-126
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
1万人の第九
第九(1万人の第九以外)
合唱
クラシック音楽
オペラ・バレエ
バイオリンレッスン
歌舞伎
文楽
古典芸能
ポピュラー音楽
美術展
陶芸
歴史散歩 大阪
歴史散歩 堺
歴史散歩 京都
歴史散歩 奈良
歴史散歩
街道を歩く
西国三十三所
山歩き
花 四季彩々
自然観察 花・鳥・昆虫
園芸
美味探訪
囲碁
読書
外国語
未分類
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...
フォロー中のブログ
SOLO*WALKER
暮らしの歳時記
続・季節とともに
エキサイトブログ以外のリンク
最新の記事
納涼 囲碁まつり ホテル阪急..
at 2017-08-15 09:57
シネマ「パリ・オペラ座ー夢を..
at 2017-08-14 10:37
兵庫芸術文化センター管弦楽団..
at 2017-08-13 01:07
日本センチュリー響 いずみ定..
at 2017-08-12 09:01
バイオリンレッスン 第92回
at 2017-08-08 01:03
LA FENICE レクイエ..
at 2017-08-07 02:08
キエフ・クラシック・バレエ ..
at 2017-08-07 02:01
ラブリーホール合唱団 201..
at 2017-08-07 01:48
LA VITA 演奏会 豊中..
at 2017-08-06 22:43
大阪新音フロイデ合唱団 「テ..
at 2017-08-03 22:18
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nori-126 at 11:02
noriさん、こちらこそ..
by おっちゃん at 21:55
イソさん、コメントありが..
by nori-126 at 22:16
こんにちは 門真の第九..
by イソ at 19:43
midoさん、こちらこそ..
by nori-126 at 19:52
ライフログ
検索
タグ
(155)
(154)
(143)
(134)
(122)
(100)
(96)
(74)
(70)
(68)
(64)
(58)
(53)
(50)
(47)
(46)
(38)
(34)
(19)
(18)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ルーブル美術館展 美の宮殿の子どもたち

 8月5日(水)、午後から大阪でのルーブル美術館展に行った。7月に京都でのルーブル美術館展に行ったが、京都が17世紀の絵画を集めていたのに対して、大阪では子どもを主題にして、時代、地域、分野を越えた作品が展示されている。

 ルーブル美術館展 美の宮殿の子どもたち
 2009年6月23日(火)ー9月23日(水・祝)
 大阪市 国立国際美術館


 中ノ島の国立国際美術館の辺りは、新しい建物もできてずいぶんと様変わりした。すぐ近くに、「コルテオ」の大きなテントができて公演が始まっている。フェスティバルホールの建物は、覆いがされて壊す準備に入っているようである。
 
 展覧会は、いくつかのテーマに別れており、第1章「誕生と幼い日々」では、紀元前2000年前のエジプトの子どもを抱く女性の小像や17~19世紀の絵画など。第2章「子どもの日常生活」では、3世紀頃の子どもの靴、子どもの教育を説いたパピルス、ゲームで使うサイコロ、おもちゃ、人形など。第3章「死をめぐって」では
紀元前1200年頃の子どものミイラ、大理石や絵画で子どもを表したものが並ぶ。子どもが死ぬことが珍しくなかった時代の親の悲しみが何千年も経っても伝わってくる。

 第4章「子どもの肖像と家族の生活」では、子どもや家族の肖像が、油彩、テラコッタ、粘土などで表現されたもの、第5章「古代の宗教と神話のなかの子ども」では、エジプトやギリシャの神話の子どもを表した大理石の像や粘土の像、第6章「キリスト教美術のなかの子ども」では、幼いキリストを描いた像や、絵画など、そして第7章「空想の子ども」では、エンジェルを描いた油彩や大理石像である。

 時代は古代エジプトから19世紀に及び、絵画は多くなくて、像やレリーフ、タペストリーなど多彩であった。有名な絵画としては、レノルズの「マスター・ヘア」という少年を描いたものだけかもしれない。京都で「農民の家族」が展示されていたル・ナン兄弟の「幸福な家族」が展示されていた。同じく「王女マルガリータの肖像」が展示されていたベラスケスの「フランス王妃マリー=テレーズの幼き日の肖像」が展示されていた。

 子どもをテーマに、人類が残してきた様々な表現方法とそれを作った人の想いを偲ぶというのも、おもしろい企画で、美術館の一つの楽しみ方を教えてくれた。
by nori-126 | 2009-08-05 21:55 | 美術展 | Comments(0)
<< やなぎみわ 婆々娘々! 国立国... 蝶ヶ岳~常念岳縦走 その6 槍... >>