感動を求めて、忙しすぎる「ひまつぶし」に追われている団塊世代の男の記録。
by nori-126
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
1万人の第九
第九(1万人の第九以外)
合唱
クラシック音楽
オペラ
バイオリンレッスン
歌舞伎
文楽
古典芸能
ポピュラー音楽
美術展
陶芸
歴史散歩 大阪
歴史散歩 堺
歴史散歩 京都
歴史散歩 奈良
歴史散歩
街道を歩く
西国三十三所
山歩き
花 四季彩々
自然観察 花・鳥・昆虫
園芸
美味探訪
囲碁
読書
外国語
未分類
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
フォロー中のブログ
SOLO*WALKER
暮らしの歳時記
続・季節とともに
エキサイトブログ以外のリンク
最新の記事
ハンガリーの名窯「ヘレンド」..
at 2017-06-22 18:29
ラブリーホール合唱団 201..
at 2017-06-19 01:42
日本センチュリー響 第217..
at 2017-06-17 19:09
MET ライヴビューイング ..
at 2017-06-15 00:34
大阪フィル マチネ・シンフォ..
at 2017-06-14 00:38
立山 室堂平 雪の大谷ウオーク
at 2017-06-12 05:31
京街道 第6回 八幡市駅~中..
at 2017-06-05 01:05
ラブリーホール合唱団 201..
at 2017-06-04 01:41
住之江第九合唱団 2017 ..
at 2017-06-01 08:54
快慶 奈良国立博物館
at 2017-06-01 08:46
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nori-126 at 11:02
noriさん、こちらこそ..
by おっちゃん at 21:55
イソさん、コメントありが..
by nori-126 at 22:16
こんにちは 門真の第九..
by イソ at 19:43
midoさん、こちらこそ..
by nori-126 at 19:52
ライフログ
検索
タグ
(154)
(152)
(137)
(134)
(122)
(98)
(96)
(74)
(70)
(66)
(55)
(53)
(51)
(50)
(46)
(46)
(38)
(34)
(19)
(18)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


堺 第九コンサート 第1回練習

 3月3日(水)、堺の第九コンサートの合唱団の第1回目の練習があった。堺では、政令指定都市に移行した2006年から毎年、4月29日(祝)に第九コンサートを行っており、合唱参加者を一般募集している。前から参加してみたかったが、練習日の都合が悪かった。ところが練習曜日が変更になったので(実は知らなかったが昨年から水曜日になっていた)、はじめて参加することにした。経験者は7回の練習がある。経験回数を5回と書いた。

 初心者向けの練習はすでに6回行われていて、経験者との合同練習の第1回目だった。会場の堺市民会館小ホールに行くと、参加者用のネームカードをくれた。合唱団は200人くらい応募があったとのことだが、女性が多くて男性は3分の1程度である。男性は、年配の人が多かった。他の地域の第九に参加を呼び掛ける人がいた。この小ホールでは、以前に同業者の研修会の講師として2回ほど講演をしたことがある。

 合唱指揮の中村貴志先生が登場して、先生のピアノで発声練習をした。ピアノ伴奏の多久(たく)潤子先生が登場して、はじめから歌っていった。全体で歌ってみて、そのあとパート別に歌ってみる。発声のタイミングや詞の意味を汲んだ歌い方など、かなり細かいところを指摘される。聞いたことのない注意も多く新鮮な感じがした。

冒頭からMまで(男性合唱のH,Iを除く)
【260】strengは強いという意味なので強く歌う。4分の4拍子では1拍目と3拍目が強い。水泳でかきわけて進むような気持ちで
【285】jaはそうだという気持ちで強く歌う。 
【291】weinendはpで歌うが強い言葉なので弱くならないように。
【319】Cherubのrubをはっきりと発音する。
【321】以下、スタッカートをきちんと区切って歌う。
【330】Gottの終わりの切れ味よく。 
【410】からの男性合唱は省略して、Mに入る。
【543】Freudeの最初は遅れがちになる。息を使う楽器や声は出すのが遅れやすいものである。指揮棒が振りおろされるところで、Fを歌い始める。フロイデを早めに歌いだすので「風呂早よおいで」

 参加者がかなり歌える人ばかりなので、他のパートを聞きながら歌うと合唱をしていることを実感できる。2時間足らずの練習はあっという間に終わった。
by nori-126 | 2010-03-04 00:39 | 第九(1万人の第九以外) | Comments(4)
Commented by まさぽん at 2010-03-07 18:37 x
練習おつかれさまです。
私も中村先生には年末の「感動の第九」でご指導いただきました。
erを巻かない流儀ですので戸惑ってしまいますが。。。

こちらの4/29は、パー練1回休んだせいで2月は一度も歌わずじまいでした。

ヴェルレクの次の曲目が決まりました。
近いうちにお知らせできると思いますので、ぜひ参加をご検討くださいね~
Commented by nori-126 at 2010-03-07 19:34
 まさぽんさん、先日は新年会のお世話をいただきありごとうございました。中村先生の独唱部分を聞いていても、あまりrを強調されないような気がします。発音についての説明はなかったのですが。4月29日に向けてお互い頑張りましょう。第九以外を歌える機会があればいいのですが。堺の第九の練習にしても参加できる曜日に変わったというのは本当にラッキーでした。
Commented by kifkaf at 2010-03-09 20:35 x
noriさん、いつも何かとお世話になっております。
4月29日は、noriさんの美声をお聞きさせて頂けると思うと大変楽しみですが、独唱をする部分があるのですか。
久しぶりに文化的な雰囲気を味わえる空間に行かせて頂くつもりです。頑張ってください。
Commented by nori-126 at 2010-03-10 00:56
 kifkafさん 200人の合唱団の一人ですので、とても私の声は聞こえません。独唱はプロの歌い手がします。当日来ていただくのを楽しみにしています。
<< 堺 第九コンサート 第2回練習 花瓶 1.5kgの土 作品4 >>