感動を求めて、忙しすぎる「ひまつぶし」に追われている団塊世代の男の記録。
by nori-126
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
1万人の第九
第九(1万人の第九以外)
合唱
クラシック音楽
オペラ
バイオリンレッスン
歌舞伎
文楽
古典芸能
ポピュラー音楽
美術展
陶芸
歴史散歩 大阪
歴史散歩 堺
歴史散歩 京都
歴史散歩 奈良
歴史散歩
街道を歩く
西国三十三所
山歩き
花 四季彩々
自然観察 花・鳥・昆虫
園芸
美味探訪
囲碁
読書
外国語
未分類
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...
フォロー中のブログ
SOLO*WALKER
暮らしの歳時記
続・季節とともに
エキサイトブログ以外のリンク
最新の記事
ラブリーホール合唱団 201..
at 2017-04-03 01:40
バイオリンレッスン  第87回
at 2017-03-29 16:41
小澤征爾オペラプロジェクト「..
at 2017-03-23 08:25
門真の第九 Y先生のお誕生会
at 2017-03-21 13:04
MET ライヴビューイング ..
at 2017-03-20 01:43
大阪フィル 第506回定演 ..
at 2017-03-19 16:39
1万人の第九 懇親会
at 2017-03-19 16:33
NDRエルプフィルハーモニー..
at 2017-03-16 12:36
台北國立故宮博物院 北宋汝窯..
at 2017-03-16 12:33
バイオリンレッスン 第86回
at 2017-03-16 11:12
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nori-126 at 11:02
noriさん、こちらこそ..
by おっちゃん at 21:55
イソさん、コメントありが..
by nori-126 at 22:16
こんにちは 門真の第九..
by イソ at 19:43
midoさん、こちらこそ..
by nori-126 at 19:52
ライフログ
検索
タグ
(154)
(151)
(133)
(129)
(117)
(94)
(93)
(72)
(69)
(64)
(53)
(51)
(50)
(45)
(44)
(38)
(38)
(34)
(19)
(18)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


堺 第九コンサート 第4回練習

 3月24日(水)、堺第九の4回目の練習があった。先日、堺第九で検索して、参加者でブログをしている人をみつけてコメントをつけた。今日、参加者名簿に出席の〇をつけると、それをみた女性からブログをしている人ですかと声をかけられた。1万人の第九の大阪Cクラスにも参加していたとのことだった。

 中村貴志先生のレッスンは、いつものようにハミング・オー・ザイ・フローそれぞれの発声練習からはじまった。練習は最初からフーガまでをパート別や全体でおさらいしながら、注意点を指摘されるという形である。休憩の時間に、プログラムに掲載する写真をパート別に舞台に上がって撮った。

 【238】Freude  力強く
 【260】streng   strをしっかりと
 【262】Bruder はブルーイという感じで
 【289】nie gekonnt sfはnieについているがgekonntにもついていると考える 
 【313】kusseから【330】まで勢いを維持する
 【315】Einen はアイネンではなくアアイネン
 【410】3分の8拍子は馬のタカタッタ、タカタッタというリズムで
 【559】Deine から【574】weiltまで歌い出したらゴールに向かって歌う
 【595】Seid um 母音を長くする 子音を短くする リズム読みで確かめた
 【611】Bruder ブリューとねじこむように
 【610】welt  ヴェールトとなる
 【620】uber  歌いだしをはっきりと出る

 繰り返し言われることは、ポンと飛び出してブルトーザーのように力強く前へ進む推進力が必要、音を出すのが遅い、観客が聞く声が間に合うように ということである。合唱が弱くあいまいになっているところで、注意をされる感じが少しわかってきた。

 
by nori-126 | 2010-03-25 00:46 | 第九(1万人の第九以外) | Comments(2)
Commented by 南八尾電車区 at 2010-03-30 17:51 x
 こんにちは。
 後れ馳せながら、先日はご訪問&コメントをありがとうございました。

 この堺の「第九」について過去記事も含めて一通りざっと読ませてもらいましたが・・・合唱指揮の中村先生、かなり具体的とでも言いますか、きめ細かい指導をされているような印象を改めて受けました。

 そして合唱団全体のレヴェルも結構高そうな印象をも受けています───第2回練習レポート記事のところで記されている、中村先生から繰り返し与えられているという注意事項、私も心の中で思わず頷いてしまいました《尤も頷くだけではダメなのですが…》。

 本番まで残り1ヶ月弱ですね・・・無事の成功を祈っています。
Commented by nori-126 at 2010-03-30 23:17
 南八尾電車区さん コメントをありがとうございます。1万人の第九の初心者クラスでの経験がほとんどの私としては、レベルの高い指導を受けると、本当の合唱団に入ったみたいだとうれしくなってしまいます。堺市民会館の小ホールで200人の合唱団の中にいると本当に迫力があります。大ホールは残響がよくないので、どの程度の音になるのかわかりませんが、プロのオーケストラで第九を歌うのは初めてなので、本当に楽しみです。知り合いをさそって、あまりクラシックを聞いたことのない人も含めて10人が聞きに来てくれることになりました。それも楽しみです。
<< 大泉緑地 クイナ・アトリ 狭山池公園 アオジ >>