感動を求めて、忙しすぎる「ひまつぶし」に追われている団塊世代の男の記録。
by nori-126
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
1万人の第九
第九(1万人の第九以外)
合唱
クラシック音楽
オペラ
バイオリンレッスン
歌舞伎
文楽
古典芸能
ポピュラー音楽
美術展
陶芸
歴史散歩 大阪
歴史散歩 堺
歴史散歩 京都
歴史散歩 奈良
歴史散歩
街道を歩く
西国三十三所
山歩き
花 四季彩々
自然観察 花・鳥・昆虫
園芸
美味探訪
囲碁
読書
外国語
未分類
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
フォロー中のブログ
SOLO*WALKER
暮らしの歳時記
続・季節とともに
エキサイトブログ以外のリンク
最新の記事
ハンガリーの名窯「ヘレンド」..
at 2017-06-22 18:29
ラブリーホール合唱団 201..
at 2017-06-19 01:42
日本センチュリー響 第217..
at 2017-06-17 19:09
MET ライヴビューイング ..
at 2017-06-15 00:34
大阪フィル マチネ・シンフォ..
at 2017-06-14 00:38
立山 室堂平 雪の大谷ウオーク
at 2017-06-12 05:31
京街道 第6回 八幡市駅~中..
at 2017-06-05 01:05
ラブリーホール合唱団 201..
at 2017-06-04 01:41
住之江第九合唱団 2017 ..
at 2017-06-01 08:54
快慶 奈良国立博物館
at 2017-06-01 08:46
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nori-126 at 11:02
noriさん、こちらこそ..
by おっちゃん at 21:55
イソさん、コメントありが..
by nori-126 at 22:16
こんにちは 門真の第九..
by イソ at 19:43
midoさん、こちらこそ..
by nori-126 at 19:52
ライフログ
検索
タグ
(154)
(152)
(137)
(134)
(122)
(98)
(96)
(74)
(70)
(66)
(55)
(53)
(51)
(50)
(46)
(46)
(38)
(34)
(19)
(18)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ホール・バルティカ演奏会 ヴェルディ「レクイエム」 いたみホール

d0097373_22103544.jpg 5月8日(土)、午後から伊丹でのホール・バルティカ演奏会に行った。1万人の第九仲間のmasaponさんが合唱で参加されるので、チケットをいただいたのである。阪急伊丹駅から少し歩いたところにある、いたみホールは、はじめて行ったがきれいなホールである。席は自由席で2階に座った。

 ヴェルディのレクイエムは2007年3月に、大阪センチュリー交響楽団の定期公演で聞いたことがある。高校の同級生の奥様がソロを歌われるということで聞きにいったのである。CDで聞いたのとは全く違う迫力に驚いたものである。 

 ホール・バルティカ演奏会
 2010年5月8日(土)2時 いたみホール 大ホール
 合唱:ホール・バルティカ
 管弦楽:河崎聡指揮セント・マーティン・オーケストラ
 独唱:渡邉美智子(sop)福田かおり(M.sop)
    小餅谷哲男(Ten)田中勉(Bass)
 ヴェルディ:レクイエム


 舞台に70名近い楽団員が並び、後ろに120人の合唱団が並んだ。ソリストと指揮者が登場して静かに曲がはじまる。静かだが、美しい響きであり、厳粛な雰囲気に引き込まれた。

 独唱と合唱が様々に組み合わされて、ヴァリエーションを楽しめる。テノールの小餅谷さんはよく通る響きで、バスの田中さんは重みがある声である。ソプラノとメゾソプラノの二重唱は、ぴったりと息が合っていた。ソリストの力量が問われる曲でもある。

 合唱団はそれほど多くない人数なのにオーケストラに負けない声がでていた。特に男声は人数が少ないのに迫力十分だった。宗教曲だと、発声法が違うのだろうか?厳粛な雰囲気がよくでていたと思う。

 オーケストラは、アマチュアとは思えない安定した響きだった。ブラスの響きも良かった。途中で、2階の左右からトランペットが響いてくる。元からある演出らしいが、ホール全体が響いているようである。

 CMにも使われる有名なフレーズが何回かでてくるが、辺りを圧倒する大きな音でありながら、丁寧に音が取られていた。

 終わって、ロビーで観客として来ていた大阪DのバスのOさん、大阪CのHさんに会った。合唱団で参加されたmasapon,ゆかべりん、そして練習ピアニストのTさんに会ってあいさつした。こういう大曲を歌いあげるということは、大変な苦労とそして感動があると思う。うらやましい限りである。機会があればと思うが、仕事の都合で練習の日程が合わないのが残念である。

d0097373_22125488.jpg

   
by nori-126 | 2010-05-08 21:29 | クラシック音楽 | Comments(2)
Commented by まさぽん at 2010-05-09 16:54 x
ご来場ありがとうございました。
そしてお褒めの言葉までいただき恐縮いたします。
いたみの大ホールへは初めて行きましたが、あの人数のオケと合唱団で舞台上かなり窮屈な思いをしました。しかしながらホールの音響も悪くなく、適当な座席数というところは気に入りました。
オケは「合唱がずっこけそう」になった場面もありましたが、全体的にはよかったと感じています。
このオケで歌ってみませんか!?
Commented by nori-126 at 2010-05-09 20:15
前にシンフォニーホールでプロの演奏でベルレクを聞きましたが、その時よりも迫力あったので、大きすぎないホールの方がいいのかと思いました。もし、教会で演奏されたらもっと響き渡るのではないでしょうか?合唱に参加してみたい気はありますが、時間がとれません。いつか仕事を止めた時にはと思いますが。
<< 伊丹荒牧バラ公園 西国三十三所(その12) 第1... >>