感動を求めて、忙しすぎる「ひまつぶし」に追われている団塊世代の男の記録。
by nori-126
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
1万人の第九
第九(1万人の第九以外)
合唱
クラシック音楽
オペラ・バレエ
バイオリンレッスン
歌舞伎
文楽
古典芸能
ポピュラー音楽
美術展
陶芸
歴史散歩 大阪
歴史散歩 堺
歴史散歩 京都
歴史散歩 奈良
歴史散歩
街道を歩く
西国三十三所
山歩き
花 四季彩々
自然観察 花・鳥・昆虫
園芸
美味探訪
囲碁
読書
外国語
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...
フォロー中のブログ
SOLO*WALKER
暮らしの歳時記
続・季節とともに
エキサイトブログ以外のリンク
最新の記事
ラブリーホール合唱団 201..
at 2017-11-12 23:36
門真の第九 2018 第1回..
at 2017-11-12 23:22
国宝 第Ⅲ期 国立京都博物館
at 2017-11-09 01:36
LA FENICE  レクイ..
at 2017-11-07 01:17
関西二期会オペラ 魔弾の射手..
at 2017-10-29 21:35
1万人の第九 2017 森ノ..
at 2017-10-29 21:29
LA FENICE  レクイ..
at 2017-10-29 21:14
バイオリンレッスン  第96回
at 2017-10-24 17:40
ラブリホール合唱団 レクイエ..
at 2017-10-22 00:10
日本センチュリー響 第220..
at 2017-10-22 00:01
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nori-126 at 11:02
noriさん、こちらこそ..
by おっちゃん at 21:55
イソさん、コメントありが..
by nori-126 at 22:16
こんにちは 門真の第九..
by イソ at 19:43
midoさん、こちらこそ..
by nori-126 at 19:52
ライフログ
検索
タグ
(157)
(155)
(152)
(134)
(128)
(103)
(96)
(75)
(74)
(72)
(70)
(59)
(53)
(50)
(47)
(46)
(39)
(34)
(19)
(18)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


鍋島 サントリー美術館 東京六本木

d0097373_23312119.jpg 9月5日(日)東京での会議のあとに、サントリー美術館を訪れた。ブログ「みみずく通信」のmamiさんが紹介されていたので、行ってみたくなった。

 乃木坂の駅をでて、外苑東通りを少し歩くと東京ミッドタウンに着いた。ガレリアというビルは、中央が吹き抜けで高級なお店が並んでいる。若いカップルが多く、モデルではないかと思われるようなスタイルの女性に思わず振り返る。その3階にサントリー美術館があるが、入口は他のお店と同じような構えで美術館らしくない。

 誇り高きデザイン
 鍋島
 2010年8月11日(水)ー10月11日(月・祝)
 サントリー美術館 東京六本木東京ミッドタウン


 入ってすぐのところに、ポスターにも採用されている重要文化財の皿が展示されている。染付の絶品で、シンプルだが、色合いがすばらしく掻き落としによる線やぼかしが何とも言えない味を出している。 

 鍋島は、江戸時代に佐賀藩が徳川家や大名に贈り物として献上した磁器である。技法としては、染付が基本で、それに赤、緑、黄の色絵、青磁などが使われる。文様としては、花鳥風月や水車、組紐など多岐に渡る。デザインをとことん追求した絵は、とても江戸時代のものとは思えないぐらいモダンである。

 諸大名が、デザインを評価して注文したり、民間の窯のものでも品質がいいと採用されたりと、デザインを徹底的に追求したエピソードが紹介されている。

 作成の手順が展示されていた。鉄で紙に線で絵を描いてそれを素焼きの皿に転写する。その線を吾須でなぞり、一度高温で焼成する。それに色絵をつけて、もう一度少し低い温度で焼くという方法である。

 現代における色鍋島の陶工である十四代今泉今右衛門の作品も並べられているが、どのように造られているのかが想像もできないくらいに見事である。

 
by nori-126 | 2010-09-07 23:24 | 美術展 | Comments(2)
Commented by mami at 2010-09-08 00:40 x
こちらにも行かれたんですね。
鍋島は本当にデザインが洗練されていて素敵です。本当に良いものは古くさくないという見本のようでしたね。
Commented by nori-126 at 2010-09-09 07:23
 鍋島の作品をみるのははじめてでしたが、想像していたのと全く違って驚きました。他の展覧会に行く予定にしていたのを、mamiさんのグログで鍋島のことを知って、予定を変更して訪れました。行って本当によかったです。
<< 秀山祭九月大歌舞伎 新橋演舞場... 奈良の古寺と仏像 三井記念美術... >>