感動を求めて、忙しすぎる「ひまつぶし」に追われている団塊世代の男の記録。
by nori-126
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
1万人の第九
第九(1万人の第九以外)
合唱
クラシック音楽
オペラ
バイオリンレッスン
歌舞伎
文楽
古典芸能
ポピュラー音楽
美術展
陶芸
歴史散歩 大阪
歴史散歩 堺
歴史散歩 京都
歴史散歩 奈良
歴史散歩
街道を歩く
西国三十三所
山歩き
花 四季彩々
自然観察 花・鳥・昆虫
園芸
美味探訪
囲碁
読書
外国語
未分類
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...
フォロー中のブログ
SOLO*WALKER
暮らしの歳時記
続・季節とともに
エキサイトブログ以外のリンク
最新の記事
ラブリーホール合唱団 201..
at 2017-04-03 01:40
バイオリンレッスン  第87回
at 2017-03-29 16:41
小澤征爾オペラプロジェクト「..
at 2017-03-23 08:25
門真の第九 Y先生のお誕生会
at 2017-03-21 13:04
MET ライヴビューイング ..
at 2017-03-20 01:43
大阪フィル 第506回定演 ..
at 2017-03-19 16:39
1万人の第九 懇親会
at 2017-03-19 16:33
NDRエルプフィルハーモニー..
at 2017-03-16 12:36
台北國立故宮博物院 北宋汝窯..
at 2017-03-16 12:33
バイオリンレッスン 第86回
at 2017-03-16 11:12
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nori-126 at 11:02
noriさん、こちらこそ..
by おっちゃん at 21:55
イソさん、コメントありが..
by nori-126 at 22:16
こんにちは 門真の第九..
by イソ at 19:43
midoさん、こちらこそ..
by nori-126 at 19:52
ライフログ
検索
タグ
(154)
(151)
(133)
(129)
(117)
(94)
(93)
(72)
(69)
(64)
(53)
(51)
(50)
(45)
(44)
(38)
(38)
(34)
(19)
(18)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


1万人の第九 本番

 12月5日(日)1万人の第九の本番当日となった。9時半前に大阪城ホールへ行った。席は北アリーナ右5列3番だった。昨年まではバスの左端からテノールの右端まで通しで番号を振っていたのを今年は、楽屋の出入り口で左右に分けて番号がついていた。5列4番がmidoさん、6番がサットンさん、6列1番がベテランOさんである。左隣の人は大阪Bクラスで、5年目ということだった。

 発声練習のあと、休憩に入った。廊下で食事をとるWさんのグループやまさぽん、ぷちこさんのグループにお会いした。11時半からリハーサルがはじまり、第2部の第九から通していった。596のSeid umschlungen でバスの何人かが早くに飛びだしてダメだしがあった。こんなことは珍しいことである。

 第1部のリハーサルがあり、休憩に入っていよいよ3時から本番がはじまった。「The Japanese Soccer Anthem」が淀川工科高校吹奏楽部によって華やかに演奏された。平原綾香さんが登場して、「Jupiter」を歌う。目の前で間近に聞くドラムやベースの音が心地よかった。「威風堂々」のあと、第九の3楽章に詞をつけた「Love story」は静かなメロディが心に響く。平原綾香の詩はシンプルだが、素直に心にしみ入るようである。

 「Joyful Joyful」は一転してゴスペルになり、ラップも入る。合唱団も立ち上がって間の手を入れた。最高に盛り上がって第1部が終わった。

 第2部の第九はオーケストラの音が例年になく充実しているように思われた。佐渡裕さんの指揮にも熱がこもっているようでそれを見ていると素直に音楽にのめり込めた。思い切り合唱を歌った。「蛍の光」を歌って、暗闇の中でライトを振った。こうして私にとって5回目の1万人の第九が終わった。

 会場の外でドイツテレビのカメラマンからドイツで放送される1万人の第九のニュースのURLをもらった。3週間ほどはみられるとのことである。ZDF(←見るにはこれをクリック)画面の下のバーの右端のosaka:10000...をクリックすると一万人の第九のニュースがみられる。

 インタビューされているOファミリーは、私の以前からの知り合いで大阪Dクラスでお会いして驚いたことをブログの2回目に書いたことがある。

 打ち上げがIMP26階のビアホールであった。じゃんけん大会でのプレゼントがあり盛り上がった。私も最後に締めのあいさつをさせていただいた。二次会を近くの居酒屋でした。

d0097373_1125375.jpg
d0097373_113879.jpg
 
by nori-126 | 2010-12-09 02:14 | 1万人の第九 | Comments(4)
Commented by まさぽん at 2010-12-11 20:11 x
noriさん、今年も大変お世話になりました。
今年の本番は、PAC&京響という安心して聞けるオケのおかけで、歌う方に集中できました。
でも本番はなんだか例年以上に舞い上がって、「次のフレーズなんだっけ?」などと考えながら歌ってました。
これからのoff-seasonも、noriさんのいろいろなご趣味の記事を楽しみに読ませていただきます。
花見を楽しみに寒さを乗り切りましょうね。
Commented by nori-126 at 2010-12-11 20:59
まさぽん こちらこそお世話になりました。同じことを毎年繰り返しているようなのに新しい感動があり、新しい出会いがあるというのが続けて参加したいという気持ちにさせてくれるのでしょうね。またお会いする機会があるのを楽しみにしています。
Commented by 南八尾電車区 at 2010-12-12 00:21 x
 こんばんは、お久しぶりです。
 約1週間遅れとなってしまいましたが、28回目を迎えた「1万人の第九」への合唱出演、お疲れ様でした。

 私は同じくアリーナ席領域の11列目から合唱参加させてもらいました。
 今年も佐渡裕、一つ一つのパートを漏れなく歌い上げさせることで、彼の公約通りとでもいうか、何処か野性味を感じさせる「第九」を創り上げてくれていたように感じました。
 おかげで私も安心して合唱参加出来ました。

 あと第1部についても見事に私を戸惑わせてくれました───勿論良い意味で!
 本番前日・当日に於ける平原綾香本人の立ち振る舞い、会場内で配布されたライヴ収録音楽ソフト予約申込案内チラシに記載された収録内容〔今年の第1部演奏楽曲のうち著作権保護等を理由とする非収録曲(予定)が一つも無い〕などからも彼女の人柄というものが現れているような気がします。

 来年も、お互い、大阪城ホールにて高らかに歌い上げましょう!
Commented by nori-126 at 2010-12-13 21:32
南八尾電車区さん コメントありがとうございます。昨年の槇原敬之が盛り上がったので今年はハードル高いなあと思ったのですが、平原綾香が見事にクリアしましたね。また来年も参加したいものです。
<< 上村松園展 京都国立近代美術館 1万人の第九 リハーサル >>