感動を求めて、忙しすぎる「ひまつぶし」に追われている団塊世代の男の記録。
by nori-126
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
1万人の第九
第九(1万人の第九以外)
合唱
クラシック音楽
オペラ・バレエ
バイオリンレッスン
歌舞伎
文楽
古典芸能
ポピュラー音楽
美術展
陶芸
歴史散歩 大阪
歴史散歩 堺
歴史散歩 京都
歴史散歩 奈良
歴史散歩
街道を歩く
西国三十三所
山歩き
花 四季彩々
自然観察 花・鳥・昆虫
園芸
美味探訪
囲碁
読書
外国語
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...
フォロー中のブログ
SOLO*WALKER
暮らしの歳時記
続・季節とともに
エキサイトブログ以外のリンク
最新の記事
ラブリーホール合唱団 201..
at 2017-11-12 23:36
門真の第九 2018 第1回..
at 2017-11-12 23:22
国宝 第Ⅲ期 国立京都博物館
at 2017-11-09 01:36
LA FENICE  レクイ..
at 2017-11-07 01:17
関西二期会オペラ 魔弾の射手..
at 2017-10-29 21:35
1万人の第九 2017 森ノ..
at 2017-10-29 21:29
LA FENICE  レクイ..
at 2017-10-29 21:14
バイオリンレッスン  第96回
at 2017-10-24 17:40
ラブリホール合唱団 レクイエ..
at 2017-10-22 00:10
日本センチュリー響 第220..
at 2017-10-22 00:01
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nori-126 at 11:02
noriさん、こちらこそ..
by おっちゃん at 21:55
イソさん、コメントありが..
by nori-126 at 22:16
こんにちは 門真の第九..
by イソ at 19:43
midoさん、こちらこそ..
by nori-126 at 19:52
ライフログ
検索
タグ
(157)
(155)
(152)
(134)
(128)
(103)
(96)
(75)
(74)
(72)
(70)
(59)
(53)
(50)
(47)
(46)
(39)
(34)
(19)
(18)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ルーシー・リー展  大阪市東洋陶磁美術館

 1月19日(水)午後から大阪市立東洋陶磁美術館で開催中のルーシー・リー展に行った。陶芸の先生から作品を集めた本を見せていただいたことがある。

 ウィ-ンに生まれたルーシー・リー(1902-1995)は工業美術学校で陶芸を学び、国際的に認められるようになる。1938年に亡命して以後、ロンドンで制作を続けた。国内外のコレクション約200点が展示されている。

「ルーシー・リー展-ウィーン、ロンドン、都市に生きた陶芸家」
 平成22年12月11日(土)~平成23年2月13日(日)
 大阪市立東洋陶磁美術展


d0097373_004257.jpg 本体とは不釣り合いな高くて小さめの高台の作品が何点もあった。掻き落としの線に釉薬がかけられている。掻き落としの繊細な線の作品も多くあった。手で線を描いていると思われる。






d0097373_0405320.jpg 細い首と広がった口の花器が何点も展示されていた。一度に作るのではなく、別々に作成して組み合わせるらしい。その形はさまざまで、大きく広がった口が最初みるとアンバランスだが見なれると何とも言えない味がある。そして多く並んでいると壮観である。

 他には溶岩釉と呼ばれるごつごつとした釉薬や、ろくろで成型したあとにわざと口を楕円形にゆがめた大鉢などが印象に残った。


 美術館から栴檀の木橋を渡ったところに囲碁の関西棋院がある。表に結城聡九段が「天元」位を獲得した新聞記事が張ってあった。坂井九段も碁聖のタイトルを取って意気あがる関西棋院である。私は日本棋院の会員だが、15年前に一度だけ関西棋院の苑田勇一九段に熊本で指導碁を打ってもらったことがある。5子置いてジゴだった。
by nori-126 | 2011-01-20 03:20 | 美術展 | Comments(0)
<< 兵庫芸術文化センター管弦楽団特... コーヒーカップ その1 成型か... >>