感動を求めて、忙しすぎる「ひまつぶし」に追われている団塊世代の男の記録。
by nori-126
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
1万人の第九
第九(1万人の第九以外)
合唱
クラシック音楽
オペラ・バレエ
バイオリンレッスン
歌舞伎
文楽
古典芸能
ポピュラー音楽
美術展
陶芸
歴史散歩 大阪
歴史散歩 堺
歴史散歩 京都
歴史散歩 奈良
歴史散歩
街道を歩く
西国三十三所
山歩き
花 四季彩々
自然観察 花・鳥・昆虫
園芸
美味探訪
囲碁
読書
外国語
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...
フォロー中のブログ
SOLO*WALKER
暮らしの歳時記
続・季節とともに
エキサイトブログ以外のリンク
最新の記事
ラブリーホール合唱団 201..
at 2017-11-12 23:36
門真の第九 2018 第1回..
at 2017-11-12 23:22
国宝 第Ⅲ期 国立京都博物館
at 2017-11-09 01:36
LA FENICE  レクイ..
at 2017-11-07 01:17
関西二期会オペラ 魔弾の射手..
at 2017-10-29 21:35
1万人の第九 2017 森ノ..
at 2017-10-29 21:29
LA FENICE  レクイ..
at 2017-10-29 21:14
バイオリンレッスン  第96回
at 2017-10-24 17:40
ラブリホール合唱団 レクイエ..
at 2017-10-22 00:10
日本センチュリー響 第220..
at 2017-10-22 00:01
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nori-126 at 11:02
noriさん、こちらこそ..
by おっちゃん at 21:55
イソさん、コメントありが..
by nori-126 at 22:16
こんにちは 門真の第九..
by イソ at 19:43
midoさん、こちらこそ..
by nori-126 at 19:52
ライフログ
検索
タグ
(157)
(155)
(152)
(134)
(128)
(103)
(96)
(75)
(74)
(72)
(70)
(59)
(53)
(50)
(47)
(46)
(39)
(34)
(19)
(18)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


幕末・明治の超絶技巧  大阪歴史博物館

d0097373_2143199.jpg 5月25日(水)昼から大阪歴史博物館に行った。大阪城公園から特徴ある建物が見られるし、ロビーが共通のNHKホールには行ったことがあるが、訪れるのは初めてである。

 これまでにも興味ある特別展があったが、ぜひ見てみたいという企画ではなかったので行きそびれた。今回の「超絶技巧」も行くかどうか決めかねていたが、テレビ番組で正阿弥勝義の作品を紹介していたのでぜひ見てみたくなった。

幕末・明治の超絶技巧 
世界を驚嘆させた金属工芸ー清水三年坂美術館コレクションを中心に
平成23年4月13日(水)-5月29日(日)
大阪歴史博物館


 常設展も見ることにしたので、エレベーターでまず10階に上がった。広い窓から大阪城公園がパノラマのように一目で見渡せる。別の場所からは難波宮跡も一望できる。常設展は難波宮、江戸時代の商業、大正時代の大大阪など充実した展示があって、知らないことも多い。いつかゆっくり見てみたいものである。私の故郷の出石町で戦前に撮影されたコウノトリの映像が流されていた。

 6階まで下りて特別展会場に入った。幕末・明治に、それまで刀の金工にたずさわってきた金工家は、廃刀令で芸術の分野に進出をすることになる。代表的な作家として加納夏雄と海野勝珉、正阿弥勝義らの作品約170点が展示されている。そのほとんどは清水三年坂美術館所蔵である。

 刀の鍔に細かい金の模様を彫り込んだものは、その仕事の細かさに感心する。ポスターにもなっている正阿弥勝義の香炉は、鶏の盛り上がった羽根の模様が美しい。花弁の模様がどうしてこんなものが作れるのかと思うほど精密である。近眼なので少しガラスから離れて置いてある作品は見にくい。双眼鏡を持っている人がいたが、いいアイデアである。平日でも会期末のせいか観客が多く、近づいてみるので並ばないといけなかった。

 自在置物というのは、蛇腹のように重ねて自由に形を変えることができる。鷹や蛇などの形が変わる様子を映像でみることができる。こうした作品は海外の博覧会に出品されて外国でも賞賛されたという。

 正阿弥勝義の使ったたがねなどが展示されて、象嵌が作られる過程をみることができる。細かい仕事で長大な時間がかかると思われる。こういう作品は高価なので、誰かが注文して作るのだろうが、そういうお金持ちがいたということだろうか? 
by nori-126 | 2011-05-25 23:29 | 美術展 | Comments(2)
Commented by おっちゃん at 2011-05-28 11:39 x
noriさんの趣味の多才には敬服します。
おっちゃんは、ハイキングオンリーで・・・
ブログのアップでアップ、アップと・・
山歩きも、入梅で難しく・・・
来週は、福井の山に行くつもりですが・・
天気のいいことばかり祈っています。
noriさんは、いかがですか・・
Commented by nori-126 at 2011-05-28 20:08
 テレビ出演おめでとうございます。録画して一時停止をしながら、お顔を拝見しました。来年、葛城山でお見かけしたら間違いなくお声をかけられそうです。暑くなるとどうも山登りはおっくうになってしまいます。簡単な渓流歩きなどを考えていますが。夏に北アルプスか八ヶ岳の計画を立てています。
<< 団菊祭 夜の部 大阪松竹座  前半 大和葛城山 ツツジ  >>