感動を求めて、忙しすぎる「ひまつぶし」に追われている団塊世代の男の記録。
by nori-126
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
1万人の第九
第九(1万人の第九以外)
合唱
クラシック音楽
オペラ・バレエ
バイオリンレッスン
歌舞伎
文楽
古典芸能
ポピュラー音楽
美術展
陶芸
歴史散歩 大阪
歴史散歩 堺
歴史散歩 京都
歴史散歩 奈良
歴史散歩
街道を歩く
西国三十三所
山歩き
花 四季彩々
自然観察 花・鳥・昆虫
園芸
美味探訪
囲碁
読書
外国語
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...
フォロー中のブログ
SOLO*WALKER
暮らしの歳時記
続・季節とともに
エキサイトブログ以外のリンク
最新の記事
ラブリーホール合唱団 201..
at 2017-11-12 23:36
門真の第九 2018 第1回..
at 2017-11-12 23:22
国宝 第Ⅲ期 国立京都博物館
at 2017-11-09 01:36
LA FENICE  レクイ..
at 2017-11-07 01:17
関西二期会オペラ 魔弾の射手..
at 2017-10-29 21:35
1万人の第九 2017 森ノ..
at 2017-10-29 21:29
LA FENICE  レクイ..
at 2017-10-29 21:14
バイオリンレッスン  第96回
at 2017-10-24 17:40
ラブリホール合唱団 レクイエ..
at 2017-10-22 00:10
日本センチュリー響 第220..
at 2017-10-22 00:01
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nori-126 at 11:02
noriさん、こちらこそ..
by おっちゃん at 21:55
イソさん、コメントありが..
by nori-126 at 22:16
こんにちは 門真の第九..
by イソ at 19:43
midoさん、こちらこそ..
by nori-126 at 19:52
ライフログ
検索
タグ
(157)
(155)
(152)
(134)
(128)
(103)
(96)
(75)
(74)
(72)
(70)
(59)
(53)
(50)
(47)
(46)
(39)
(34)
(19)
(18)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


中島潔が描く「生命の無常と輝き」展 大阪高島屋

d0097373_12273698.jpg 2月10日(金)午後から、中島潔展を見に行った。平成22年4月に堺で中島潔展をみたが、当時、清水寺の襖絵が完成したという報道があり、それが今回展示されているというので、でかけた。

 平日の昼間なのに年配の方で一杯だった。郷愁を誘う絵に感嘆の声を上げる人もあった。

京都 清水寺 成就院奉納襖絵
風の画家 中島 潔が描く「生命の無常と輝き」展
期間:2月1日(水) → 14日(火)
場所:大阪高島屋7階グランドホール
 

 初めに、1980年代の絵が数点あり、子どもたちの姿を描いているが、背景がない。やがて、大きな木や草花を背景とした絵が描かれるようになり、背景をすべて花で満たした絵が描かれるようになった。前回の展覧会で注目した、小さい丸の周りが縁取られたような手法は、途中から考案されたようである。

 初期の絵では、子どもたちはやせて顔色も悪く、少し不気味な感じがする。着物を着ているその姿は、可愛いというより、可哀そうという印象である。その後、背景の絵が華やかになるるにつれて、子どもたちの顔はふっくらとして、頬に赤みがさし、無邪気で可愛い表情になる。NHKの受信料告知に使われている絵の描き方である。年代によって、描き方か少しずつ変遷していく様子がわかる。

 次の部屋の中央に2010年に完成した清水寺成就院の襖絵が並べられている。3面に12枚の襖を並べた仕切りが4つあり、46面の襖絵が豪華である。テーマは3つあり、「かぐや姫」という絵は、濃い色をこってりと塗って、金色の背景があり、源氏物語絵巻のようである。四季の子どもたちの姿を描いた「風の故郷」は24枚の襖絵で、中島さんの画風そのものである。

 最後の一面は、前にみたことのある金子みすずの詩を元にした、「大漁」を大きくしたもので、襖一枚だけに女性を描いて、他はぎっしりとイワシが並んでいる。小さい絵では、目も描かれていたのに、襖絵のイワシは目が白い(銀色?)丸になっていて、泳いでいるはずなのに死んでいるように見える。よくみると不気味である。

 襖絵の展示の周りには、新しい試みの作品があった。金子みすずの詩を元にした絵が数点並べられていた。これらの絵は、一つの花を大きく描いたものもあり、画風がそれまでとは異なっている。日本画の花鳥風月の絵に近い。源氏物語を主題にしたものは、襖絵「かぐや姫」の元になるともいえる作品群である。最後に、若い女性を描いた美人画のようなシリーズが数点展示されていた。

 あまり広くない会場に大きな襖絵を含めて、100点もの絵が展示されており、美術館での特別展に負けないくらい充実した内容だった。ひとりの画家の41年にも及ぶ画業の変遷を感じ取ることができたということで、期待した以上の満足感が得られた。

d0097373_12274653.jpg
d0097373_1228272.jpgd0097373_12281133.jpg 

  

 
by nori-126 | 2012-02-11 01:42 | 美術展 | Comments(0)
<< 金剛山 大阪狭山池 ‘12.02.08 >>