感動を求めて、忙しすぎる「ひまつぶし」に追われている団塊世代の男の記録。
by nori-126
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
1万人の第九
第九(1万人の第九以外)
合唱
クラシック音楽
オペラ
バイオリンレッスン
歌舞伎
文楽
古典芸能
ポピュラー音楽
美術展
陶芸
歴史散歩 大阪
歴史散歩 堺
歴史散歩 京都
歴史散歩 奈良
歴史散歩
街道を歩く
西国三十三所
山歩き
花 四季彩々
自然観察 花・鳥・昆虫
園芸
美味探訪
囲碁
読書
外国語
未分類
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...
フォロー中のブログ
SOLO*WALKER
暮らしの歳時記
続・季節とともに
エキサイトブログ以外のリンク
最新の記事
ラブリーホール合唱団 201..
at 2017-04-03 01:40
バイオリンレッスン  第87回
at 2017-03-29 16:41
小澤征爾オペラプロジェクト「..
at 2017-03-23 08:25
門真の第九 Y先生のお誕生会
at 2017-03-21 13:04
MET ライヴビューイング ..
at 2017-03-20 01:43
大阪フィル 第506回定演 ..
at 2017-03-19 16:39
1万人の第九 懇親会
at 2017-03-19 16:33
NDRエルプフィルハーモニー..
at 2017-03-16 12:36
台北國立故宮博物院 北宋汝窯..
at 2017-03-16 12:33
バイオリンレッスン 第86回
at 2017-03-16 11:12
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nori-126 at 11:02
noriさん、こちらこそ..
by おっちゃん at 21:55
イソさん、コメントありが..
by nori-126 at 22:16
こんにちは 門真の第九..
by イソ at 19:43
midoさん、こちらこそ..
by nori-126 at 19:52
ライフログ
検索
タグ
(154)
(151)
(133)
(129)
(117)
(94)
(93)
(72)
(69)
(64)
(53)
(51)
(50)
(45)
(44)
(38)
(38)
(34)
(19)
(18)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ベルリン交響楽団  ザ・シンフォニーホール

 7月8日(日)クラシックコンサートに行った。一度コンサートで聴いてみたいと思っていた「イタリア」が演奏されるのと、他の曲もよく知っている曲ということで、チケットを取った。席は2階LE列14番だった。

 ベルリン交響楽団
 2012.7.8(日) 2pm
 ザ・シンフォニーホール
 指揮 リオール・シャンバダール Vn イリヤ・カーラー
 メンデルスゾーン「交響曲第4番 イタリア」
 チャイコフスキー「ヴァイオリン協奏曲」
 ベートーヴェン「交響曲第6番 田園」

 メンデルスゾーンの「イタリア」は第一楽章の出だしが好きである。第2楽章、第3楽章はあまり特徴がないが、第4楽章で盛り上がる。

 チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲を聞くのは3回目で、神尾真由子、ヒラリーハーンのヴァイオリンで聴いたことがある。独奏のイリヤ・カーラーは、パガニーニ、シベリウス、チャイコフスキーの各コンクールに優勝したという名手だというが、名前を聞いたことがなかった。安定した演奏に満足したが、初めて聴いた時の感動というのは、二度と味わえないものなのだろう。

 アンコールにバッハの「ブーレ」と「ガボット」が演奏された。

 「田園」は42年前に初めて行ったクラシックコンサートで聞いた曲である。同じ時に聞いた「第7番」を4月のオリックス劇場で聞いたので、期せずして初コンサートの2曲を今年は42年ぶりに聞いたことになる。よく知っている曲でも、最近は改めてCDを聴くということがない。第1楽章の有名な旋律、第2楽章ののどかな旋律、第3楽章の踊り、第4楽章の嵐の荒々しい響きは聞き慣れているが、最後に第5楽章で壮大な音での盛り上がりに新たな発見をした。 

 アンコールにブラームスのハンガリ-舞曲第6番と5番、アルルの女より「ファランドール」、エルガーのエニグマ変奏曲より「ニムロード」が演奏された。めったに聞けない小品を聴けるのはいいが、アンコールが多すぎるのも考えものである。 
by nori-126 | 2012-07-09 23:54 | クラシック音楽 | Comments(0)
<< 夏の花壇 2012 自然観察 ミズクラゲ・ツマグロ... >>