感動を求めて、忙しすぎる「ひまつぶし」に追われている団塊世代の男の記録。
by nori-126
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
1万人の第九
第九(1万人の第九以外)
合唱
クラシック音楽
オペラ・バレエ
バイオリンレッスン
歌舞伎
文楽
古典芸能
ポピュラー音楽
美術展
陶芸
歴史散歩 大阪
歴史散歩 堺
歴史散歩 京都
歴史散歩 奈良
歴史散歩
街道を歩く
西国三十三所
山歩き
花 四季彩々
自然観察 花・鳥・昆虫
園芸
美味探訪
囲碁
読書
外国語
未分類
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...
フォロー中のブログ
SOLO*WALKER
暮らしの歳時記
続・季節とともに
エキサイトブログ以外のリンク
最新の記事
オペレッタ・オペレッタ・オペ..
at 2017-09-19 00:37
LA FENICE レクイエ..
at 2017-09-18 03:24
住之江の第九 第4回 住之江..
at 2017-09-15 11:44
大阪クラシック 第13公演 ..
at 2017-09-10 23:38
大阪クラシック 2017  ..
at 2017-09-10 23:33
1万人の第九 2017 森ノ..
at 2017-09-10 21:35
英国ロイヤルオペラシネマ「オ..
at 2017-09-10 18:39
ピアノデュオ名曲の調べ 兵庫..
at 2017-09-08 01:26
住之江第九 2017 第4回
at 2017-08-31 23:03
クレッシェンド 第11回 堀..
at 2017-08-28 12:50
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nori-126 at 11:02
noriさん、こちらこそ..
by おっちゃん at 21:55
イソさん、コメントありが..
by nori-126 at 22:16
こんにちは 門真の第九..
by イソ at 19:43
midoさん、こちらこそ..
by nori-126 at 19:52
ライフログ
検索
タグ
(155)
(155)
(148)
(134)
(123)
(101)
(96)
(74)
(70)
(70)
(67)
(58)
(53)
(50)
(47)
(46)
(38)
(34)
(19)
(18)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ルノワールとフランス絵画の傑作 兵庫県立美術館

 d0097373_1083478.jpg 7月10日(水)、昼から兵庫県立美術館に行った。印象派のコレクションで知られる米国マサチューセッツ州のクラーク美術館が、改修を機会に、世界巡回展を行っている。ルノワールが22点展示されるの他、19世紀フランス絵画73点が紹介されている。

 改修の担当をしている安藤忠雄さんが設計した兵庫県立美術館で開催されるのは、偶然ではないのだろう。安藤忠雄さんの記念講演会が6日に開催された。

 平日の午後で人が多くなくて、ゆっくりとみられた。中年の女性ふたりが、絵の前でずっと話をしていたのが気になった。雑談風な内容もあり、美術館は注意するべきではないだろうか?

 奇跡のクラーク・コレクション
 ルノワールとフランス絵画の傑作
 2013.6.8-9.1
 兵庫県立美術館


 73点が画家別に分類されずに並べられているのは珍しい。コローの絵が5点、「ボッロメーオ諸島の浴女たち」は中央に大きな木があって面白い構図である。ミレーが2点、風景ではなく、人々の暮らしを描いたものである。

 モネが6点あった。「エトルタの断崖」が光りの当たり具合が面白く、モネらしい作品である。シスレーが4点あった。ピサロが6点あって、作風の違いがみられた。点描と晩年の都市の風景は、以前に「ピサロ展」で勉強したことがある。

 メアリー・カサット、マネ、ラトゥ-ル、ロートレックなど聞いたことのある画家の作品が1-2点ずつあった。ドガが4点、「稽古場の踊り子たち」がドガの代表的な絵である。ジャン・レオン・ジェロームという名は聞いたことがないが、「奴隷市場」「蛇使い」はオリエント趣味の鮮やかな絵で印象的だった。

 ルノワールが22点展示されており、「劇場の桟敷席」の二人の女性、「うちわを持つ少女」「鳥と少女」がいかにもルノワールという柔らかさを表現している。見るたびに全体の雰囲気がいいなと思えるようになってくる。これだけの作品を一度にみられる機会はめったにない。

 表題に印象派とついてないので、あまり人気がないのかもしれないが、見に行ってよかったと思えた美術展だった。
by nori-126 | 2013-07-14 01:12 | 美術展 | Comments(0)
<< フェルメール光の王国展 阪急う... バイオリンレッスン 第6回 ’... >>