感動を求めて、忙しすぎる「ひまつぶし」に追われている団塊世代の男の記録。
by nori-126
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
1万人の第九
第九(1万人の第九以外)
合唱
クラシック音楽
オペラ・バレエ
バイオリンレッスン
歌舞伎
文楽
古典芸能
ポピュラー音楽
美術展
陶芸
歴史散歩 大阪
歴史散歩 堺
歴史散歩 京都
歴史散歩 奈良
歴史散歩
街道を歩く
西国三十三所
山歩き
花 四季彩々
自然観察 花・鳥・昆虫
園芸
美味探訪
囲碁
読書
外国語
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...
フォロー中のブログ
SOLO*WALKER
暮らしの歳時記
続・季節とともに
エキサイトブログ以外のリンク
最新の記事
ラブリーホール合唱団 201..
at 2017-11-12 23:36
門真の第九 2018 第1回..
at 2017-11-12 23:22
国宝 第Ⅲ期 国立京都博物館
at 2017-11-09 01:36
LA FENICE  レクイ..
at 2017-11-07 01:17
関西二期会オペラ 魔弾の射手..
at 2017-10-29 21:35
1万人の第九 2017 森ノ..
at 2017-10-29 21:29
LA FENICE  レクイ..
at 2017-10-29 21:14
バイオリンレッスン  第96回
at 2017-10-24 17:40
ラブリホール合唱団 レクイエ..
at 2017-10-22 00:10
日本センチュリー響 第220..
at 2017-10-22 00:01
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nori-126 at 11:02
noriさん、こちらこそ..
by おっちゃん at 21:55
イソさん、コメントありが..
by nori-126 at 22:16
こんにちは 門真の第九..
by イソ at 19:43
midoさん、こちらこそ..
by nori-126 at 19:52
ライフログ
検索
タグ
(157)
(155)
(152)
(134)
(128)
(103)
(96)
(75)
(74)
(72)
(70)
(59)
(53)
(50)
(47)
(46)
(39)
(34)
(19)
(18)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


橋本関雪展 兵庫県立美術館

d0097373_15295754.jpg 10月2日(水)昼から橋本関雪展に行った。阪神の岩屋駅から兵庫県立美術館まで歩いた。1か月少しの会期だが、平日のせいもあるのか人は多くなかった。兵庫県立美術館は兵庫ゆかりの画家を取り上げることがあり、見る人が多くなくても企画は評価されるに値する。

 生誕130年 橋本関雪展
 豪腕画人 関雪登場 
 2013年9月14日(土)-10月20日(日)
 兵庫県立美術館

 橋本関雪は神戸市中央区に明治16年に生まれた。竹内栖鳳に入門して、文展で活躍した。やがて新南画とよばれる領域を開いた。昭和20年に61歳で亡くなった。

 第1章 誕生から文展入選まで
 第2章 文展での活躍
 第3章 南画と関雪
 第4章 動物画の世界
      「唐犬図」は前に見たことがある。
 第5章 戦争そして晩年

 画家の歴史をたどる美術展で、画風が変わっていくのを見ることができる。大きな屏風絵が多く展示されていて迫力がある。ただ、華やかではあるが、まとまり過ぎているような印象を受ける。日本画における関雪の評価はどうなのだろうか?「玄猿」という猿を描いた絵はいかにも日本画という繊細な絵である。
by nori-126 | 2013-10-06 15:18 | 美術展 | Comments(0)
<< バイオリンレッスン 第12回 ... 河内木綿の綿の実 >>