感動を求めて、忙しすぎる「ひまつぶし」に追われている団塊世代の男の記録。
by nori-126
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
1万人の第九
第九(1万人の第九以外)
合唱
クラシック音楽
オペラ
バイオリンレッスン
歌舞伎
文楽
古典芸能
ポピュラー音楽
美術展
陶芸
歴史散歩 大阪
歴史散歩 堺
歴史散歩 京都
歴史散歩 奈良
歴史散歩
街道を歩く
西国三十三所
山歩き
花 四季彩々
自然観察 花・鳥・昆虫
園芸
美味探訪
囲碁
読書
外国語
未分類
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...
フォロー中のブログ
SOLO*WALKER
暮らしの歳時記
続・季節とともに
エキサイトブログ以外のリンク
最新の記事
ラブリーホール合唱団 201..
at 2017-04-03 01:40
バイオリンレッスン  第87回
at 2017-03-29 16:41
小澤征爾オペラプロジェクト「..
at 2017-03-23 08:25
門真の第九 Y先生のお誕生会
at 2017-03-21 13:04
MET ライヴビューイング ..
at 2017-03-20 01:43
大阪フィル 第506回定演 ..
at 2017-03-19 16:39
1万人の第九 懇親会
at 2017-03-19 16:33
NDRエルプフィルハーモニー..
at 2017-03-16 12:36
台北國立故宮博物院 北宋汝窯..
at 2017-03-16 12:33
バイオリンレッスン 第86回
at 2017-03-16 11:12
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nori-126 at 11:02
noriさん、こちらこそ..
by おっちゃん at 21:55
イソさん、コメントありが..
by nori-126 at 22:16
こんにちは 門真の第九..
by イソ at 19:43
midoさん、こちらこそ..
by nori-126 at 19:52
ライフログ
検索
タグ
(154)
(151)
(133)
(129)
(117)
(94)
(93)
(72)
(69)
(64)
(53)
(51)
(50)
(45)
(44)
(38)
(38)
(34)
(19)
(18)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


プーシキン美術館展 神戸市立博物館

d0097373_8221539.jpg 10月9日(水)昼からプーシキン美術館展に行った。JR三ノ宮駅からサンチカタウンを歩いた。神戸に住んでいたのは40年くらい前になるが、当時と雰囲気があまり変わっていない。見る人は多くなくてゆっくりと見ることができた。

 プーシキン美術館展 フランス絵画300年
 2013.9.28-12.8
 神戸市立博物館

 大きな美術館からの出品ではよくある、絵画の歴史を網羅するという形で、17世紀から20世紀のフランスの絵画が並べられている。印象派が目玉になっていて、有名な画家の絵をみることができるが、何となく物足りない感じもする。

 フランソワ・ブーシェ「ユピテルとカリスト」1744年は、明るく浮き上がる精密な人物像が、陶器の艶のように見えて幻想的である。
 アングル「聖杯の前の聖母」1841年は新古典派の画家らしく、ラファエロの聖母を思い起こさせる。
 ルノワール「ジャンヌ・サマリーの肖像」1877年は目玉作品ということだが、あまり大きな絵ではない。顔の描き方があまり緻密でなく、ほんわかとしたものを感じなかったが、背景がピンクなので可愛い感じがする。
 
 絵画史を俯瞰する美術展は、どうしてもまとまりがない。目玉となる作品の印象が、全体の印象を決めてしまうことになる。いくつかの感動を与えてくれる絵がみられた。

 解説として、フランス絵画の300年の年表やプーシキン美術館の歴史、収集家の説明が展示されていたが、収集家に興味を持つ人はそういないと思うが。

d0097373_843067.jpg

 
by nori-126 | 2013-10-11 19:18 | 美術展 | Comments(0)
<< 竹内街道 第4回 上ノ太子駅~... バイオリンレッスン 第12回 ... >>