感動を求めて、忙しすぎる「ひまつぶし」に追われている団塊世代の男の記録。
by nori-126
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
1万人の第九
第九(1万人の第九以外)
合唱
クラシック音楽
オペラ・バレエ
バイオリンレッスン
歌舞伎
文楽
古典芸能
ポピュラー音楽
美術展
陶芸
歴史散歩 大阪
歴史散歩 堺
歴史散歩 京都
歴史散歩 奈良
歴史散歩
街道を歩く
西国三十三所
山歩き
花 四季彩々
自然観察 花・鳥・昆虫
園芸
美味探訪
囲碁
読書
外国語
未分類
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...
フォロー中のブログ
SOLO*WALKER
暮らしの歳時記
続・季節とともに
エキサイトブログ以外のリンク
最新の記事
オペレッタ・オペレッタ・オペ..
at 2017-09-19 00:37
LA FENICE レクイエ..
at 2017-09-18 03:24
住之江の第九 第4回 住之江..
at 2017-09-15 11:44
大阪クラシック 第13公演 ..
at 2017-09-10 23:38
大阪クラシック 2017  ..
at 2017-09-10 23:33
1万人の第九 2017 森ノ..
at 2017-09-10 21:35
英国ロイヤルオペラシネマ「オ..
at 2017-09-10 18:39
ピアノデュオ名曲の調べ 兵庫..
at 2017-09-08 01:26
住之江第九 2017 第4回
at 2017-08-31 23:03
クレッシェンド 第11回 堀..
at 2017-08-28 12:50
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nori-126 at 11:02
noriさん、こちらこそ..
by おっちゃん at 21:55
イソさん、コメントありが..
by nori-126 at 22:16
こんにちは 門真の第九..
by イソ at 19:43
midoさん、こちらこそ..
by nori-126 at 19:52
ライフログ
検索
タグ
(155)
(155)
(148)
(134)
(123)
(101)
(96)
(74)
(70)
(70)
(67)
(58)
(53)
(50)
(47)
(46)
(38)
(34)
(19)
(18)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


国宝「卯花墻」と桃山の名陶 三井記念美術館 東京

d0097373_20351295.jpg 10月20日(日)、歌舞伎座昼の部が終わった後に三井記念美術館に行った。日本橋から三越百貨店を越えたところにある。前に奈良の仏像展を見に行ったことがある。

 桃山時代後期に岐阜県の美濃地方で焼かれたのが志野、黄瀬戸、瀬戸黒、織部で、装飾的なやきものである。作られた期間はわずか20-30年の間と考えられている。

 特別展「卯花墻」と桃山の名陶
 -志野・黄瀬戸・瀬戸黒・織部ー
 
 2013年9月10日―11月24日
 三井記念美術館 東京日本橋

 展示室1
 志野、黄瀬戸、織部の名品が一つずつケースに入れられており、ぐるりと周りから見ることができる。

 展示室2
 国宝の志野茶碗「卯花墻」が展示されている。鉄釉で直線の模様が描かれた上に釉薬がかけられている。小さい穴がたくさんある乳白色が美しい。口には赤い発色がある。和製の茶碗で国宝に指定されているのは、他には、本阿弥光悦の白樂茶碗 銘『不二山』しかない。国宝の天目茶碗などは中国製であることを改めて気づかされた。

 展示室3
 茶室如庵が再現されている。織田信長の弟・織田有楽斎によって作られた茶室で、現在は名鉄犬山ホテル内に移築されて国宝に指定されている。堺の南宗寺には千利休の茶室があるが、比べてみると洗練されていて整った印象を受ける。

 展示室4 志野茶碗
 白土に長石釉が掛けられたもので、釉薬の下の文様や赤みが様々な濃度で見られる。鼠志野は掻き落としで文様をあらわすものである。直方体の茶碗はろくろで作ったあと型にはめて造るということで、同じものを何客も作る場合には、型をつかっている。

 展示室5 黄瀬戸・瀬戸黒
 黄瀬戸は明るい黄釉がかかっており、作りが薄手でかっちりしている。彫った文様にわずかに緑の釉を乗せている。瀬戸黒は真黒な瀬戸茶碗である。

 展示室6
 美濃の古い窯から出土した陶片を展示している。
 
 展示室7 織部
 特徴のある緑と白などの組み合わせに、幾何学的な文様が描かれている。文様の多様性が楽しめる。織部は落ち着いた感じがして好きなやきものである。

 陶芸を5年間習っていて、織部の緑の釉薬を使ってみたことがある。しかし、織部の文様までは、真似ができなかった。志野の白い釉薬に近いものも使ったが、細かいくぼみは高熱の釜でないとできないものだろう。

 駅への地下道を歩いていると、三越百貨店のところに、「百街道」の展示があった。全国街道交流会の主催だが、竹内街道であった百街道一歩さんは、交流会の理事をしておられる。お会いしていなければ通り過ぎただろうが、展示が身近に感じられた。
by nori-126 | 2013-10-21 18:36 | 美術展 | Comments(0)
<< シネマ歌舞伎 野田版「鼠小僧」 芸術祭十月歌舞伎 昼の部 歌舞伎座 >>