感動を求めて、忙しすぎる「ひまつぶし」に追われている団塊世代の男の記録。
by nori-126
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
1万人の第九
第九(1万人の第九以外)
合唱
クラシック音楽
オペラ
バイオリンレッスン
歌舞伎
文楽
古典芸能
ポピュラー音楽
美術展
陶芸
歴史散歩 大阪
歴史散歩 堺
歴史散歩 京都
歴史散歩 奈良
歴史散歩
街道を歩く
西国三十三所
山歩き
花 四季彩々
自然観察 花・鳥・昆虫
園芸
美味探訪
囲碁
読書
外国語
未分類
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...
フォロー中のブログ
SOLO*WALKER
暮らしの歳時記
続・季節とともに
エキサイトブログ以外のリンク
最新の記事
ラブリーホール合唱団 201..
at 2017-04-03 01:40
バイオリンレッスン  第87回
at 2017-03-29 16:41
小澤征爾オペラプロジェクト「..
at 2017-03-23 08:25
門真の第九 Y先生のお誕生会
at 2017-03-21 13:04
MET ライヴビューイング ..
at 2017-03-20 01:43
大阪フィル 第506回定演 ..
at 2017-03-19 16:39
1万人の第九 懇親会
at 2017-03-19 16:33
NDRエルプフィルハーモニー..
at 2017-03-16 12:36
台北國立故宮博物院 北宋汝窯..
at 2017-03-16 12:33
バイオリンレッスン 第86回
at 2017-03-16 11:12
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nori-126 at 11:02
noriさん、こちらこそ..
by おっちゃん at 21:55
イソさん、コメントありが..
by nori-126 at 22:16
こんにちは 門真の第九..
by イソ at 19:43
midoさん、こちらこそ..
by nori-126 at 19:52
ライフログ
検索
タグ
(154)
(151)
(133)
(129)
(117)
(94)
(93)
(72)
(69)
(64)
(53)
(51)
(50)
(45)
(44)
(38)
(38)
(34)
(19)
(18)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ウイーン・フィルハーモニー管弦楽団 フェスティバルホール

 11月6日(水)、ウイーン・フィルハーモニー管弦楽団のコンサートに行った。世界の超一流のオーケストラを聴く機会はそう多くない。チケットは高いが時間の都合がついたので、思い切って聴きに行った。

 35年程前、まだクラシック音楽の初心者だった頃に、世界的なオーケストラを聴く機会があった。ゲオルク・ショルティ指揮シカゴ交響楽団、小沢征爾指揮ボストン交響楽団、ユージン・オーマンデイ指揮フィラフィルディア交響楽団を聴いたが、当時は、一流のオーケストラの良さを理解するだけの知識がなかった。

 公演の始まる前に、ロビーで小学校から高校まで同級生だったK君をみかけて話をした。彼は故郷である兵庫県豊岡市出石町で、建築会社を経営していて、最近では、リフォームのテレビ番組の家の施工をしていることを教えてくれたことがあった。彼の会社が復元にかかわった芝居小屋の永楽館は、歌舞伎公演中だが、片岡愛之助の人気で、チケットが取れないほどだという。

 第51回大阪国際フェスティバル2013
 ウイーン・フィルハーモニー ウイ-ク イン ジャパン 2013
 2013・11・6
 クリスティアン・ティーレマン指揮
 ウイーン・フィルハーモニー管弦楽団 
 フェスティバルホール

 ベートーベン 交響曲第4番
          交響曲第5番「運命」
          (アンコール)エグモント序曲

 来日公演でベートーベンの交響曲全曲を演奏する一部として4番と5番が演奏された。4番は、3番や5番に比べるとおとなしい感じで、弦楽器の響きが素晴らしいウイーン・フィルハーモニー管弦楽団にふさわしい曲かも知れない。

 管楽器が2管編成なのに、弦楽器は50人くらいいる。第一バイオリンが左、第二バイオリンが右に並び、第一バイオリンの後ろにチェロ、左端にコントラバスが並び、ビオラが第二バイオリンの後ろに並ぶ形である。全体で弦が響く時の感じが何ともいえない。今までに聞いたことのない音が会場に満ちた感じである。小さい音で静かに演奏される音も安定している。第5番では管楽器が少し増えたが、弦も増えて60人近かった。チェロが10人、コントラバスが8人である。

 管楽器の音は決して高らかに響くということがない。柔らかくまとまっていて、あくまで弦楽器の邪魔はしないという感じだった。全楽器の音がひとつに響いているような演奏は、究極の調和の世界に入り込んだようであった。とても言葉で表現できるものではなないが。

 ふと、ベートーベンは自分の作曲した曲がこんな風に演奏されるとは思っていなかったのではないかという想いにかられた。演奏によって、同じ曲が全く異なるように聴こえるというのは、曲を聴き慣れると感じることができるようになる。まだ本当に一流を理解できるだけの力はないと思うが。
d0097373_205467.jpg

by nori-126 | 2013-11-11 02:00 | クラシック音楽 | Comments(0)
<< 吉例顔見世大歌舞伎 歌舞伎座 夜の部 高野山 金剛峯寺・根本大塔・金堂 >>