感動を求めて、忙しすぎる「ひまつぶし」に追われている団塊世代の男の記録。
by nori-126
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
全体
1万人の第九
第九(1万人の第九以外)
合唱
クラシック音楽
オペラ・バレエ
バイオリンレッスン
歌舞伎
文楽
古典芸能
ポピュラー音楽
美術展
陶芸
歴史散歩 大阪
歴史散歩 堺
歴史散歩 京都
歴史散歩 奈良
歴史散歩
街道を歩く
西国三十三所
山歩き
花 四季彩々
自然観察 花・鳥・昆虫
園芸
美味探訪
囲碁
読書
外国語
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...
フォロー中のブログ
SOLO*WALKER
暮らしの歳時記
続・季節とともに
エキサイトブログ以外のリンク
最新の記事
東大阪第九 2017 第2回
at 2017-12-10 01:13
大阪狭山池 イカルチドリ
at 2017-12-08 01:37
英国ロイヤルオペラシネマ 2..
at 2017-12-07 01:17
LA FENICE  レクイ..
at 2017-12-06 18:36
1万人の第九 打ち上げ ホテ..
at 2017-12-06 16:07
1万人の第九 本番 大阪城ホール
at 2017-12-05 12:43
ラブリーホール合唱団 201..
at 2017-12-02 23:48
1万人の第九 リハーサル 大..
at 2017-12-02 23:41
久米田池 ソリハシシギ
at 2017-11-30 23:27
大阪教育大学 第61回定期演..
at 2017-11-30 23:10
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nori-126 at 11:02
noriさん、こちらこそ..
by おっちゃん at 21:55
イソさん、コメントありが..
by nori-126 at 22:16
こんにちは 門真の第九..
by イソ at 19:43
midoさん、こちらこそ..
by nori-126 at 19:52
ライフログ
検索
タグ
(163)
(155)
(154)
(136)
(129)
(104)
(96)
(78)
(76)
(74)
(70)
(59)
(53)
(50)
(48)
(46)
(39)
(34)
(19)
(18)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


サンクトペテルブルグ・フィルハーモニー交響楽団 

 1月25日(土)、ザ・シンフォニーホールでのコンサートに行った。最近はフェスティバルホールでのコンサートが多く、ザ・シンフォニーホールは昨年6月以来だが、久しぶりに来たという感じがした。席は1階O列6番だった。

サンクトペテルブルグ・フィルハーモニー交響楽団
2014.1.25(土) 
ザ・シンフォニーホール
指揮 ユーリー・テミルカーノフ
チャイコフスキー ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 vn 庄司紗矢香
            交響曲 第4番 ヘ短調

 オーケストラの編成が弦楽器が60人弱と多い。第1バイオリンと第2バイオリンが左右に並び、ビオラは第2バイオリンの後で、チェロが第1バイオリンの後、コントラバスが左端という具合である。ウイーンフィルも同じような配置だった。第2バイオリンから第1バイオリンの中央までの後に細長く管楽器が並ぶ。

 バイオリン協奏曲が鳴り出した途端に、弦楽器の音が荒々しいのが気になった。協奏曲なのに、独奏のバイオリンを引き立てようという感じがなくて、大勢の力で圧倒しているようである。庄司紗矢香の演奏を聞くのは二度目だが、安定していて余裕がある。

 第1楽章が終わったところで拍手があった。終わってないとわかっていても拍手をしたくなるということなのだろう。演奏者には戸惑いがあるだろうが。アンコールにクライスラー作曲の「レスタティーヴォとスケルツォ・カプリース」が演奏された。ヴァイオリン独奏だが、弦を2本同時に弾くことで、複雑な音がでていた。テクニックを見せるには最適の曲なのであろう。

 交響曲第4番をコンサートで聴くのは初めてだった。CDで聴くとおとなしい感じのする曲であるが、弦楽器や管楽器が大きく響いて、迫力満点だった。アンコールは弦楽器だけによるエルガーの「愛のあいさつ」だった。
 
by nori-126 | 2014-01-27 01:52 | クラシック音楽 | Comments(0)
<< 大阪狭山池 ’14.1.27 文楽 第2部 国立文楽劇場 >>