感動を求めて、忙しすぎる「ひまつぶし」に追われている団塊世代の男の記録。
by nori-126
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
1万人の第九
第九(1万人の第九以外)
合唱
クラシック音楽
オペラ・バレエ
バイオリンレッスン
歌舞伎
文楽
古典芸能
ポピュラー音楽
美術展
陶芸
歴史散歩 大阪
歴史散歩 堺
歴史散歩 京都
歴史散歩 奈良
歴史散歩
街道を歩く
西国三十三所
山歩き
花 四季彩々
自然観察 花・鳥・昆虫
園芸
美味探訪
囲碁
読書
外国語
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...
フォロー中のブログ
SOLO*WALKER
暮らしの歳時記
続・季節とともに
エキサイトブログ以外のリンク
最新の記事
ラブリーホール合唱団 201..
at 2017-11-12 23:36
門真の第九 2018 第1回..
at 2017-11-12 23:22
国宝 第Ⅲ期 国立京都博物館
at 2017-11-09 01:36
LA FENICE  レクイ..
at 2017-11-07 01:17
関西二期会オペラ 魔弾の射手..
at 2017-10-29 21:35
1万人の第九 2017 森ノ..
at 2017-10-29 21:29
LA FENICE  レクイ..
at 2017-10-29 21:14
バイオリンレッスン  第96回
at 2017-10-24 17:40
ラブリホール合唱団 レクイエ..
at 2017-10-22 00:10
日本センチュリー響 第220..
at 2017-10-22 00:01
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nori-126 at 11:02
noriさん、こちらこそ..
by おっちゃん at 21:55
イソさん、コメントありが..
by nori-126 at 22:16
こんにちは 門真の第九..
by イソ at 19:43
midoさん、こちらこそ..
by nori-126 at 19:52
ライフログ
検索
タグ
(157)
(155)
(152)
(134)
(128)
(103)
(96)
(75)
(74)
(72)
(70)
(59)
(53)
(50)
(47)
(46)
(39)
(34)
(19)
(18)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ターナー展 神戸市立博物館

d0097373_385436.jpg 3月12日(水)ターナー展を見に行った。ターナーの絵を多く所蔵するロンドンのテート美術館所の作品を展示していて、油彩画が約30点、水彩画やスケッチなどの小さい絵が110点ほどあった。





 ターナー展 英国最高の風景画家
 2014年1月11日~4月6日
 神戸市立博物館

 年代別に解説付きで展示されており、画風の変遷をみることができる。初期の水彩での風景画、歴史的な人物画を描きながら背景の風景画が雄大な絵、風景画家として活躍しながら、少しずつ画風が変わっていくのがわかる。

 印象に残った作品は、ポスターにも使われている「チャイルド・ハロルドの巡礼-イタリア」背景が古代ローマの廃墟のようであるが、緑の葉の濃い木が一本だけ描かれているのが目立つ。

 「スピットヘッド:ポーツマス港に入る拿捕された二隻のデンマーク船」はどす黒い波のうねりや帆船が描かれている。「ヴァティカンから望むローマ、ラ・フォルナリーナを伴って回廊装飾のための絵を準備するラファエロ」はサンピエトロ寺院の上から広場を見下ろす景色である。

 50歳を越えてからは、光と大気を描き、もやの中に溶け込むようないわゆるターナーらしい絵を描くことになる。「レグルス」は中央に明るい太陽の光が大きく描かれている。晩年の絵では、光を受けた景色が、何となく境界がはっきりしないような描き方である。しかし、最晩年の絵では、未完成なのか完成されたものなのかがわからないという解説が、ターナーの画風を表していて面白い。

 終わってから南京町まで歩いて、小籠包とちまきを買って食べた。
 
d0097373_303255.jpg

d0097373_304095.jpg

by nori-126 | 2014-03-14 01:44 | 美術展 | Comments(0)
<< 鳳凰祭三月大歌舞伎 夜の部 歌舞伎座 大阪城梅園 >>