感動を求めて、忙しすぎる「ひまつぶし」に追われている団塊世代の男の記録。
by nori-126
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
1万人の第九
第九(1万人の第九以外)
合唱
クラシック音楽
オペラ
バイオリンレッスン
歌舞伎
文楽
古典芸能
ポピュラー音楽
美術展
陶芸
歴史散歩 大阪
歴史散歩 堺
歴史散歩 京都
歴史散歩 奈良
歴史散歩
街道を歩く
西国三十三所
山歩き
花 四季彩々
自然観察 花・鳥・昆虫
園芸
美味探訪
囲碁
読書
外国語
未分類
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...
フォロー中のブログ
SOLO*WALKER
暮らしの歳時記
続・季節とともに
エキサイトブログ以外のリンク
最新の記事
ラブリーホール合唱団 201..
at 2017-04-03 01:40
バイオリンレッスン  第87回
at 2017-03-29 16:41
小澤征爾オペラプロジェクト「..
at 2017-03-23 08:25
門真の第九 Y先生のお誕生会
at 2017-03-21 13:04
MET ライヴビューイング ..
at 2017-03-20 01:43
大阪フィル 第506回定演 ..
at 2017-03-19 16:39
1万人の第九 懇親会
at 2017-03-19 16:33
NDRエルプフィルハーモニー..
at 2017-03-16 12:36
台北國立故宮博物院 北宋汝窯..
at 2017-03-16 12:33
バイオリンレッスン 第86回
at 2017-03-16 11:12
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nori-126 at 11:02
noriさん、こちらこそ..
by おっちゃん at 21:55
イソさん、コメントありが..
by nori-126 at 22:16
こんにちは 門真の第九..
by イソ at 19:43
midoさん、こちらこそ..
by nori-126 at 19:52
ライフログ
検索
タグ
(154)
(151)
(133)
(129)
(117)
(94)
(93)
(72)
(69)
(64)
(53)
(51)
(50)
(45)
(44)
(38)
(38)
(34)
(19)
(18)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


バイオリンレッスン 第37回 付点音符とスタカート

 10月28日(火)、バイオリンのレッスンに行った。前回の課題の内、△だった二長調音階のスラーのところを弾いてみて、OKとなった。前回の課題である道化師は、細かい音の動きがうまくいかず、引き続き練習をするようにといわれた。

 クレッシェンドとディミヌエンドの練習の内、短く繰り返すものは〇がついた。弓の使い方にまだ自分でも納得がいかないところがあるが。もうひとつの12の音符で徐々にクレッシェンドとディミヌエンドを弾くのは、×だった。弓の弾く範囲、強さなどで微妙な感覚が要求される。

 この後に第九シンフォニーよりがあるが、これは前に発表会で演奏したので飛ばした。こんなに難しい曲を半年も前に弾くことに決めたのは、少し無理があったということだろう。

 家路は、付点八分音符と十六分音符の組み合わせで、リズムがうまくいかなかった。「いちとお」のおで十六分音符を弾くようにといわれる。感覚だけでいくと、途中で狂ったりするので、いつも数えるようにしないといけない。これも引き続き練習をすることになった。

 今回、新たに元気に進めだけが課題となった。スタカートと付点音符の組み合わせで、付点八分音符にスタカートのついた十六音符がスラーでつながっている。その弾き方を教えてもらった。一度弓を止めて、そのままスタッカートで短く弾く。スタカートで弓が弦から離れないようにと言われた。
by nori-126 | 2014-10-29 00:21 | バイオリンレッスン | Comments(0)
<< ズービン・メータ指揮イスラエル... 日本センチュリー交響楽団 四季... >>