感動を求めて、忙しすぎる「ひまつぶし」に追われている団塊世代の男の記録。
by nori-126
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
カテゴリ
全体
1万人の第九
第九(1万人の第九以外)
合唱
クラシック音楽
オペラ・バレエ
バイオリンレッスン
歌舞伎
文楽
古典芸能
ポピュラー音楽
美術展
陶芸
歴史散歩 大阪
歴史散歩 堺
歴史散歩 京都
歴史散歩 奈良
歴史散歩
街道を歩く
西国三十三所
山歩き
花 四季彩々
自然観察 花・鳥・昆虫
園芸
美味探訪
囲碁
読書
外国語
未分類
以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
more...
フォロー中のブログ
SOLO*WALKER
暮らしの歳時記
続・季節とともに
エキサイトブログ以外のリンク
最新の記事
ラブリーホール合唱団 201..
at 2018-02-18 10:09
門真の第九 2018 第8回..
at 2018-02-18 09:54
LA FENICE  レクイ..
at 2018-02-13 02:12
門真の第九 2018 第7回
at 2018-02-13 01:58
ラブリホール合唱団 2018..
at 2018-02-13 01:50
門真の第九 2018 第6回
at 2018-02-11 11:11
レストラン「カクチーナ イン..
at 2018-02-05 13:35
第17回芦屋市民オペラ 「こ..
at 2018-02-04 16:29
LA FENICE レクイエ..
at 2018-02-04 10:00
竹本住太夫 文楽の心を語る
at 2018-01-31 20:53
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nori-126 at 11:02
noriさん、こちらこそ..
by おっちゃん at 21:55
イソさん、コメントありが..
by nori-126 at 22:16
こんにちは 門真の第九..
by イソ at 19:43
midoさん、こちらこそ..
by nori-126 at 19:52
ライフログ
検索
タグ
(163)
(159)
(157)
(136)
(130)
(105)
(96)
(91)
(85)
(78)
(70)
(60)
(54)
(50)
(50)
(46)
(39)
(34)
(20)
(18)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


METライブビューイング 2014-15 「カルメン」

 12月17日(水)、METライブビューイング「カルメン」を見た。なんばパークスシネマの9番シアターのF8というほぼ真ん中の席を取った。

 METライブビューイング 2014-15
 第3作 ビゼー「カルメン」(フランス語)                          
 指揮:パブロ・エラス=カサド 演出:リチャード・エア
 出演:アニータ・ラチヴェリシュヴィリ(カルメン)
     アレクサンドルス・アントネンコ(ドン・ホセ)
     イルダール・アブドラザコフ(エスカミーリョ)
     アニータ・ハーティッグ(ミカエラ)
 MET上演日:2014年11月1日 上映時間:3時間22分(休憩1回)

 軽快な序曲が始まると、ペアのバレーダンサーが踊る。幕が開くと、大きな塀に囲まれた砦に兵隊達が衛兵として詰めている。ドン・ホセ伍長の恋人ミカエラが訪ねてくる。回り舞台で、ぐるりと舞台が回ると、広場になり、兵士、市民、子どもたちが集まり、仕事を終えた女工達が憩う。カルメンが登場して「ハバネラ」を歌う。

 ドン・ホセはカルメンに魅せられて、喧嘩で逮捕された彼女を逃がしてやる。第2幕では、刑務所から出て来たドン・ホセが酒場で、カルメンに愛を告げるが、カルメンは闘牛士のエスカミーリョの虜になる。エスカミーリョが闘牛士の歌を歌う。ここでは、タップを使ったダンスが披露される。

 第3幕は、舞台が岩のアジトになる。休憩中に舞台装置を移動させる様子を見せてくれる。カルメンにそそのかされて隊を脱走したドン・ホセは窃盗団の一味となる。アジトを訪ねてきたミカエラが、ドン・ホセを想って歌うアリアが素晴らしい。

 舞台が回ると、闘牛士の入場を待つ人々の群れがある。エスカミーリョに恋するカルメンにドン・ホセが復縁を迫るが相手にされない。そして悲劇のクライマックスになる。

 有名な曲が多く、カルメン組曲として、器楽曲でも聴いたことがある。カルメン役のアニータ・ラチヴェリシュヴィリは、体格もよく、カルメンのイメージにぴったりである。プライドの高さと自由奔放さを見せてくれる。ミカエラ役のアニータ・ハーティッグは清楚な感じである。

 エスカミーリョ役のイルダール・アブドラザコフは、フィガロの結婚でフィガロを演じていた。大がかりな舞台装置を、短時間に入れ替える。舞台上に100人くらいの群集が集まる。とにかくスケールが大きい。

 終わって、なんばパークスの屋外にでたが、風が強かった。イルミネーションをゆっくりと楽しむことができなかった。

d0097373_2422264.jpg
 
by nori-126 | 2014-12-18 13:51 | オペラ・バレエ | Comments(0)
<< 佐渡裕指揮第九 ケルン放送交響... 顔見世興行 昼の部 京都南座 >>