感動を求めて、忙しすぎる「ひまつぶし」に追われている団塊世代の男の記録。
by nori-126
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
1万人の第九
第九(1万人の第九以外)
合唱
クラシック音楽
オペラ・バレエ
バイオリンレッスン
歌舞伎
文楽
古典芸能
ポピュラー音楽
美術展
陶芸
歴史散歩 大阪
歴史散歩 堺
歴史散歩 京都
歴史散歩 奈良
歴史散歩
街道を歩く
西国三十三所
山歩き
花 四季彩々
自然観察 花・鳥・昆虫
園芸
美味探訪
囲碁
読書
外国語
未分類
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...
フォロー中のブログ
SOLO*WALKER
暮らしの歳時記
続・季節とともに
エキサイトブログ以外のリンク
最新の記事
納涼 囲碁まつり ホテル阪急..
at 2017-08-15 09:57
シネマ「パリ・オペラ座ー夢を..
at 2017-08-14 10:37
兵庫芸術文化センター管弦楽団..
at 2017-08-13 01:07
日本センチュリー響 いずみ定..
at 2017-08-12 09:01
バイオリンレッスン 第92回
at 2017-08-08 01:03
LA FENICE レクイエ..
at 2017-08-07 02:08
キエフ・クラシック・バレエ ..
at 2017-08-07 02:01
ラブリーホール合唱団 201..
at 2017-08-07 01:48
LA VITA 演奏会 豊中..
at 2017-08-06 22:43
大阪新音フロイデ合唱団 「テ..
at 2017-08-03 22:18
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nori-126 at 11:02
noriさん、こちらこそ..
by おっちゃん at 21:55
イソさん、コメントありが..
by nori-126 at 22:16
こんにちは 門真の第九..
by イソ at 19:43
midoさん、こちらこそ..
by nori-126 at 19:52
ライフログ
検索
タグ
(155)
(154)
(143)
(134)
(122)
(100)
(96)
(74)
(70)
(68)
(64)
(58)
(53)
(50)
(47)
(46)
(38)
(34)
(19)
(18)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


日本センチュリー交響楽団 第205回定演 シンフォニーホール

 11月14日(土)、日本センチュリー交響楽団の定期演奏会に行った。モーツアルトのピアノ協奏曲12番は聞いたことがないので、予習しようと図書館で借りたCDが、レオン・フライシャーが、ピアノを弾いて、シュトゥットガルト室内管弦楽団を指揮した2008年発売のものだった。席は、1階L列34番だった。

日本センチュリー交響楽団 第205回定期演奏会
2015.11.14 15時開演
ザ・シンフォニーホール
指揮/ピアノ レオン・フライシャー

ベートーベン:序曲「コリオラン」作品62
モーツァルト:ピアノ協奏曲第12番 イ長調 K.414
シューベルト:交響曲第8番ハ長調 「グレイト」

 コリオラン序曲は題名は知っているが、あまり聞いたことのない曲である。ピアノ協奏曲は、ピアノを舞台の中央で奥に向けて置いて、独奏者が指揮もする。独奏と指揮を兼ねるというのは、聞いたことがあるが、ピアノを中央に置くというのは見たことがない。モーツァルトの後期のピアノ協奏曲は何曲か聞いたことがあるが、12番はモーツァルトらしい感じの曲だが、あまり印象に残るメロディがなかった。

 「グレイト」をコンサートで聴くのはおそらく初めてである。好きな曲でCDでは聞いていたが。とにかく長い曲だが、いろいろなメロディがでてきて変化に富んでいる。コンサートで聴くと、どんな楽器が音を奏でているかが目でも確かめられて、ブラスとストリングスがうまく掛け合いで演奏していくことがわかった。ブラスが演奏する時には、ストリングスは控え目で、ある時はストリングスが目立つ。そして合同で盛り上げるという感じである。

 第3楽章の途中で主題が変わるようなので、第4楽章が続けて演奏されているのかと思ったらそうではなかった。第4楽章の最後は盛り上がりが素晴らしい。日本センチュリーの演奏も力がこもっているようで、指揮者の力だろうか?ブラスの響きもよくまとまっていたように思われた。

 恒例の演奏会後の懇親会に、ビオラ奏者が参加されるということでチケットを買った。昨年9月にビオラのセミナーの講師をされた増永さんと飯田さんに挨拶をした。その時に話しかけたのを覚えていただいたようだった。バイオリン奏者の女性とも話をしたが、今日の演奏は素晴らしかったと話すと、演奏者も満足されているようだった。
by nori-126 | 2015-11-15 01:56 | クラシック音楽 | Comments(0)
<< METライブビューイング「オテロ」 フランクフルト放送交響楽団演奏... >>