感動を求めて、忙しすぎる「ひまつぶし」に追われている団塊世代の男の記録。
by nori-126
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
1万人の第九
第九(1万人の第九以外)
合唱
クラシック音楽
オペラ
バイオリンレッスン
歌舞伎
文楽
古典芸能
ポピュラー音楽
美術展
陶芸
歴史散歩 大阪
歴史散歩 堺
歴史散歩 京都
歴史散歩 奈良
歴史散歩
街道を歩く
西国三十三所
山歩き
花 四季彩々
自然観察 花・鳥・昆虫
園芸
美味探訪
囲碁
読書
外国語
未分類
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...
フォロー中のブログ
SOLO*WALKER
暮らしの歳時記
続・季節とともに
エキサイトブログ以外のリンク
最新の記事
ラブリーホール合唱団 201..
at 2017-04-03 01:40
バイオリンレッスン  第87回
at 2017-03-29 16:41
小澤征爾オペラプロジェクト「..
at 2017-03-23 08:25
門真の第九 Y先生のお誕生会
at 2017-03-21 13:04
MET ライヴビューイング ..
at 2017-03-20 01:43
大阪フィル 第506回定演 ..
at 2017-03-19 16:39
1万人の第九 懇親会
at 2017-03-19 16:33
NDRエルプフィルハーモニー..
at 2017-03-16 12:36
台北國立故宮博物院 北宋汝窯..
at 2017-03-16 12:33
バイオリンレッスン 第86回
at 2017-03-16 11:12
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nori-126 at 11:02
noriさん、こちらこそ..
by おっちゃん at 21:55
イソさん、コメントありが..
by nori-126 at 22:16
こんにちは 門真の第九..
by イソ at 19:43
midoさん、こちらこそ..
by nori-126 at 19:52
ライフログ
検索
タグ
(154)
(151)
(133)
(129)
(117)
(94)
(93)
(72)
(69)
(64)
(53)
(51)
(50)
(45)
(44)
(38)
(38)
(34)
(19)
(18)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


LA FENICE 第6回演奏会 兵庫芸文大ホール

d0097373_1512967.jpg 1月30日(土)、LA FENICEのコンサートに行った。兵庫芸文の大ホールのホワイエで、KMSRさんとAKRさんにあった。

 自由席なので、通路すぐ後の右寄りの席でKMSRさんの隣の席に座った。同じ列の中央辺りに、LA FENICEを5年間指導しておられた、小玉晃先生がおられて、あいさつをした。

 LA FENICE の公演を聴くのは、昨年8月の大阪NHKホールでのブラームス「ドイツレクイエム」以来で2回目である。

 

 ピアノ伴奏の辻本先生、以前からの知り合いであるMURさん、1万人の第九の森之宮6クラスで知り合ったKTOKさん、KTMRさんが参加しておられる。

 会場で、1万人の第九の知り合いYMDさん、門真の第九で一緒だったKDさんがおられてあいさつした。

LA FENICE 第6回演奏会 スペシャル企画
いのち いのち
2016.1.30(土)午後2時
兵庫県立芸術文化センター KOBELCO 大ホール
指揮 西牧潤 ピアノ 辻本圭・前田裕佳

第一部 混声合唱組曲 「水のいのち」 作詞 高野喜久雄 作曲 高田三郎
第二部 スペシャルステージ 女の愛し方、男の愛され方
第三部 混声合唱組曲「いのちのうた」 作詞 ごとうやすゆき 作曲 横山智昭

 舞台中央にグランドピアノが置かれて、80人余りの合唱団が4段に並んだ。第1部は有名な曲とのことだが、知らなかった。雨、水たまりから川、海へと水のいのちのめぐるさまを表現している。ハーモニーの素晴らしさに感動を覚えた。

 第2部はオムニバスで、なごり雪、麦畑、草原情歌などが演奏された。様々なアレンジがあって楽しめた。

 第3部は、2012年に女声合唱として生まれた曲が、2015年に混声合唱にリメイクされた。5曲からなる。途中で8人の男女がダンスを踊られた中に、MURさん、KTMRさんがおられた。

 レベルの高い合唱を聴くと心豊かな気分になれる。自分でも歌ってみたいという思いがつのる。
by nori-126 | 2016-01-30 18:55 | クラシック音楽 | Comments(0)
<< 大阪フィル 第495回定演 フ... 小玉晃の音楽学校 ヴォイストレ... >>