感動を求めて、忙しすぎる「ひまつぶし」に追われている団塊世代の男の記録。
by nori-126
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
1万人の第九
第九(1万人の第九以外)
合唱
クラシック音楽
オペラ・バレエ
バイオリンレッスン
歌舞伎
文楽
古典芸能
ポピュラー音楽
美術展
陶芸
歴史散歩 大阪
歴史散歩 堺
歴史散歩 京都
歴史散歩 奈良
歴史散歩
街道を歩く
西国三十三所
山歩き
花 四季彩々
自然観察 花・鳥・昆虫
園芸
美味探訪
囲碁
読書
外国語
未分類
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...
フォロー中のブログ
SOLO*WALKER
暮らしの歳時記
続・季節とともに
エキサイトブログ以外のリンク
最新の記事
納涼 囲碁まつり ホテル阪急..
at 2017-08-15 09:57
シネマ「パリ・オペラ座ー夢を..
at 2017-08-14 10:37
兵庫芸術文化センター管弦楽団..
at 2017-08-13 01:07
日本センチュリー響 いずみ定..
at 2017-08-12 09:01
バイオリンレッスン 第92回
at 2017-08-08 01:03
LA FENICE レクイエ..
at 2017-08-07 02:08
キエフ・クラシック・バレエ ..
at 2017-08-07 02:01
ラブリーホール合唱団 201..
at 2017-08-07 01:48
LA VITA 演奏会 豊中..
at 2017-08-06 22:43
大阪新音フロイデ合唱団 「テ..
at 2017-08-03 22:18
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nori-126 at 11:02
noriさん、こちらこそ..
by おっちゃん at 21:55
イソさん、コメントありが..
by nori-126 at 22:16
こんにちは 門真の第九..
by イソ at 19:43
midoさん、こちらこそ..
by nori-126 at 19:52
ライフログ
検索
タグ
(155)
(154)
(146)
(134)
(122)
(100)
(96)
(74)
(70)
(68)
(64)
(58)
(53)
(50)
(47)
(46)
(38)
(34)
(19)
(18)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


マタイ受難曲 ラブリーホール

 3月6日(日)、河内長野ラブリーホールにマタイ受難曲を聴きに行った。ラブリーホールが毎年企画する合唱団の公演で、いつか参加してみたいという気持ちもあって聴きに行った。

河内長野ラブリーホール合唱団演奏会
マタイ受難曲
2016.3.6 15:00
ラブリーホール・大ホール
指揮 寺岡清高 大阪交響楽団
河内長野ラブリーホール合唱団
清教学園中・高等学校合唱部
堺市少年少女合唱団 堺リーブズハーモニー
松原友(福音史家)小玉晃(イエス)古瀬まきを(下女、ピラトの妻)
福原寿美枝(偽証人)油井宏隆(ピラト他)
合唱指導 中村貴志

 コンサートの前に指揮者の寺岡さんが登場されて、曲の説明をされた。オーケストラが二つに分かれて配置され、合唱も左右に二つの合唱団が並ぶ。一部では中央に、児童合唱団が並んでいる。

 140人の合唱団が並ぶ様は見事である。何よりも50回も練習が必要な大作に、これだけの人達が参加するということに驚かされる。長年培ってきた伝統の賜物なのだろう。音のバランスとしては男声が少ないのが気になった。宗教曲の荘厳さを現すには、もう少し低音部が多い方がいいと思われた。合唱のレベルは高いので、これだけの人数で音を合わせるだけの力は評価できる。

 マタイ受難曲は前に千里バッハ合唱団で聴いたことがある。もう少し小さい会場で、少ない合唱団の方が宗教曲らしい雰囲気が出せるかもしれない。

 ソリストの声は素晴らしかった。松原先生のテノールは柔らかくて、福音史家という進行役に相応しい冷静さがあった。小玉先生は体調が十分でなかったということだったが、広い会場に声がよく響いた。先生のヴォイストレーニングのクラスを受講しているが、正にお手本の歌声だった。

 休憩時間にはばたけ堺合唱団のHSGWさんにお会いした。前に堺の第九などでご一緒したことがあり、練習に来て欲しいと誘われた。合唱団のメンバーに入れてありますといわれた。そこへ合唱指導の中村貴志先生が来られた。堺の第九を指導していただいたことがあるので挨拶をした。
by nori-126 | 2016-03-07 01:19 | クラシック音楽 | Comments(0)
<< バイオリンレッスン 第69回 シネマ「3大テノール 世紀の競演」 >>