感動を求めて、忙しすぎる「ひまつぶし」に追われている団塊世代の男の記録。
by nori-126
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
1万人の第九
第九(1万人の第九以外)
合唱
クラシック音楽
オペラ・バレエ
バイオリンレッスン
歌舞伎
文楽
古典芸能
ポピュラー音楽
美術展
陶芸
歴史散歩 大阪
歴史散歩 堺
歴史散歩 京都
歴史散歩 奈良
歴史散歩
街道を歩く
西国三十三所
山歩き
花 四季彩々
自然観察 花・鳥・昆虫
園芸
美味探訪
囲碁
読書
外国語
未分類
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...
フォロー中のブログ
SOLO*WALKER
暮らしの歳時記
続・季節とともに
エキサイトブログ以外のリンク
最新の記事
ラブリ-ホール合唱団 201..
at 2018-01-22 01:43
フォーゲルザング ニューイヤ..
at 2018-01-21 01:53
日本センチュリー響 第222..
at 2018-01-21 01:12
ジブリの立体建造物展 あべの..
at 2018-01-16 01:07
ラブリーホール合唱団 201..
at 2018-01-16 00:35
バイオリンレッスン 第100回
at 2018-01-10 11:46
LA FENICE  レクイ..
at 2018-01-08 08:53
ラブリーホール合唱団 201..
at 2018-01-07 01:11
門真の第九 2018 第3回
at 2018-01-07 01:07
ヨナス・カウフマン ジャパン..
at 2018-01-05 03:01
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nori-126 at 11:02
noriさん、こちらこそ..
by おっちゃん at 21:55
イソさん、コメントありが..
by nori-126 at 22:16
こんにちは 門真の第九..
by イソ at 19:43
midoさん、こちらこそ..
by nori-126 at 19:52
ライフログ
検索
タグ
(163)
(160)
(156)
(136)
(130)
(105)
(96)
(87)
(81)
(78)
(70)
(59)
(54)
(50)
(49)
(46)
(39)
(34)
(19)
(18)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


モネ展 京都市美術館

 4月20日(水)、ルノワール展と同時に開催されているモネ展に行った。入口が別で、入場料が二重に要る。ほとんどの人が両方とも見るだろうが、内容からいうと金を返して欲しいという心境である。目玉でポスターにもなっている「印象、日の出」が3月21日までの限定展示で見られなかったので、余計にがっかりである。

 マルモッタン・モネ美術館所蔵
 モネ展
 2016.3.1~5.8
 京都市美術館

 家族の肖像
  モネの描いた家族の肖像やルノワールの描いたモネやモネ夫人の肖像画が展示されている。
 若き日のモネ
  鉛筆で紙に書いたデッサンがほとんどである。
 収集家としてのモネ
  ドラクロワ、ブーダン、ピサロ、ルノワール、シニャックらの水彩画、彫刻などが展示されている。
 モチーフの狩人
  風景画が展示されている。
 睡蓮と花ージヴェルニーの庭
  有名なシリーズである睡蓮の絵が展示されているが、風景よりも水面を描いたものが多い。
 最晩年の作品
  76歳からのしだれ柳や睡蓮の絵は、抽象画のように様々な絵具の色が踊っている。形が何かということもわかりにくい。今までに展示されることの少ない作品だと思う。
 
by nori-126 | 2016-04-21 10:35 | 美術展 | Comments(0)
<< IL DIVO Tour 20... ルノワール展 京都市美術館 >>