感動を求めて、忙しすぎる「ひまつぶし」に追われている団塊世代の男の記録。
by nori-126
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
1万人の第九
第九(1万人の第九以外)
合唱
クラシック音楽
オペラ・バレエ
バイオリンレッスン
歌舞伎
文楽
古典芸能
ポピュラー音楽
美術展
陶芸
歴史散歩 大阪
歴史散歩 堺
歴史散歩 京都
歴史散歩 奈良
歴史散歩
街道を歩く
西国三十三所
山歩き
花 四季彩々
自然観察 花・鳥・昆虫
園芸
美味探訪
囲碁
読書
外国語
未分類
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...
フォロー中のブログ
SOLO*WALKER
暮らしの歳時記
続・季節とともに
エキサイトブログ以外のリンク
最新の記事
納涼 囲碁まつり ホテル阪急..
at 2017-08-15 09:57
シネマ「パリ・オペラ座ー夢を..
at 2017-08-14 10:37
兵庫芸術文化センター管弦楽団..
at 2017-08-13 01:07
日本センチュリー響 いずみ定..
at 2017-08-12 09:01
バイオリンレッスン 第92回
at 2017-08-08 01:03
LA FENICE レクイエ..
at 2017-08-07 02:08
キエフ・クラシック・バレエ ..
at 2017-08-07 02:01
ラブリーホール合唱団 201..
at 2017-08-07 01:48
LA VITA 演奏会 豊中..
at 2017-08-06 22:43
大阪新音フロイデ合唱団 「テ..
at 2017-08-03 22:18
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nori-126 at 11:02
noriさん、こちらこそ..
by おっちゃん at 21:55
イソさん、コメントありが..
by nori-126 at 22:16
こんにちは 門真の第九..
by イソ at 19:43
midoさん、こちらこそ..
by nori-126 at 19:52
ライフログ
検索
タグ
(155)
(154)
(143)
(134)
(122)
(100)
(96)
(74)
(70)
(68)
(64)
(58)
(53)
(50)
(47)
(46)
(38)
(34)
(19)
(18)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


プラハ国立歌劇場「魔笛」 びあ湖ホール

 10月29日(土)、びあ湖ホールでオペラを見た。昼から電車で京阪石場駅に行き、駅から歩いた。湖畔にあるレストランで昼食を取って、ホールへ入場した。びあ湖ホールは昨年3月の「オテロ」以来で2回目になる。席は1K11番といい席だった。夜の女王を歌う予定だったエカテリーナ・レキーナが急病のために、ヴァッシリキ・カラヤンニに変更になった。

モーツァルト「魔笛」全2幕
プラハ国立劇場
2016年10月29日(土)15時
滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール
指揮:リハルド・ハイン
ザラストロ:イヴォ・フラホヴェツ
タミーノ:アレシュ・ブリスツェイン
パミーナ:マリエ・ファイトヴァ―
夜の女王:ヴァッシリキ・カラヤンニ
パパゲーノ:ミロッシュ・ホラーク
パパゲーナ:ユキコ・キンジョウ

 舞台は大きな角柱を6本ほど立てて、緩やかな階段がある。舞台転換はないが、照明や上から吊り下げるオブジェで変化を持たせている。冒頭にタミーノを襲う竜は、剣を持った10人くらいの人が連なることで表現されていた。

 ザラストロの低音が魅力である。夜の女王のアリアは高い声で人の声の限界を超えている。田中彩子さんのリサイタルに続いて、生で聴くのは2回目である。

 男性合唱や混声合唱が力強かった。タミーノを導く3人の少年(女性が演じているが)の仕草が可愛らしい。その3重唱の響きが素晴らしかった。パパゲーノの狂言回しも楽しく、日本語で数を数えたり、ビールや酒といった言葉の連発で笑いを誘っていた。

 特に凝った舞台装置というわけではなく、おとぎ話的な要素は少ないが、美しい歌声やハーモニーが楽しい雰囲気にさせてくれた。魔笛はMETライブビューイングで見たことがあるが、生の舞台は初めてである。ストーリーは単純だが、モーツァルトの音楽を楽しめた。

ホワイエから琵琶湖を望む ↓
d0097373_00514492.jpg

by nori-126 | 2016-11-01 00:22 | オペラ・バレエ | Comments(0)
<< 1万人の第九 森ノ宮6 第5回  東大阪第九シンフォニー合唱団第... >>