感動を求めて、忙しすぎる「ひまつぶし」に追われている団塊世代の男の記録。
by nori-126
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
1万人の第九
第九(1万人の第九以外)
合唱
クラシック音楽
オペラ・バレエ
バイオリンレッスン
歌舞伎
文楽
古典芸能
ポピュラー音楽
美術展
陶芸
歴史散歩 大阪
歴史散歩 堺
歴史散歩 京都
歴史散歩 奈良
歴史散歩
街道を歩く
西国三十三所
山歩き
花 四季彩々
自然観察 花・鳥・昆虫
園芸
美味探訪
囲碁
読書
外国語
未分類
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...
フォロー中のブログ
SOLO*WALKER
暮らしの歳時記
続・季節とともに
エキサイトブログ以外のリンク
最新の記事
ラブリホール合唱団 レクイエ..
at 2017-10-22 00:10
日本センチュリー響 第220..
at 2017-10-22 00:01
国宝 第II期 京都国立博物館
at 2017-10-18 21:46
モーツァルト「レクイエム」 ..
at 2017-10-18 21:44
1万人の第九 2017 森ノ..
at 2017-10-18 16:52
ラブリホール合唱団 レクイエ..
at 2017-10-15 23:35
アンナ・ネトレプコ ザ・シン..
at 2017-10-13 12:31
住之江の第九 2017 第6回 
at 2017-10-13 12:24
北斎ー富士を超えてー あべの..
at 2017-10-13 11:32
大阪城本丸薪能2017 第2夜
at 2017-10-09 14:46
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nori-126 at 11:02
noriさん、こちらこそ..
by おっちゃん at 21:55
イソさん、コメントありが..
by nori-126 at 22:16
こんにちは 門真の第九..
by イソ at 19:43
midoさん、こちらこそ..
by nori-126 at 19:52
ライフログ
検索
タグ
(156)
(155)
(152)
(134)
(127)
(102)
(96)
(74)
(72)
(71)
(70)
(59)
(53)
(50)
(47)
(46)
(39)
(34)
(19)
(18)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ザ・シンフォニーホール チェンバー アンサンブル

 11月5日(土)、室内楽を聞きに行った。シンフォニーホールが企画した11人の弦楽アンサンブルである。関西の4交響楽団からの選抜からなる。日本センチュリーからの3人、バイオリンの小川和代さん、ヴィオラの飯田隆さん、チェロの渡邊弾楽さんは、フルートの鶴田さんを加えた4人の演奏を聞いたことがある。アンサンブルに秀でたメンバーである。

ザ・シンフォニーホール チェンバー アンサンブル
2016.11.5(土)19:00
ザ・シンフォニーホール

モーツアルト:アイネ・クライネ・ナハトムジーク ト長調 K525
J.S.バッハ:ピアノ協奏曲 第1番 ニ短調 BWV1052 ピアノ:中桐望
ヴィヴァルディ:「四季」より秋。冬
バルトーク:ルーマニア民族舞曲

 指揮者を置かないで、11人が並んで、お互いに顔を見ながら演奏されるのは、家庭的な雰囲気で、ほのぼのとしたものを感じた。第1バイオリン3人、第2バイオリン3人、ヴィオラ2人、チェロ2人、コントラバス1人である。

 有名なアイネ・クライネ・ナハトムジークは、40年近く前にザルツブルグで聴いたことがある。それ以来だろうか?楽章の間に拍手をする人がいたが、あまり聞き慣れていない人が来られていたのだろうか?

 バッハは、中央に少し小さめのピアノを置いて、ピアニストが背中を見せて座った。ピアノの音がそれほど響かなくて、ハープシコードの通奏低音ともいうべき感じを出していた。細かく音が流れて、いわゆるピアノ協奏曲とは違ったピアノの働きだった。

 四季は40年程前にネビル・マリナー指揮アカデミー室内管弦楽団で聴いたことがある。大阪交響楽団の藤井美奈子さんが、中央でソリストとしてテクニックを披露された。有名な曲だが、じっくり聴くと音楽的にいろいろと工夫がされた曲だと思う。

 バルトークは舞曲が中心で、古典とは違う音の響きとリズムが楽しめた。ホールマネージャーの挨拶があり、アンコールが2曲あった。モーツァルトのディベルティメントK136第2楽章の後、ピアソラのリベルタンゴで終わった。これからもコンサートを定期的に開催されるということで、こういうスタイルが日本に根づくことを期待したい。

by nori-126 | 2016-11-06 02:39 | クラシック音楽 | Comments(0)
<< ミュージカル「キンキーブーツ来... ハンガリー国立フィルハーモニー... >>