感動を求めて、忙しすぎる「ひまつぶし」に追われている団塊世代の男の記録。
by nori-126
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
1万人の第九
第九(1万人の第九以外)
合唱
クラシック音楽
オペラ・バレエ
バイオリンレッスン
歌舞伎
文楽
古典芸能
ポピュラー音楽
美術展
陶芸
歴史散歩 大阪
歴史散歩 堺
歴史散歩 京都
歴史散歩 奈良
歴史散歩
街道を歩く
西国三十三所
山歩き
花 四季彩々
自然観察 花・鳥・昆虫
園芸
美味探訪
囲碁
読書
外国語
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...
フォロー中のブログ
SOLO*WALKER
暮らしの歳時記
続・季節とともに
エキサイトブログ以外のリンク
最新の記事
ラブリーホール合唱団 201..
at 2017-11-12 23:36
門真の第九 2018 第1回..
at 2017-11-12 23:22
国宝 第Ⅲ期 国立京都博物館
at 2017-11-09 01:36
LA FENICE  レクイ..
at 2017-11-07 01:17
関西二期会オペラ 魔弾の射手..
at 2017-10-29 21:35
1万人の第九 2017 森ノ..
at 2017-10-29 21:29
LA FENICE  レクイ..
at 2017-10-29 21:14
バイオリンレッスン  第96回
at 2017-10-24 17:40
ラブリホール合唱団 レクイエ..
at 2017-10-22 00:10
日本センチュリー響 第220..
at 2017-10-22 00:01
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nori-126 at 11:02
noriさん、こちらこそ..
by おっちゃん at 21:55
イソさん、コメントありが..
by nori-126 at 22:16
こんにちは 門真の第九..
by イソ at 19:43
midoさん、こちらこそ..
by nori-126 at 19:52
ライフログ
検索
タグ
(157)
(155)
(152)
(134)
(128)
(103)
(96)
(75)
(74)
(72)
(70)
(59)
(53)
(50)
(47)
(46)
(39)
(34)
(19)
(18)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


小澤征爾オペラプロジェクト「カルメン」ロームシアター京都

 3月22日(水),京都でオペラを観た。小澤征爾さんが2000年から続けている、音楽塾の公演があった。昨年、初めて「メリーウイドウ」を観て、贅沢な舞台に感銘を受けた。カルメンの舞台は2015年9月に、堺シティオペラで見たことがある。METライブビューイングでも見たことがある。

 三条京阪駅からタクシーに乗った。ロームシアター京都は初めてだが、複合の建物で立派である。交通の便がもう少し良いといいのだが。客席にかなりの傾斜があって、オペラの公演に適している。席は1階20列10番だった。

小澤征爾音楽塾オペラ・プロジェクトXV
ビゼー 歌劇「カルメン」
2017.3.22(水)18:30開演
ロームシアター京都 メインホール

音楽監督・指揮:小澤征爾  指揮:村上 寿昭
演出:デイヴィッド・ニース
管弦楽:小澤征爾音楽塾オーケストラ
合唱:小澤征爾音楽塾合唱団
児童合唱:京都市少年合唱団

カルメン:サンドラ・ピクス・エディ  ドン・ホセ:チャド・シェルトン
ミカエラ:ケイトリン・リンチ     エスカミーリョ:ボアズ・ダニエル
フラスキータ:サシャ・デイハニアン  メルセデス:アレクサンドラ・ロドリック
ズニガ:河野鉄平           モラレス:タイラー・ダンカン
ダンカイロ:町英和         レメンダード:大槻孝志

 小澤征爾さんが、交代で指揮をする 村上寿昭さんと登場すると、大きな拍手が起こった。軽快な序曲に続いて、舞台にドン・ホセが銃殺される場面が挿入された。最後のシーンと繋がっている。佐渡裕プロデュースの椿姫でも同じ演出があった。全体を回想のように見せる効果がある。

 第1幕は、舞台奧を大きな城壁のような石の壁が占めて、その上を人が歩ける。下手に工場入り口への階段があり、舞台奧は少し傾斜になっている。

 第2幕は壁はそのままに、酒場となり、フラメンコを踊る舞台が置かれている。壁の上から、闘牛士のエスカミリオが颯爽と現れる。ホセとカルメンが二人だけになって、部屋の壁を模した幕とベッドが現れる。

 第3幕は、山中の密輸仲間の野営地だが、城壁の壁を取り払って、巨大な岩場を配置した。第4幕は、暗転で、再び城壁を置くという舞台転換に驚かされた。闘牛士の入場の場面は、合唱団や子どもたちで、華やかである。そして、ドン・ホセとカルメンが二人きりになる時に、城壁のアーチが扉で閉じられて、密室のようになる。

 ドン・ホセがカルメンを刺した後で、兵士が登場して、ドン・ホセを銃殺にするということで、一番初めの場面に戻るということになる。

 オペラでは普通は、台詞が無いのに、説明的な所は台詞になっていた。ビゼーのオリジナルは台詞だが、レスタティーボにしているのが多いという。プログラムには、歌うよりも台詞を言う方が難しいと書かれていた。

 豪華な舞台と、力強い合唱団、歌手は超一流ではないが、これからが期待できる新進気鋭のメンバー、オケは若い人達だが、鍛えられている。何よりも豪華な舞台で、これぞオペラという醍醐味を味わうことができた。終わってから、地下鉄の東山駅まで歩いて、京阪電車で帰った。京橋で電車を降りようとしたら、ピアニストのTJMTさんに会った。

d0097373_23152599.jpg
d0097373_23151910.jpg


by nori-126 | 2017-03-23 08:25 | オペラ・バレエ | Comments(0)
<< バイオリンレッスン  第87回 門真の第九 Y先生のお誕生会 >>