感動を求めて、忙しすぎる「ひまつぶし」に追われている団塊世代の男の記録。
by nori-126
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
1万人の第九
第九(1万人の第九以外)
合唱
クラシック音楽
オペラ
バイオリンレッスン
歌舞伎
文楽
古典芸能
ポピュラー音楽
美術展
陶芸
歴史散歩 大阪
歴史散歩 堺
歴史散歩 京都
歴史散歩 奈良
歴史散歩
街道を歩く
西国三十三所
山歩き
花 四季彩々
自然観察 花・鳥・昆虫
園芸
美味探訪
囲碁
読書
外国語
未分類
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...
フォロー中のブログ
SOLO*WALKER
暮らしの歳時記
続・季節とともに
エキサイトブログ以外のリンク
最新の記事
ラブリーホール合唱団 201..
at 2017-04-03 01:40
バイオリンレッスン  第87回
at 2017-03-29 16:41
小澤征爾オペラプロジェクト「..
at 2017-03-23 08:25
門真の第九 Y先生のお誕生会
at 2017-03-21 13:04
MET ライヴビューイング ..
at 2017-03-20 01:43
大阪フィル 第506回定演 ..
at 2017-03-19 16:39
1万人の第九 懇親会
at 2017-03-19 16:33
NDRエルプフィルハーモニー..
at 2017-03-16 12:36
台北國立故宮博物院 北宋汝窯..
at 2017-03-16 12:33
バイオリンレッスン 第86回
at 2017-03-16 11:12
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nori-126 at 11:02
noriさん、こちらこそ..
by おっちゃん at 21:55
イソさん、コメントありが..
by nori-126 at 22:16
こんにちは 門真の第九..
by イソ at 19:43
midoさん、こちらこそ..
by nori-126 at 19:52
ライフログ
検索
タグ
(154)
(151)
(133)
(129)
(117)
(94)
(93)
(72)
(69)
(64)
(53)
(51)
(50)
(45)
(44)
(38)
(38)
(34)
(19)
(18)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


藤岡幸夫のクリスマス・ファンタジアコンサート

d0097373_2147575.jpg
 12月23日(土)2時から、ザ・シンフォニーホールでのコンサートに妻と二人で行きました。
シンフォニーホールはこんなに狭かったかと思ったのは、1万人の第九の大阪城ホールのイメージが残っているからでしょう。
 舞台の横に、クリスマスの飾りつけがあって、雰囲気をかもし出していました。
 藤岡幸夫指揮の関西フィルハーモニー管弦楽団の演奏で、「そりすべり」、「賛美歌メドレー」、ソプラノの高嶋優羽さんの歌で「グノーのアベマリア」とオペラからの2曲。ワルツ「金と銀」のあとに休憩。
 第2部は、「四季」から冬の第2楽章、くるみ割り人形」組曲、そして早野紗矢香さんによるパイプオルガンのソロで、バッハのコラール前奏曲。パイプオルガンを聴くのははじめてだったので、楽しみにしていたが、演奏時間が短くて少しもの足りなかった。最後に、オルガンも参加して、エルガーの「威風堂々」。コンサートで聴くと本当に感動する。アンコールに「聖しこの夜」、指揮者の指示で、観客がハミングをした。
 壮大な交響曲や協奏曲のコンサートもいいが、小品を集めた気軽に聴けるこのようなコンサートも楽しいものです。
by nori-126 | 2006-12-23 21:46 | クラシック音楽 | Comments(2)
Commented by ぷちこ at 2006-12-28 10:27 x
いいコンサートに行ってこられたんですね♪シンフォニーホール、1度しか行ったことがないのです。確かに狭いですがいい大きさだと思います『奇跡の残響2秒!』と名言どおり!行ったのは昨年の佐渡さんの第九です。「行こう!」と思った時には残席少。適当に取ったら、バルコニー席っていうのかな?佐渡さんの真横!コンマス側だったので佐渡さんの顔がよく見えました(笑)
ところで藤岡幸夫&関西フィルはなんと今年の「吹田第九」でオケをします!合唱はもちろん一般人。ずいぶん迷ったのですが、昨年は体調を崩し一万人の…もレッスンすら行けなかったので今年は様子をみることに。会場にポスターが貼ってあり「やっぱり歌いたい!」と思って、事務局に「暗譜もできてるし、衣装ももってます」と無謀なアピール!「みなさん夏から練習してこられてますので…」とやんわり「無理ですよ」と言われました(爆)でも当日アルトの人、一人ぐらい休むと思うけどな〜。それはさておき、「威風堂々」1度は生で聴いてみたいです。めっちゃカッコイイに決まってる!でも某味の素さんのCMを思い出すには違いない(^ ^;
Commented by nori-126 at 2006-12-29 00:27
 吹田の第九参加できなくて残念でしたね。藤岡幸夫さんの指揮ははじめてでしたが、藤岡さんは格好よかったです。でも、「しゃべり」はもうひとつなので、吉本の芸人にでも習うほうがいいでしょう。佐渡裕さんは、さすがに「しゃべり」がうまいです。大阪フィルの大植英次さんは、真摯な話し方に共感がもてます。指揮者は本来、しゃべりで勝負するのではないのですが、指揮者の個性がクラシックの普及に役立つのはいいことです。
言い遅れましたが、ぷちこさんのブログ、リンクさせていただきました。
<< 歌舞伎鑑賞記録 その2 歌舞伎鑑賞記録 その1 >>