感動を求めて、忙しすぎる「ひまつぶし」に追われている団塊世代の男の記録。
by nori-126
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
1万人の第九
第九(1万人の第九以外)
合唱
クラシック音楽
オペラ・バレエ
バイオリンレッスン
歌舞伎
文楽
古典芸能
ポピュラー音楽
美術展
陶芸
歴史散歩 大阪
歴史散歩 堺
歴史散歩 京都
歴史散歩 奈良
歴史散歩
街道を歩く
西国三十三所
山歩き
花 四季彩々
自然観察 花・鳥・昆虫
園芸
美味探訪
囲碁
読書
外国語
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...
フォロー中のブログ
SOLO*WALKER
暮らしの歳時記
続・季節とともに
エキサイトブログ以外のリンク
最新の記事
ラブリーホール合唱団 201..
at 2017-11-12 23:36
門真の第九 2018 第1回..
at 2017-11-12 23:22
国宝 第Ⅲ期 国立京都博物館
at 2017-11-09 01:36
LA FENICE  レクイ..
at 2017-11-07 01:17
関西二期会オペラ 魔弾の射手..
at 2017-10-29 21:35
1万人の第九 2017 森ノ..
at 2017-10-29 21:29
LA FENICE  レクイ..
at 2017-10-29 21:14
バイオリンレッスン  第96回
at 2017-10-24 17:40
ラブリホール合唱団 レクイエ..
at 2017-10-22 00:10
日本センチュリー響 第220..
at 2017-10-22 00:01
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nori-126 at 11:02
noriさん、こちらこそ..
by おっちゃん at 21:55
イソさん、コメントありが..
by nori-126 at 22:16
こんにちは 門真の第九..
by イソ at 19:43
midoさん、こちらこそ..
by nori-126 at 19:52
ライフログ
検索
タグ
(157)
(155)
(152)
(134)
(128)
(103)
(96)
(75)
(74)
(72)
(70)
(59)
(53)
(50)
(47)
(46)
(39)
(34)
(19)
(18)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


1万人の第九 大阪Dクラス レッスン5

  「1万人の第九」の5回目のレッスンが9月19日にあった。ピアノの辻本先生の代わりに甲斐先生がこられる。プログラムに載せる写真を撮る日で、難しいフーガを上手に歌えるように努めながらも、カメラマンのカメラを意識して顔を上げるように心がける。

 フーガの2回目で細かくパート別に指導される。発音の注意や音が半音動くところなどをおさらいしていく。昨年はこんなに細かい指摘があったのだろうか?ソプラノとアルトだけで、フーガを通して歌った時には、最後にソプラノがWeltをのばす所でなんともいえない感動を覚えた。

 フーガより前の部分の復習があり、411の男性だけの合唱では、テノールのパート1だけで歌う。パート2は座ってといわれると、前4列がほぼ全員座って、5列目にいた私は一番前になり緊張した。パート1のほうが、人数が少なくて、1回目はほとんど声が聞こえない状態だった。これではいけないと2回目は大きな声を出して歌った。

10分早く終わって、集団写真を撮る。25周年なので、手で2や5を表すように言われるが、顔が隠れそうになるので控えめに手を上げる。

 大阪倶楽部の装飾の写真を撮った。石のアーチは南欧スタイルで、唐草の縁取りやトーテムポールなどの彫刻は東洋・中近東の様式とのことである。

d0097373_0281862.jpg
d0097373_0285097.jpg

by nori-126 | 2007-09-22 00:51 | 1万人の第九 | Comments(2)
Commented by まさぽん at 2007-09-22 01:54 x
今年は1st Tenorが少ないですね。昨年は2ndのほうが少なかったと思いますが・・・。
地方では全員強制的に1stというクラスもあるようですので、最終的にはバランスがとれるのでしょう。
でもTenorさんは本番のとき、マーチでは必然的にシャッフルになっちゃうんですよね。おとなりさんにつられないのか、人ごとながら気になります。
今回のレッスンでの、Sop.Alt.合唱の美しい歌声も素敵でしたが、アカペラでのマーチ、そして女声陣の喝采も気持ち良かったですね。
来週はもう折返し点。ここでもう一度気合いを入れ直して、後半に望みましょう。
ではまた来週。
Commented by nori-126 at 2007-09-22 22:09
CDは1st テナーしか入っていないので、初心者は1st になりますね。今年は経験者が多いということでしょうか?練習用のCDを繰り返し聞いて音が安定してきたようで少し安心しています。
 また来週お会いしましょう。
<< 1万人の第九 大阪Dクラス レ... 歴史散歩 大阪ガスビルディング... >>