感動を求めて、忙しすぎる「ひまつぶし」に追われている団塊世代の男の記録。
by nori-126
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
1万人の第九
第九(1万人の第九以外)
合唱
クラシック音楽
オペラ・バレエ
バイオリンレッスン
歌舞伎
文楽
古典芸能
ポピュラー音楽
美術展
陶芸
歴史散歩 大阪
歴史散歩 堺
歴史散歩 京都
歴史散歩 奈良
歴史散歩
街道を歩く
西国三十三所
山歩き
花 四季彩々
自然観察 花・鳥・昆虫
園芸
美味探訪
囲碁
読書
外国語
未分類
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...
フォロー中のブログ
SOLO*WALKER
暮らしの歳時記
続・季節とともに
エキサイトブログ以外のリンク
最新の記事
ラブリホール合唱団 レクイエ..
at 2017-10-15 23:35
アンナ・ネトレプコ ザ・シン..
at 2017-10-13 12:31
住之江の第九 2017 第6回 
at 2017-10-13 12:24
北斎ー富士を超えてー あべの..
at 2017-10-13 11:32
大阪城本丸薪能2017 第2夜
at 2017-10-09 14:46
チェコ・フィルハーモニー管弦..
at 2017-10-09 13:58
ロンドンフィル日本ツアー20..
at 2017-10-09 13:27
特別展覧会「国宝」第Ⅰ期 京..
at 2017-10-05 01:44
第7回 大阪市コミュニティ合..
at 2017-10-02 01:36
LA FENICE  レクイ..
at 2017-10-02 01:04
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nori-126 at 11:02
noriさん、こちらこそ..
by おっちゃん at 21:55
イソさん、コメントありが..
by nori-126 at 22:16
こんにちは 門真の第九..
by イソ at 19:43
midoさん、こちらこそ..
by nori-126 at 19:52
ライフログ
検索
タグ
(155)
(155)
(150)
(134)
(126)
(102)
(96)
(74)
(71)
(71)
(70)
(59)
(53)
(50)
(47)
(46)
(39)
(34)
(19)
(18)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


第3回中之島ウオーク&トーク フェスで歌おう

 10月21日(日)、「1万人の第九」の仲間とフェスで歌おうという催しに参加した。来年末で建て替えが決まっているフェスティバルホールの舞台で歌えるという催しである。フェスティバルホールでは、「第九」「42nd Street」「River Dance」「夏川りみ」を聞いたことがある。

 まさぽん、ゆかべりんと3人参加できるという応募を2枚出したら、6人参加できることになったので、二人の知り合いのayaさん、HSGWさん、KNGWさんも参加されることになった。

      第3回子どもと中之島の明日を考えるウオーク&トークのつどい
      ー体感・フェスティバルホールー
      フェスで歌おう
      2007年10月21日(日) フェスティバルホール


 淀屋橋で待ち合わせて6人でフェスティバルホールまで歩いた。一階の席に座って、開会式がはじまった。朝日放送の羽谷直子アナウンサーの司会で、主催者あいさつのあと、桜の会・平成の通り抜け実行委員会委員長で建築家の安藤忠雄さんの大阪を元気にしようとういう話をきく。ピアニストの熊本マリさんとの対談のあと、熊本さんのピアノ独奏を聞いた。曲は「ノクターン」「子犬のワルツ」スペインの激しい曲2曲であった。
 準備体操として、ダンサー・振付士の真島茂樹さんのウオーミングアップがあった。

 靱公園まで歩いて、穏やかな午後をゆっくりと過ごして、フェスに戻る。
 グループに分かれて舞台にあがる。客席が圧迫感なく広がる。舞台裏のかって出演した人のサイン、カラヤンやベームが使った楽屋をみて、2階席の高いところにいってみる。

 いよいよ合唱である。舞台に上がって、清原浩斗先生の指導、矢吹直美さんのピアノ(2人は「1万人の第九」の大阪Cクラスの担当)で、第九のMのところをパート別に歌ってみる。経験者がかなりいて、最後はうまくまとまっていたと思う。「ふるさと」「今日の日はさようなら」を歌ったが、ソプラノで「ラララ」と素晴らしい声で歌う人がいて、感激で身が震えるようだった。
d0097373_2059331.jpg
d0097373_20592654.jpg

by nori-126 | 2007-10-21 21:09 | クラシック音楽 | Comments(7)
Commented by まさぽん at 2007-10-21 21:36 x
今日はおつかれさまでした。
お誘いいただいたおかげで、普段見ることができない舞台裏を探検できて楽しかったです。
合唱もまずまずの出来でしたね。
水曜日には、また普段のレッスンに戻って大一番に備えましょう!
Commented by nori-126 at 2007-10-21 23:56
 大勢で参加できて楽しい時を過ごせました。
合唱はどうなることかと思いましたが、ソプラノのじょうずな人のを聞いて感動さえ覚えました。「1万人の第九」に参加していなければ、今回参加することもなかったでしょう。次々に人とのつながりができていくことの不思議、縁(えにし)とも言うべきものを感じます。
Commented by ゆかべりん at 2007-10-22 07:23 x
ご一緒できて楽しかったです。
大阪城とは違ってなんだか気持ちよ~く歌えましたね。
私とほぼ同年代(一応私の方が若い)のフェスが新しく生まれ変わるという時代の流れが少々悲しいかな。
Commented by aya at 2007-10-22 22:26 x
昨日は楽しい1日をありがとうございました。

初フェスだったんですが、とても素敵なホールですね。また新しく生まれ変わったホールでも歌ってみたいものです。

残り少ない練習と、本番を楽しみましょうね。またお会いできるのを楽しみにしています。
Commented by nori-126 at 2007-10-23 00:53
ゆかべりんさん 楽しいひとときを過ごせました。歌うのに一生懸命で、フェスで歌っているという感激にひたる余裕がありませんでした。舞台に立つというのは、大阪城ホールとは違いますね。
 ayaさん ありがとうございました。人数が増えて楽しかったです。「1万人の第九」本番に向けてまだまだ練習をしないといけないと実感しています。 
Commented by 南八尾電車区 at 2007-10-28 23:50 x
 nori-126さん、お久しぶりです。

 フェスに於ける今回ご紹介のイヴェントですが、寡聞にして今まで知りませんでした。
 来年秋にも一旦閉鎖になるとの話は聞いていますが、ほぼ時期を同じくして大阪厚生年金会館も廃止・売却になるとの話も伝わってきており、期間限定(5年間の予定)とはいえ、大阪から主だった2つのホールが一度に姿を消すことになるわけで、来年秋以降、大阪の文化界は冷え込んできそうな気がしてなりません《一人でぼやいたところでどうしようもありませんが》。

 今年末のフェスに於ける大フィル主催の「第九」には聴きに行こうかなぁ、と只今考え中です《一時閉鎖前の最後の大フィル主催年末「第九」となってしまうため》。

 本番まで残すところ1ヶ月少しとなりましたが、少々大げさな言い方ですが、お互い文化発信の担い手として、頑張っていきましょう!
Commented by nori-126 at 2007-10-31 01:57
南八尾電車区さん コメントありがとうございます。大阪の文化芸術の発展を願いたいものです。「器」だけではだめですが、「器」がないと発展のないのもまた事実です。
「1万人の第九」の本番まであとわずかです。初心者ですが昨年よりは少しでも進歩できればと思っています。
<< 1万人の第九 大阪Dクラス レ... 特別展覧会 狩野永徳 京都国立博物館 >>