感動を求めて、忙しすぎる「ひまつぶし」に追われている団塊世代の男の記録。
by nori-126
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
1万人の第九
第九(1万人の第九以外)
合唱
クラシック音楽
オペラ・バレエ
バイオリンレッスン
歌舞伎
文楽
古典芸能
ポピュラー音楽
美術展
陶芸
歴史散歩 大阪
歴史散歩 堺
歴史散歩 京都
歴史散歩 奈良
歴史散歩
街道を歩く
西国三十三所
山歩き
花 四季彩々
自然観察 花・鳥・昆虫
園芸
美味探訪
囲碁
読書
外国語
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...
フォロー中のブログ
SOLO*WALKER
暮らしの歳時記
続・季節とともに
エキサイトブログ以外のリンク
最新の記事
ラブリーホール合唱団 201..
at 2017-11-12 23:36
門真の第九 2018 第1回..
at 2017-11-12 23:22
国宝 第Ⅲ期 国立京都博物館
at 2017-11-09 01:36
LA FENICE  レクイ..
at 2017-11-07 01:17
関西二期会オペラ 魔弾の射手..
at 2017-10-29 21:35
1万人の第九 2017 森ノ..
at 2017-10-29 21:29
LA FENICE  レクイ..
at 2017-10-29 21:14
バイオリンレッスン  第96回
at 2017-10-24 17:40
ラブリホール合唱団 レクイエ..
at 2017-10-22 00:10
日本センチュリー響 第220..
at 2017-10-22 00:01
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nori-126 at 11:02
noriさん、こちらこそ..
by おっちゃん at 21:55
イソさん、コメントありが..
by nori-126 at 22:16
こんにちは 門真の第九..
by イソ at 19:43
midoさん、こちらこそ..
by nori-126 at 19:52
ライフログ
検索
タグ
(157)
(155)
(152)
(134)
(128)
(103)
(96)
(75)
(74)
(72)
(70)
(59)
(53)
(50)
(47)
(46)
(39)
(34)
(19)
(18)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ムンク展 兵庫県立美術館

 2月13日(水)ムンク展を観に行った。阪神岩屋駅を降りて海の方へ歩いていくと、兵庫県立美術館の大きなどっしりとした建物が目に入る。歩道橋からそのまま建物の2階に入ることができる。安藤忠雄氏の設計になる美術館は、外観は単純に見えるが、中は通路が迷路のようになり、様々な表情をみせる。すぐ目の前に海があり、美術館自体をゆっくりと見学してみるのも楽しい。

     兵庫県立美術館開館5周年
     ムンク展 Edvard Munch ; Decorative Projects
     2008年1月19日(土)-3月30日(日)
     兵庫県立美術館


 ムンクといえば「叫び」に代表される孤独や頽廃を描いた作家として、知られている。この展覧会でも前半は、「吸血鬼」「不安」「生命のダンス」といった代表作を展示している。絵が何を意味しているかということを理解しようとしても難しい。ただ、絵のかもし出すなんともいえない異様な雰囲気を楽しむ。
 
 今回の展覧会の英語の副題にあるように、本展は「ムンクの装飾性」に焦点を当てている。ムンクが自分の作品群をアトリエに並べて壁画のように展示していたことを映像で示しているのをみて、どう並べてみても調和するとは思えなかったが。

 展示の後半は、ムンクのてがけた個人住宅や工場、大学講堂の壁の装飾プロジェクトが紹介されている。これらの壁画の試作品やスケッチが展示され、実際の壁画は映像で見ることができる。ムンクの絵のイメージとは違って、現代的な壁画として多くの人に愛される暖かさを持っている。

 カフェでコーヒーを飲みながら、ガラス越しに海を眺める。寒い外にでるとそこに、風の彫刻で名高い新宮晋氏の作品があった。海からの風を受けて、その動きが滑らかだった。

兵庫県立美術館の外観 ↓
d0097373_182869.jpg

新宮 晋「遥かなリズム」 ↓
d0097373_184038.jpg

by nori-126 | 2008-02-14 01:16 | 美術展 | Comments(0)
<< 千里バッハ合唱団 マタイ受難曲... 第27回ラジオウオーク 古墳ロ... >>