感動を求めて、忙しすぎる「ひまつぶし」に追われている団塊世代の男の記録。
by nori-126
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
1万人の第九
第九(1万人の第九以外)
合唱
クラシック音楽
オペラ
バイオリンレッスン
歌舞伎
文楽
古典芸能
ポピュラー音楽
美術展
陶芸
歴史散歩 大阪
歴史散歩 堺
歴史散歩 京都
歴史散歩 奈良
歴史散歩
街道を歩く
西国三十三所
山歩き
花 四季彩々
自然観察 花・鳥・昆虫
園芸
美味探訪
囲碁
読書
外国語
未分類
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...
フォロー中のブログ
SOLO*WALKER
暮らしの歳時記
続・季節とともに
エキサイトブログ以外のリンク
最新の記事
ラブリーホール合唱団 201..
at 2017-04-03 01:40
バイオリンレッスン  第87回
at 2017-03-29 16:41
小澤征爾オペラプロジェクト「..
at 2017-03-23 08:25
門真の第九 Y先生のお誕生会
at 2017-03-21 13:04
MET ライヴビューイング ..
at 2017-03-20 01:43
大阪フィル 第506回定演 ..
at 2017-03-19 16:39
1万人の第九 懇親会
at 2017-03-19 16:33
NDRエルプフィルハーモニー..
at 2017-03-16 12:36
台北國立故宮博物院 北宋汝窯..
at 2017-03-16 12:33
バイオリンレッスン 第86回
at 2017-03-16 11:12
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nori-126 at 11:02
noriさん、こちらこそ..
by おっちゃん at 21:55
イソさん、コメントありが..
by nori-126 at 22:16
こんにちは 門真の第九..
by イソ at 19:43
midoさん、こちらこそ..
by nori-126 at 19:52
ライフログ
検索
タグ
(154)
(151)
(133)
(129)
(117)
(94)
(93)
(72)
(69)
(64)
(53)
(51)
(50)
(45)
(44)
(38)
(38)
(34)
(19)
(18)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


オーケストラ千里山「第九」 兵庫県立芸術文化センター

 2月24日(日)、オーケストラ千里山の「第九」を聴きに行った。「1万人の第九」仲間のまさぽんさんが、合唱団で参加されるのでお誘いいただいたのである。他に「ゆかべりん」さん、Hさんも歌われた。会場に着いたのが遅かったので、席は4階しか空いてなかった。

 阪急西宮北口駅の兵庫県立芸術文化センターを訪れたのは初めてであるが、立派なホールである。40年前の学生時代に2年間、武庫之荘に下宿していて、西宮北口は通学路だった。はじめてボーリングに連れて行ってもらったのが、西宮球場そばのボーリング場だったのを懐かしく思い出す。

     オーケストラ千里山 結成10周年記念
     「第九」
     北野洋平 河崎聡指揮 オーケストラ千里山
     オーケストラ千里山特別合唱団
     独唱 牧野宏子 西村規子 小餅谷哲男 松岡剛宏
   

 ワーグナーの歌劇「リエンツィ」序曲は、あまり知られていないが、持っているワーグナー序曲集のCDに含まれており聴いたことがある。100人を越えるオーケストラによる迫力は満点であった。

 「第九」は、やはり迫力十分な力のこもった演奏だった。何度も聴いているのでメロディーが頭に次から次に浮かんでくるが、期待を裏切らない音だった。合唱が始まる時には、一緒に立ち上がりたいくらいだったが、声をださないで口だけ開けて歌ってみた。

 合唱団は200人少しで、男性が少ないが、バスの声はしっかりでていた。テノールはややもの足りなかったが、全体によくまとまっていた。何よりもこういう場で歌うことのできる参加者がうらやましい。アンコールは、「威風堂々」で合唱団も参加した。

 アマチュアのオーケストラが「第九」を歌う企画をして、大きなホールでそれを実現し、満員の観客がそれを楽しむ。クラシック音楽を支える大きな力が育っていることを実感して、うれしい気持ちで一杯である。プログラムに、この演奏会を実現するための様々な努力の軌跡が記されているが、何よりもこういう企画を成功させた多くの方々に拍手を送りたい。

 終わってからロビーで、「1万人の第九」の仲間5人と会い、合唱参加の3人とも会った。

d0097373_12714.jpg
  
by nori-126 | 2008-02-25 01:05 | クラシック音楽 | Comments(7)
Commented by まさぽん at 2008-02-26 00:50 x
昨日はご来場いただき、まことにありがとうございました。
4階席でしたか。お探ししていたのですが、さすがに4階までは顔の識別ができませんでした。
当日は4階でも入場できた方は運がいい、などというとんでもないトラブルが発生していたようで、たくさんの方にご迷惑をおかけしたことが悔やまれます。

ところで、midoさんの記事で客席からの眺めを拝見しましたが、確かに男声が少なめの感じでしたね。
練習当初はテナーに押されてベースが聞こえないという状況だったのですが、本番ではそこそこバランス良くお聞きいただけたようで幸いです。

これからも第九だけでなく、マイナーな曲でもコンサートホールがいっぱいになるほど、クラシックの裾野が広がっていけばいいですね。
というわけで、次はオルフ「カルミナ・ブラーナ」に挑戦しようかと考えています。
Commented by nori-126 at 2008-02-27 00:16
一人であまり早く行っても時間を持て余すと思って、20分前に行ったら4階が4分の3くらい空いていました。入場できなかった方は本当にお気の毒でした。4階から、双眼鏡でまさぽんやゆかべりんの顔は観ることができましたよ。緊張された面持ちでしたね。
 1万人の第九もいいけど、立派なコンサートホールでこじんまりと(万九に比べて)歌うのも一度はやってみたいものです。仕事の都合で練習に参加できないのが残念です。
Commented by まみりん at 2008-02-27 13:55 x
お疲れ様でした^^
以前に佐渡さんのYPCに行ったときが4F席でしたが、よく響くよいホールですよね!
合唱も 公募する団体を見かけるようになって、裾野の広がりを感じます。海外のようにアマチュアコンサートを応援する財団とかあったらいいのにな。
ところで、この日は 万九大阪CのAさんとご一緒でしたか?
しっかり聴く&観る準備をされてる方がいらしたので もしかしてニアミス?・・・と思っております♪
Commented by nori-126 at 2008-02-28 03:36
まみりんさん、コメントありがとうございます。音を聴くことだけを考えたらホールのどこでも余り差がないように思います。歌舞伎のように、観るのが大事な時は、席の位置がすごく気になりますが。
 私はいつも一人で行動していますが、終わったあとには、ホワイエで、CクラスのKさん、女性2人、男性一人と話をしておりました。
Commented by まみりん at 2008-03-02 15:09 x
そうですね。
観るというのは ちょっと気合を入れないと・・・
音は 響いてきますものね。(お風呂に浸かるみたいに?)
さて、ホワイエにいたメンバーで阪急「梅田行き」をご利用でしたら、
ご一緒できてるかも? です^^
Commented by nori-126 at 2008-03-03 00:49
まみりんさん 2日にまさぽんとコンサートで会って話をして、まみりんさんとは、ホワイエでお会いして、阪急西宮北口でもお話したはずだという結論になりました。自己紹介をしないですみませんでした。あの場におられたのは、「佐渡錬」のあとでHさん、Kさんと飲みに行った時にご一緒した方なのだと思いこんでいましたので。
 今後もよろしくお願いします。
Commented by まみりん at 2008-03-10 02:21 x
こちらこそ よろしくお願いいたします^^
名前がわからなくても 第九 のキーワードで仲間になれる??
面白いものですね。
2日にもコンサートに行かれたのですね。
また、いろんなお話が聞けるのをたのしみにしております。
<< ブラームス・チクルス 第4回 ... そば「なにわ翁」 大阪市北区西天満 >>