感動を求めて、忙しすぎる「ひまつぶし」に追われている団塊世代の男の記録。
by nori-126
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
全体
1万人の第九
第九(1万人の第九以外)
合唱
クラシック音楽
オペラ・バレエ
バイオリンレッスン
歌舞伎
文楽
古典芸能
ポピュラー音楽
美術展
陶芸
歴史散歩 大阪
歴史散歩 堺
歴史散歩 京都
歴史散歩 奈良
歴史散歩
街道を歩く
西国三十三所
山歩き
花 四季彩々
自然観察 花・鳥・昆虫
園芸
美味探訪
囲碁
読書
外国語
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...
フォロー中のブログ
SOLO*WALKER
暮らしの歳時記
続・季節とともに
エキサイトブログ以外のリンク
最新の記事
東大阪第九 2017 第2回
at 2017-12-10 01:13
大阪狭山池 イカルチドリ
at 2017-12-08 01:37
英国ロイヤルオペラシネマ 2..
at 2017-12-07 01:17
LA FENICE  レクイ..
at 2017-12-06 18:36
1万人の第九 打ち上げ ホテ..
at 2017-12-06 16:07
1万人の第九 本番 大阪城ホール
at 2017-12-05 12:43
ラブリーホール合唱団 201..
at 2017-12-02 23:48
1万人の第九 リハーサル 大..
at 2017-12-02 23:41
久米田池 ソリハシシギ
at 2017-11-30 23:27
大阪教育大学 第61回定期演..
at 2017-11-30 23:10
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nori-126 at 11:02
noriさん、こちらこそ..
by おっちゃん at 21:55
イソさん、コメントありが..
by nori-126 at 22:16
こんにちは 門真の第九..
by イソ at 19:43
midoさん、こちらこそ..
by nori-126 at 19:52
ライフログ
検索
タグ
(163)
(155)
(154)
(136)
(129)
(104)
(96)
(78)
(76)
(74)
(70)
(59)
(53)
(50)
(48)
(46)
(39)
(34)
(19)
(18)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


1万人の第九 番外編 大阪Dクラスを訪問

 9月10日(水)、大阪Dクラスのレッスンの行われている大阪倶楽部を訪れた。2年間で23回通った思い出の一杯詰まった場所である。レッスンと関係なく訪れるというのが少し淋しい。

 レッスンが終わるのを待つ間、ドア越しにI先生の元気な声(昨年より張りがあるようだ)を聞いて、今年も先生のレッスンを受けられる人たちをうらやましく思う。受付でバスの練習用CDを買った。少し練習してみたい。テノールの方が自分の声には合っているので、バスで参加することはないだろうが。

 レッスンが終わって、部屋からでてくる人々の中に見慣れた顔を何人かみかけた。midoさん、まさぽんさんと久しぶりに再会した。また、2年前の大阪Dクラスの初日に話をして、仲間ができるきっかけを作っていただいたOさんにもあいさつをした。I先生、ピアノのT先生に、Oさん夫妻も加わって総計7人で近くの居酒屋で飲んで話をした。

 I先生の終戦前後の話、midoさんの山行きの話、Oさんの第九遠征の活躍など、興味ある話題に秋の夜はにぎやかに更けていくのであった。

 音楽を通じて、異なる世代と異なる職種の人が、こうして打ち解けて話をできるというのは何と素晴らしいことか。あたかも何年も前からの知り合いであるかのように、楽しい時を過ごした。
by nori-126 | 2008-09-11 04:50 | 1万人の第九 | Comments(2)
Commented by おっちゃん at 2008-09-15 15:48 x
1万人の第九、今年も友人の奥さんが参加されます。
練習に明け暮れているとか・・・
参加したいとは思いますが、練習わ考えると
その前に選別で落とされますね。
しかしお友達ができればいいですね。
noriさんも参加されたのですか。勇気ある行動ですね。
脱帽です。
Commented by nori-126 at 2008-09-15 22:38
おっちゃんへ コメントありがとうございます。ブログを拝見しますと、山登りやハイキングに、ご活躍ですね。
 歌を習ったこともないのですが、人からいい声をしているとおだてられて、その気になったのがきっかけです。歌を歌うというよりも、知り合いができるのが楽しみで参加しています。
<< 「フェルメールの暗号」 ブルー... 佐伯祐三展 大阪市立美術館 >>