感動を求めて、忙しすぎる「ひまつぶし」に追われている団塊世代の男の記録。
by nori-126
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
1万人の第九
第九(1万人の第九以外)
合唱
クラシック音楽
オペラ
バイオリンレッスン
歌舞伎
文楽
古典芸能
ポピュラー音楽
美術展
陶芸
歴史散歩 大阪
歴史散歩 堺
歴史散歩 京都
歴史散歩 奈良
歴史散歩
街道を歩く
西国三十三所
山歩き
花 四季彩々
自然観察 花・鳥・昆虫
園芸
美味探訪
囲碁
読書
外国語
未分類
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
フォロー中のブログ
SOLO*WALKER
暮らしの歳時記
続・季節とともに
エキサイトブログ以外のリンク
最新の記事
ハンガリーの名窯「ヘレンド」..
at 2017-06-22 18:29
ラブリーホール合唱団 201..
at 2017-06-19 01:42
日本センチュリー響 第217..
at 2017-06-17 19:09
MET ライヴビューイング ..
at 2017-06-15 00:34
大阪フィル マチネ・シンフォ..
at 2017-06-14 00:38
立山 室堂平 雪の大谷ウオーク
at 2017-06-12 05:31
京街道 第6回 八幡市駅~中..
at 2017-06-05 01:05
ラブリーホール合唱団 201..
at 2017-06-04 01:41
住之江第九合唱団 2017 ..
at 2017-06-01 08:54
快慶 奈良国立博物館
at 2017-06-01 08:46
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nori-126 at 11:02
noriさん、こちらこそ..
by おっちゃん at 21:55
イソさん、コメントありが..
by nori-126 at 22:16
こんにちは 門真の第九..
by イソ at 19:43
midoさん、こちらこそ..
by nori-126 at 19:52
ライフログ
検索
タグ
(154)
(152)
(137)
(134)
(122)
(98)
(96)
(74)
(70)
(66)
(55)
(53)
(51)
(50)
(46)
(46)
(38)
(34)
(19)
(18)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


一万人の第九 大阪8クラス 3回目

 9月21日(日)、一万人の第九 大阪8クラス 3回目のレッスンがあった。7日の2回目を欠席したので、1か月ぶりである。本日は写真撮影の日で、レッスンの最中に女性カメラマンが個人の写真を撮っていく。また、レッスンが終わってから集団写真の撮影があった。

 休み時間にゆかべりんさんから、お仲間のテノールの男性(マッスーさん)を紹介していただいた。2回目の参加で、昨年は神戸クラスだったとのことである。

 はじめに発声練習があって、鼻から息を吸って、ゆっくりとお腹をへこましながら声をだす腹式呼吸の練習をした。

 Gから練習に入る
【313】八分音符の動きを強調するために歌詞を読む練習をした。アルトは四分音符のところも、頭だけを歌うことのないように注意する。音符ひとつずつをしっかり歌う練習をくりかえした 
【316】wollust の細かく音符が動くところをくりかえした
【320】gottの t はツではない
【321】2分音符であることを強調された
【330】のエピソード紹介があった 小林研一郎氏「ここで心臓を止めてください」ある合唱団員「はい」

 Mに入る 
【543】何箇所かあるsfのところを強く歌う 楽譜を離して歌うということは、どこが強いかがわかっているということである
【550】um は四分音符なので短くする
【566】geteilt の lt をしっかり歌う

 休憩のあとで、Rに入る
【745】Bruder のくり返しでエネルギーを高く歌う
【751】sternen  は音符の途中でクレシェンドする
【761】wohnen  は nen でゆるまないように

 Sに入る
【795】deine zauber くりかえす時は後の方が強くなる
【806】alle に入るタイミングを手拍子で練習
【810】クレッシェンドのところで、「四分音符の頭を歌うのではない。ピアノは音を出したら消えるだけだが、声は強くすることができる。ピアノのように歌わないこと」
【823】streng は エー をしっかり歌って、【824】でエンゲタイルトとなる
【865】遅くならないように気をつける
【892】ganzen の 細かく動く ア をしっかり歌う
 指導の基本は、楽譜に忠実に、そして張った声で歌うということで、悪い見本として「世界のナベアツ」のような発声を示されると、なるほどと思う。ただ、張った声をだし続ける力のないのを実感する
 
by nori-126 | 2008-09-21 23:26 | 1万人の第九 | Comments(0)
<< 飛鳥を歩く 飛鳥駅~高松塚古墳... 「フェルメールの暗号」 ブルー... >>