感動を求めて、忙しすぎる「ひまつぶし」に追われている団塊世代の男の記録。
by nori-126
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
1万人の第九
第九(1万人の第九以外)
合唱
クラシック音楽
オペラ・バレエ
バイオリンレッスン
歌舞伎
文楽
古典芸能
ポピュラー音楽
美術展
陶芸
歴史散歩 大阪
歴史散歩 堺
歴史散歩 京都
歴史散歩 奈良
歴史散歩
街道を歩く
西国三十三所
山歩き
花 四季彩々
自然観察 花・鳥・昆虫
園芸
美味探訪
囲碁
読書
外国語
未分類
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...
フォロー中のブログ
SOLO*WALKER
暮らしの歳時記
続・季節とともに
エキサイトブログ以外のリンク
最新の記事
納涼 囲碁まつり ホテル阪急..
at 2017-08-15 09:57
シネマ「パリ・オペラ座ー夢を..
at 2017-08-14 10:37
兵庫芸術文化センター管弦楽団..
at 2017-08-13 01:07
日本センチュリー響 いずみ定..
at 2017-08-12 09:01
バイオリンレッスン 第92回
at 2017-08-08 01:03
LA FENICE レクイエ..
at 2017-08-07 02:08
キエフ・クラシック・バレエ ..
at 2017-08-07 02:01
ラブリーホール合唱団 201..
at 2017-08-07 01:48
LA VITA 演奏会 豊中..
at 2017-08-06 22:43
大阪新音フロイデ合唱団 「テ..
at 2017-08-03 22:18
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nori-126 at 11:02
noriさん、こちらこそ..
by おっちゃん at 21:55
イソさん、コメントありが..
by nori-126 at 22:16
こんにちは 門真の第九..
by イソ at 19:43
midoさん、こちらこそ..
by nori-126 at 19:52
ライフログ
検索
タグ
(155)
(154)
(143)
(134)
(122)
(100)
(96)
(74)
(70)
(68)
(64)
(58)
(53)
(50)
(47)
(46)
(38)
(34)
(19)
(18)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


一万人の第九 大阪8クラス 6回目(最終回)

 11月16日(日)、一万人の第九大阪8クラスの6回目のレッスンがあった。今回が最終回である。5回の出席を果たしたので出演者座席券を受け取った。そして、黒い表紙の合唱団用楽譜を渡されて、そこに載っている「冬の星座」と「約束の場所」のコーラスの練習が、発声練習の代わりとして最初にあった。全音符を4分音符4つとして歌うようにという注意があった。

 練習の最後で全体を通しで歌う前に、富岡先生が、ベートーベンが第九の合唱をどのように考えて作曲したかという話をされた。ピアノで、岡林先生が第4楽章のはじめの第1楽章の主題を演奏される。富岡先生が「第1楽章の主題が出てきてそれが否定される。第2楽章の主題がでてきてそれが否定される。第3楽章の主題が出てきてそれが否定される。そして最後にオーケストラでなく、人の声が最上であるという結論になる。それを皆さんは歌うのです。」

 経験者クラスでのレッスンは今年がはじめてだったが、富岡先生の発声は惚れ惚れとする響きをもっている。ある時はユーモアを交え、ある時は真剣な表情で参加者を引っ張っていかれた。何よりも素人の私たちを、本気で指導されている感じがうれしかった。レッスンを終わって大きな拍手が富岡先生と岡林先生に送られて感動的なフィナーレだった。

Sから最後まで
【802】streng teilt 「タイルトをはっきりと歌うことを繰り返し強調された」 「エエエをはっきりと歌う」 「歌うときに体の動きがない」
【811】wo deinを歌う時に次のsanfterを予想して歌う
ソプラノ【813】 flugel weilt ゲルバのところで下がらないように
【855】 リズム読みをして、umをはっきりと歌うことを確認する
【895】 ganzen のアで延ばすところを繰り返し練習する
【905】 2回目のfreude を強く歌う
【916】 Elysiumをクレシェンドしない

休憩のあとはじめから通して歌う
【257】 deine の d を丁寧に 母音を大切に
【263】 sanfter をやわらかく
【543】 Freude を長くうたう
【650】 ドイツ語を歌わないで母音を歌ってください

 最後の通しの練習で、隣のバスやソプラノの声が聞こえるようになった。はじめての経験である。必死で自分のパートであるテノールを聴こうとしていたのが、少し余裕ができたのかも知れない。富岡先生の言われた「他のパートを聴く」に少し近づけたようでうれしかった。

 レッスンが終わってから、「ゆかべりん」「マッスーさん」それにかけつけてくれた「まさぽん」「まみりん」「Yさん」とDDハウスで昼食をとり、コーヒーを飲んで話をした。帰りに駅前第2ビルのササヤ書店で、「ベーレンライター版」の第九合唱の楽譜を買った。

 
by nori-126 | 2008-11-18 00:53 | 1万人の第九 | Comments(0)
<< 天野山金剛寺の紅葉  河内長野市 シカゴ シカゴ大学 オバマ氏の自宅 >>