感動を求めて、忙しすぎる「ひまつぶし」に追われている団塊世代の男の記録。
by nori-126
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
1万人の第九
第九(1万人の第九以外)
合唱
クラシック音楽
オペラ・バレエ
バイオリンレッスン
歌舞伎
文楽
古典芸能
ポピュラー音楽
美術展
陶芸
歴史散歩 大阪
歴史散歩 堺
歴史散歩 京都
歴史散歩 奈良
歴史散歩
街道を歩く
西国三十三所
山歩き
花 四季彩々
自然観察 花・鳥・昆虫
園芸
美味探訪
囲碁
読書
外国語
未分類
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...
フォロー中のブログ
SOLO*WALKER
暮らしの歳時記
続・季節とともに
エキサイトブログ以外のリンク
最新の記事
ラブリホール合唱団 レクイエ..
at 2017-10-15 23:35
アンナ・ネトレプコ ザ・シン..
at 2017-10-13 12:31
住之江の第九 2017 第6回 
at 2017-10-13 12:24
北斎ー富士を超えてー あべの..
at 2017-10-13 11:32
大阪城本丸薪能2017 第2夜
at 2017-10-09 14:46
チェコ・フィルハーモニー管弦..
at 2017-10-09 13:58
ロンドンフィル日本ツアー20..
at 2017-10-09 13:27
特別展覧会「国宝」第Ⅰ期 京..
at 2017-10-05 01:44
第7回 大阪市コミュニティ合..
at 2017-10-02 01:36
LA FENICE  レクイ..
at 2017-10-02 01:04
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nori-126 at 11:02
noriさん、こちらこそ..
by おっちゃん at 21:55
イソさん、コメントありが..
by nori-126 at 22:16
こんにちは 門真の第九..
by イソ at 19:43
midoさん、こちらこそ..
by nori-126 at 19:52
ライフログ
検索
タグ
(155)
(155)
(150)
(134)
(126)
(102)
(96)
(74)
(71)
(71)
(70)
(59)
(53)
(50)
(47)
(46)
(39)
(34)
(19)
(18)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


フェスティバルホール最終公演 第9シンフォニーの夕べ

 12月30日(日)フェスティバルホールの最終公演に娘と一緒に行った。1958年に開場してから50年経って、その幕を閉じることになった。始まる前に壁面のイルミネーションの写真を撮った。観客の中には、記念写真を撮る人も見られた。

 第九を聞くのは、3年前にフェスティバルホールで聴いて以来で2回目だが、「一万人の第九」に参加してからは、はじめて客席でプロの演奏を聞くことになる。「一万人の第九」の知り合いである「まさぽん」さん夫妻にロビーでお会いした。席は1階KK列L10番であった。

 第9シンフォニーの夕べ
 2008年12月30日
 大植英次指揮大阪フィルハーモニー交響楽団
 
 ベートーベン 交響曲第9番ニ短調 「合唱付」 
 独唱 スザンネ・ベルンハート(Sop)
     スザンネ・シェファー(Alt)
     トマス・クーリー(Ten)
     サイモン・カークブライド(Bar)
 大阪フィルハーモニー合唱団


 フェスティバルホールの広い舞台に、3列で60人の男声陣、その前に左右に30人ずつの女声陣が並び、その間にソリストのためのスペースがある。

 第1楽章が始まって、しばらくはブラスの音が安定しないような印象を受けたが、すぐに安定した音が聞こえてきた。第3楽章の始まる前にソリストが入場した。第3楽章が終わるとそのまま第4楽章に入った。

 バリトンの独唱は、ゆったりとして声がよく通っていた。その割りに声を張り上げた感じを受けないのは、声量の豊かさの故だろうか?他のソリストも余裕のある声で素晴らしいハーモニーを聞けた。

 合唱は、声がよくそろった印象を受けた。その合唱とオーケストラの音が一体となって、全体を豊かに作り上げていることをはじめて知った。演奏は、全体にゆっくり目に感じたが、最後のところでは、疾風のごとく走りぬけて、オーケストラの演奏がそれを受けて華やかに終わった。

 会場からは拍手が鳴り止まず、ブラボーの声が盛んに聞こえた。大植さんがマイクを持って、フェスティバルホールへの想いを披露された。開場した時に大阪フィルの前身の関西交響楽団が、「威風堂々」を演奏したことを紹介して、アンコールの「威風堂々」を観客の手拍子で演奏した。さらに観客が立ち上がってフェスティバルホールに最後の別れを告げた。

 演奏が終わって皆が帰ろうとした時、突然「蛍の光」の合唱が聞こえてきた。合唱団の皆さんが客席の通路に並んで歌われた。観客はみなそれぞれの想いを胸に、フェスティバルホールに別れを告げた。

  南壁面のイルミネーション  ↓
d0097373_0305313.jpg
d0097373_0311819.jpg

d0097373_032950.jpg
 
by nori-126 | 2008-12-31 01:04 | クラシック音楽 | Comments(2)
Commented by まみりん at 2008-12-31 22:08 x
最終公演を聴いてこられたのですね^^
いろいろと思い入れのあるフェスティバルホールですが、
新しく生まれ変わってまた、素敵な音楽シーンをたくさん生み出してくれることを期待しましょう。
今年はいろんな意味でとっても面白く過ごさせていただきました。
noriさんとのすれ違い?を含めて。
ちゃんと出会えるまで長かったですからね~。
では、良い年をお迎えください。来年もよろしくお願いいたします。
Commented by nori-126 at 2008-12-31 23:56
 まみりんさん ホールの最終公演を聞く機会なんてそうあるものではないから貴重な経験でした。私は9回くらい行っただけですが、もっと多くの思い出を持っている人のことを考えると感傷的になってしまいます。
本年は、多くの人に会えたということで素晴らしい年でした。来年もどうかよろしくお願いします。
<< 西国三十三所(その1) 第24... 忘年囲碁会 日本棋院関西総本部 >>