感動を求めて、忙しすぎる「ひまつぶし」に追われている団塊世代の男の記録。
by nori-126
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
1万人の第九
第九(1万人の第九以外)
合唱
クラシック音楽
オペラ・バレエ
バイオリンレッスン
歌舞伎
文楽
古典芸能
ポピュラー音楽
美術展
陶芸
歴史散歩 大阪
歴史散歩 堺
歴史散歩 京都
歴史散歩 奈良
歴史散歩
街道を歩く
西国三十三所
山歩き
花 四季彩々
自然観察 花・鳥・昆虫
園芸
美味探訪
囲碁
読書
外国語
未分類
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...
フォロー中のブログ
SOLO*WALKER
暮らしの歳時記
続・季節とともに
エキサイトブログ以外のリンク
最新の記事
オペレッタ・オペレッタ・オペ..
at 2017-09-19 00:37
LA FENICE レクイエ..
at 2017-09-18 03:24
住之江の第九 第4回 住之江..
at 2017-09-15 11:44
大阪クラシック 第13公演 ..
at 2017-09-10 23:38
大阪クラシック 2017  ..
at 2017-09-10 23:33
1万人の第九 2017 森ノ..
at 2017-09-10 21:35
英国ロイヤルオペラシネマ「オ..
at 2017-09-10 18:39
ピアノデュオ名曲の調べ 兵庫..
at 2017-09-08 01:26
住之江第九 2017 第4回
at 2017-08-31 23:03
クレッシェンド 第11回 堀..
at 2017-08-28 12:50
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nori-126 at 11:02
noriさん、こちらこそ..
by おっちゃん at 21:55
イソさん、コメントありが..
by nori-126 at 22:16
こんにちは 門真の第九..
by イソ at 19:43
midoさん、こちらこそ..
by nori-126 at 19:52
ライフログ
検索
タグ
(155)
(155)
(148)
(134)
(123)
(101)
(96)
(74)
(70)
(70)
(67)
(58)
(53)
(50)
(47)
(46)
(38)
(34)
(19)
(18)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


特別展 濱田庄司 大阪市立東洋陶磁美術館

 1月28日(水)濱田庄司展に行った。堀尾幹雄というコレクターが東洋陶磁美術館に寄贈したもの約200点が展示されている。

 特別展 濱田庄司 堀尾幹雄コレクション
 1月10日~3月22日
 大阪市立東洋陶磁美術館


 濱田庄司は、1894年(明治27年)川崎市出身で、東京高等工業学校(現東京工業大学)窯業科で板谷波山に師事した。河井寛次郎と共に京都市立陶芸試験場にて主に釉薬の研究を行う。ここで、柳宗悦、富本憲吉やバーナード・リーチと知り合う。渡英後、沖縄・壷屋窯、益子にて作陶する。1955年第1回の人間国宝に認定され、1968年には文化勲章を受章した。1978年に亡くなった。

 展示されているものは、大きな皿や壷、茶碗や小皿などである。最初に、実際につかわれた陶芸の道具が展示されている。絵を描いた筆や釉薬をかけるのに用いたひしゃくなどである。

 大きな皿は50cm以上もあり、主に釉薬をひしゃくで線状に流した模様が施されている。単純な方法だが、やってみると難しいと思われる。こんな大きな皿が使われたのだろうかと疑問に思ったが、濱田家では大きな皿にいろいろと料理を盛って、お客さんに出したという説明だった。

 使われている釉薬は、それほど多くはない。また、使われている技法も限られている。中に白化粧があった。白い土を刷毛で塗って上から透明釉をかけたものである。最近、自分でも白化粧をしてみたので、興味深く見た。展示品の中に白化粧用の刷毛があり、濱田家の田から取った稲穂で作られたものという。かなりべたっと濃く塗られていた。一部に薄い赤い色をだしたものもあった。

 芸術作品ではあるが、実際に使うという視点で作られた数々の陶器は親しみが持てる。自分で作陶を3年以上続けてきて、どのように作られたのか、どんな釉薬が使われているのかという作る立場で鑑賞をした美術展であった。

d0097373_2364434.jpg

by nori-126 | 2009-01-31 01:16 | 美術展 | Comments(0)
<< 昆陽池公園 伊丹市昆虫館 伊丹市 初春大歌舞伎 夜の部 大阪松竹... >>