感動を求めて、忙しすぎる「ひまつぶし」に追われている団塊世代の男の記録。
by nori-126
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
1万人の第九
第九(1万人の第九以外)
合唱
クラシック音楽
オペラ・バレエ
バイオリンレッスン
歌舞伎
文楽
古典芸能
ポピュラー音楽
美術展
陶芸
歴史散歩 大阪
歴史散歩 堺
歴史散歩 京都
歴史散歩 奈良
歴史散歩
街道を歩く
西国三十三所
山歩き
花 四季彩々
自然観察 花・鳥・昆虫
園芸
美味探訪
囲碁
読書
外国語
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...
フォロー中のブログ
SOLO*WALKER
暮らしの歳時記
続・季節とともに
エキサイトブログ以外のリンク
最新の記事
ラブリーホール合唱団 201..
at 2017-11-12 23:36
門真の第九 2018 第1回..
at 2017-11-12 23:22
国宝 第Ⅲ期 国立京都博物館
at 2017-11-09 01:36
LA FENICE  レクイ..
at 2017-11-07 01:17
関西二期会オペラ 魔弾の射手..
at 2017-10-29 21:35
1万人の第九 2017 森ノ..
at 2017-10-29 21:29
LA FENICE  レクイ..
at 2017-10-29 21:14
バイオリンレッスン  第96回
at 2017-10-24 17:40
ラブリホール合唱団 レクイエ..
at 2017-10-22 00:10
日本センチュリー響 第220..
at 2017-10-22 00:01
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nori-126 at 11:02
noriさん、こちらこそ..
by おっちゃん at 21:55
イソさん、コメントありが..
by nori-126 at 22:16
こんにちは 門真の第九..
by イソ at 19:43
midoさん、こちらこそ..
by nori-126 at 19:52
ライフログ
検索
タグ
(157)
(155)
(152)
(134)
(128)
(103)
(96)
(75)
(74)
(72)
(70)
(59)
(53)
(50)
(47)
(46)
(39)
(34)
(19)
(18)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


陶芸 黒土で白化粧のフリーカップ

 昨年10月にそば猪口を完成させてから、次に白化粧を使った作品を作ってみることにした。黒い土で成型してから、白い泥で模様を描いて、その上から透明の釉薬をかけるというものである。コーヒーカップを作りたかったが、まず、てはじめにフリーカップを作ってみることにした。

 黒土で白化粧のフリーカップ
 直径 底4cm 口7cm 高さ7.5cm
 成型 平成20年11月11日、18日、12月2日
 釉がけ 平成21年1月6日
 本焼 平成21年1月下旬


d0097373_23593711.jpg はじめて黒い土を使った。できるだけ薄く作ることを心がけたが、当初予定したものより小さいものしかできなかった。同じ大きさのものが5個できた。

 釉がけは、まず、白い泥を藁を束ねたものでさっと描いた。同じ模様ではおもしろくないので、ひとつひとつ変えてみた。乾いてから透明の釉薬をかけた。


d0097373_001353.jpg できるだけ薄くつくることを目標としたが、まだ納得がいかない。どうしても底や側面の削りが多くなる。

 出来上がった形をみると、口の部分のすぐ下がへっこんでしまうようである。仕上げの時にへっこみがないかどうかを確かめておく必要がある。


 1月にみた濱田庄司展で、白化粧の器が展示されていた。大きな器にべたっと厚く化粧したもので、感じが異なる。使う筆を変えてみたら、様々な感じの白化粧を作ることができそうである。

d0097373_23585471.jpg

by nori-126 | 2009-02-18 00:12 | 陶芸 | Comments(2)
Commented by ポスト団塊世代 at 2009-02-19 19:48 x
 おひさしぶりです。
noriさんのブログ、多彩な内容で楽しく読ませていただいています。
とりわけ、音楽と陶芸は追体験をしているような気持ちになります。
 ところで、こちらのフリーカップは、たまづくりでしょうか、それともひもづくりなのでしょうか。口の部分はむずかしいですよね。基本として、口の部分とコウダイはていねいな作業が必要と、よく言われますが。藁を使われましたか。とてもおもしろく焼きあがっていますね。
Commented by nori-126 at 2009-02-19 23:40
ポスト団塊世代さん コメントありがとうございます。
書き忘れましたが、ろくろで作成したもので、あとで削りを入れています。フリーカップを作るつもりが湯飲みくらいの大きさにしかなりませんでした。この白化粧はいい味が出ていると思います。写真の方でみるほど実物はよくないのですが。
<< 白鷺公園(堺市東区)の野鳥 再訪 一万人の第九 大阪Dクラス 新年会 >>