感動を求めて、忙しすぎる「ひまつぶし」に追われている団塊世代の男の記録。
by nori-126
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
1万人の第九
第九(1万人の第九以外)
合唱
クラシック音楽
オペラ
バイオリンレッスン
歌舞伎
文楽
古典芸能
ポピュラー音楽
美術展
陶芸
歴史散歩 大阪
歴史散歩 堺
歴史散歩 京都
歴史散歩 奈良
歴史散歩
街道を歩く
西国三十三所
山歩き
花 四季彩々
自然観察 花・鳥・昆虫
園芸
美味探訪
囲碁
読書
外国語
未分類
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
フォロー中のブログ
SOLO*WALKER
暮らしの歳時記
続・季節とともに
エキサイトブログ以外のリンク
最新の記事
ハンガリーの名窯「ヘレンド」..
at 2017-06-22 18:29
ラブリーホール合唱団 201..
at 2017-06-19 01:42
日本センチュリー響 第217..
at 2017-06-17 19:09
MET ライヴビューイング ..
at 2017-06-15 00:34
大阪フィル マチネ・シンフォ..
at 2017-06-14 00:38
立山 室堂平 雪の大谷ウオーク
at 2017-06-12 05:31
京街道 第6回 八幡市駅~中..
at 2017-06-05 01:05
ラブリーホール合唱団 201..
at 2017-06-04 01:41
住之江第九合唱団 2017 ..
at 2017-06-01 08:54
快慶 奈良国立博物館
at 2017-06-01 08:46
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nori-126 at 11:02
noriさん、こちらこそ..
by おっちゃん at 21:55
イソさん、コメントありが..
by nori-126 at 22:16
こんにちは 門真の第九..
by イソ at 19:43
midoさん、こちらこそ..
by nori-126 at 19:52
ライフログ
検索
タグ
(154)
(152)
(137)
(134)
(122)
(98)
(96)
(74)
(70)
(66)
(55)
(53)
(51)
(50)
(46)
(46)
(38)
(34)
(19)
(18)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


オランダ・アーネム・フィルハーモニー管弦楽団

 3月21日(土)、オランダ・アーネム・フィルハーモニー管弦楽団の演奏会に行った。「シェエラザード」と「展覧会の絵」というポピュラーな曲だが、全曲を聴く機会はめったになく、一度に聴けるというので、チケットを購入した。
 オランダ・アーネム・フィルハーモニー管弦楽団は、2007年の初来日に次いで二度目の日本公演で、全国で10回の公演を行う。1階R列27番だった。

  オランダ・アーネム・フィルハーモニー管弦楽団
  ザ・シンフォニーホール
  指揮 小林研一郎
  ケース・オルタウス 地蔵(日蘭貿易400周年記念委嘱作品 日本初演)
  リムスキーコルサコフ 交響組曲「シェエラザード」
  ムソルグスキー/ラベル編 組曲「展覧会の絵」
 

 はじめに小林研一郎さんが、日本初演の地蔵という曲を解説し、会場にいた作曲者を紹介した。曲は、現代曲だが、調性が保たれており、違和感なく聴けた。

 「シェエラザード」は、コンサートマスターの女性による独奏ヴァイオリンの主題が心にしみる。荒々しい王の主題と共に変奏されて現れる。華やかな管楽器の音色がホール全体に響いてここちよかった。

 休憩のあと、「展覧会の絵」でも、鮮やかな演奏を楽しめた。最後にプロムナードのテーマが全員で演奏されるところでは身が震える思いがした。コンサートに来るといつも思うことだが、CDで聴くのでは得られない感動を味わうことができる。

 アンコールは、「ダニーボーイ」を弦楽器で演奏した。はじめはチェロを中心に少し低い音で、次にヴァイオリンで高い音であった。終わった時に、拍手がすぐになくて長い静寂の時があった。観客は若い人より年配の人が多いようだったが、マナーの良い聴衆であった。アンコールの2曲目は「ハンガリー舞曲5番」だった。 
by nori-126 | 2009-03-22 01:09 | クラシック音楽 | Comments(2)
Commented by おっちゃん at 2009-03-26 05:24 x
オランダ・アーネム・フィルハーモニー管弦楽団の演奏ですか・・・
音楽が好きなmoriさんならではですね~♪
心が豊かになりますね。
Commented by nori-126 at 2009-03-27 21:20
おっちゃん コメントありがとうございます。
生の音楽を聴きだすとくせになります。知っている曲で日程のあうものを選んでチケットを買っています。
<< 池内紀著「ひとつとなりの山」 シネマ歌舞伎 刺青奇偶(いれず... >>