感動を求めて、忙しすぎる「ひまつぶし」に追われている団塊世代の男の記録。
by nori-126
カテゴリ
全体
1万人の第九
第九(1万人の第九以外)
合唱
クラシック音楽
オペラ・バレエ
バイオリンレッスン
歌舞伎
文楽
古典芸能
ポピュラー音楽
美術展
陶芸
歴史散歩 大阪
歴史散歩 堺
歴史散歩 京都
歴史散歩 奈良
歴史散歩
街道を歩く
西国三十三所
山歩き
花 四季彩々
自然観察 花・鳥・昆虫
園芸
美味探訪
囲碁
読書
外国語
未分類
以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
more...
フォロー中のブログ
SOLO*WALKER
暮らしの歳時記
続・季節とともに
エキサイトブログ以外のリンク
最新の記事
ラブリーホール合唱団 201..
at 2018-02-18 10:09
門真の第九 2018 第8回..
at 2018-02-18 09:54
LA FENICE  レクイ..
at 2018-02-13 02:12
門真の第九 2018 第7回
at 2018-02-13 01:58
ラブリホール合唱団 2018..
at 2018-02-13 01:50
門真の第九 2018 第6回
at 2018-02-11 11:11
レストラン「カクチーナ イン..
at 2018-02-05 13:35
第17回芦屋市民オペラ 「こ..
at 2018-02-04 16:29
LA FENICE レクイエ..
at 2018-02-04 10:00
竹本住太夫 文楽の心を語る
at 2018-01-31 20:53
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nori-126 at 11:02
noriさん、こちらこそ..
by おっちゃん at 21:55
イソさん、コメントありが..
by nori-126 at 22:16
こんにちは 門真の第九..
by イソ at 19:43
midoさん、こちらこそ..
by nori-126 at 19:52
ライフログ
検索
タグ
(163)
(159)
(157)
(136)
(130)
(105)
(96)
(91)
(85)
(78)
(70)
(60)
(54)
(50)
(50)
(46)
(39)
(34)
(20)
(18)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2010年 09月 24日 ( 2 )

九月大歌舞伎 義経千本桜 昼の部 前半 京都南座

 9月23日(木・祝)京都南座の昼の部を観に行った。市川海老蔵が中心となって、義経千本桜の通し狂言を上演している。今年6月に行われた訪欧歌舞伎の凱旋公演と歌われているが、海老蔵が中心となる「忠信」「中納言知盛」「いがみの権太」の三役を勤めている。

 今月は、大阪で新歌舞伎座の杮落公演と合わせて、関西2か所で歌舞伎公演が行われているが、観劇の予定はなかった。最近になって、南座に行ってみたいと思ったが、チケットは売り切れになっていた。1週間ほど前に、キャンセルと思われるチケットが出たので買った。席は14列23番だった。

 南座の正面には、顔見世の時の「まねき」がない。顔見世以外に南座にくることはめったにないので、みなれない光景である。入ったロビーのところで海老蔵夫人麻央さんが、水色の着物でお客さんにあいさつされていた。歌舞伎俳優夫人見習いという感じである。

一.鳥居前
 鳥居前をみるのは、2回目である。落ち延びる義経(翫雀)が静御前(壱太郎)に都に帰るようにいうが、静が聞かないために、初音の鼓を与えて、立木に縛って立ち去る。追手の早見藤太(市蔵)が、鼓と静を奪おうとするのを、佐藤忠信(海老蔵)が現れて、藤太らをやっつける。

 浅葱幕が落とされると、伏見稲荷の鳥居が上手にあり、梅の花が咲いている。翫雀の義経は品があるが、少し健康過ぎる印象で、時に悲しみの表情をみせるが、落ち延びる武者の悲哀は感じにくい。壱太郎の静は、若くて美しい姫のようである。静としては、清純すぎる感があるが、これからますます楽しみである。

 弁慶(権十郎)も忠信も、荒事の仰々しい扮装である。権十郎は、やさしい顔つきなのに、扮装で豪快な感じになっていた。これが歌舞伎の醍醐味でもある。声がよく通って弁慶の強さが感じられた。

 上げ幕の向こうから海老蔵の特徴のある声が聞こえてきて、豪快に花道を入ってくる。七三で、にらみをするのは、海老蔵だからのサービスだろうか。舞台上で立ち回りがあるが、立ち回りの合間の踊りのような動きがなめらかだった。引っ込みでは狐の手をして、花四天の2人とからみがある。

 この場での藤太は狂言回しのおもしろい役である。市蔵は会場を沸かせていたが、前にみた松之助に比べると、まだ狂言回しに徹し切れていない感があった。
 
d0097373_2345361.jpg
 
 
by nori-126 | 2010-09-24 23:06 | 歌舞伎 | Comments(0)

1万人の第九 大阪Dクラス レッスン6

 9月22日(水)、1万人の第九、大阪Dクラスの6回目の練習があった。席は前から3列目に座った。ベテランの0さんが隣に座られた。お互いに隣の人と肩たたきをした。それから、スッスッス-と息を吐いて伸ばす練習、汚い声ときれいな声でウイウイウイー、うがいをしながら歌う、息を4回吐いてババババーはいつもと同じ練習である。口笛を吹く形でウーウーウーという。ピアニッシモを歌う時に役立つとのことだった。

【595】からおさらいして、【635】から新しいところをパート別に歌う
 【595】Seid ザをはっきりと 歌いだしをはっきりとはいつも言われる
 【634】Ahnest アーは早くから準備しておく
 【628】Welt wから音をきっちり取る
 【639】Such in  ppでは音を吸うように歌う
 【644】sternen のあとで息継ぎしてよい
 【635】Ahnest テノール アーは大きく口をあける
 【637】shopfer テノール オを長めに
休憩の後、フーガに入る
 最後に恒例の集合写真を撮った。カメラマンが脚立の上に上がって写真を何枚か取る。うまく笑わせて楽しい写真が撮れたと思う。

 レッスン後に居酒屋に行った。今日は、音楽の話をした。
by nori-126 | 2010-09-24 01:44 | 1万人の第九 | Comments(0)