感動を求めて、忙しすぎる「ひまつぶし」に追われている団塊世代の男の記録。
by nori-126
カテゴリ
全体
1万人の第九
第九(1万人の第九以外)
合唱
クラシック音楽
オペラ・バレエ
バイオリンレッスン
歌舞伎
文楽
古典芸能
ポピュラー音楽
美術展
陶芸
歴史散歩 大阪
歴史散歩 堺
歴史散歩 京都
歴史散歩 奈良
歴史散歩
街道を歩く
西国三十三所
山歩き
花 四季彩々
自然観察 花・鳥・昆虫
園芸
美味探訪
囲碁
読書
外国語
未分類
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...
フォロー中のブログ
SOLO*WALKER
暮らしの歳時記
続・季節とともに
エキサイトブログ以外のリンク
最新の記事
ラブリ-ホール合唱団 201..
at 2018-01-22 01:43
フォーゲルザング ニューイヤ..
at 2018-01-21 01:53
日本センチュリー響 第222..
at 2018-01-21 01:12
ジブリの立体建造物展 あべの..
at 2018-01-16 01:07
ラブリーホール合唱団 201..
at 2018-01-16 00:35
バイオリンレッスン 第100回
at 2018-01-10 11:46
LA FENICE  レクイ..
at 2018-01-08 08:53
ラブリーホール合唱団 201..
at 2018-01-07 01:11
門真の第九 2018 第3回
at 2018-01-07 01:07
ヨナス・カウフマン ジャパン..
at 2018-01-05 03:01
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nori-126 at 11:02
noriさん、こちらこそ..
by おっちゃん at 21:55
イソさん、コメントありが..
by nori-126 at 22:16
こんにちは 門真の第九..
by イソ at 19:43
midoさん、こちらこそ..
by nori-126 at 19:52
ライフログ
検索
タグ
(163)
(160)
(156)
(136)
(130)
(105)
(96)
(87)
(81)
(78)
(70)
(59)
(54)
(50)
(49)
(46)
(39)
(34)
(19)
(18)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2015年 11月 25日 ( 1 )

バイオリンレッスン 第62回

 11月24日(火)、バイオリンレッスンに行った。前回の課題である、弓の練習を弾いてみた。四分音符と八分音符の組み合わせだが、音の長さが合わない。感覚だけで弾くのではなく、長さをきちんと数えて弾かなくてはならない。指を押さえる練習は、弓をスムースに動かすことが難しい。ハ長調の音階もあまりうまく弾けなかった。特に下がる時に、第4指を使うが、まず第3指を押さえてから第4指を押さえるというのができない。

 弦を指で押さえた時に、音がずれることがある。というよりずれる方が多い。G弦を押さえる時に、ソ・ラ・シ・ドと弾いてみて、1指~4指の位置を取るようにいわれた。押さえる位置は、音で合わせて決めるということである。

 驚愕シンフォニーを弾いてみた。自分ではかなり練習したつもりだったが、弓の使う場所や長さなどが覚え切れてなかった。この曲には、注意しないといけないことが多い。スラーの指使いはまあまあできていると誉めてもらったが。引き続き練習して、ある程度弾けると、先生とのデュエットができるからと励まされた。
by nori-126 | 2015-11-25 00:42 | バイオリンレッスン | Comments(0)