感動を求めて、忙しすぎる「ひまつぶし」に追われている団塊世代の男の記録。
by nori-126
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
1万人の第九
第九(1万人の第九以外)
合唱
クラシック音楽
オペラ・バレエ
バイオリンレッスン
歌舞伎
文楽
古典芸能
ポピュラー音楽
美術展
陶芸
歴史散歩 大阪
歴史散歩 堺
歴史散歩 京都
歴史散歩 奈良
歴史散歩
街道を歩く
西国三十三所
山歩き
花 四季彩々
自然観察 花・鳥・昆虫
園芸
美味探訪
囲碁
読書
外国語
未分類
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...
フォロー中のブログ
SOLO*WALKER
暮らしの歳時記
続・季節とともに
エキサイトブログ以外のリンク
最新の記事
オペレッタ・オペレッタ・オペ..
at 2017-09-19 00:37
LA FENICE レクイエ..
at 2017-09-18 03:24
住之江の第九 第4回 住之江..
at 2017-09-15 11:44
大阪クラシック 第13公演 ..
at 2017-09-10 23:38
大阪クラシック 2017  ..
at 2017-09-10 23:33
1万人の第九 2017 森ノ..
at 2017-09-10 21:35
英国ロイヤルオペラシネマ「オ..
at 2017-09-10 18:39
ピアノデュオ名曲の調べ 兵庫..
at 2017-09-08 01:26
住之江第九 2017 第4回
at 2017-08-31 23:03
クレッシェンド 第11回 堀..
at 2017-08-28 12:50
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nori-126 at 11:02
noriさん、こちらこそ..
by おっちゃん at 21:55
イソさん、コメントありが..
by nori-126 at 22:16
こんにちは 門真の第九..
by イソ at 19:43
midoさん、こちらこそ..
by nori-126 at 19:52
ライフログ
検索
タグ
(155)
(155)
(148)
(134)
(123)
(101)
(96)
(74)
(70)
(70)
(67)
(58)
(53)
(50)
(47)
(46)
(38)
(34)
(19)
(18)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2017年 05月 01日 ( 3 )

文楽4月公演 六代豊竹呂太夫襲名披露 第1部 国立文楽劇場

 4月30日(日)、文楽の千秋楽を見に行った。豊竹呂太夫の襲名披露公演で、第1部に口上と披露狂言がある。席は9列34番と太夫さんの表情の見やすい右の席にした。

寿柱立万歳
三輪太夫 津國太夫 他/清馗 他

菅原伝授手習鑑
茶筅酒の段
 芳穂太夫/宗助
喧嘩の段
 小住大夫/清丈
訴訟の段
 靖太夫/錦糸
桜丸切腹の段
 文字久太夫/藤蔵

豊竹英太夫改め 六代豊竹呂太夫 襲名披露口上
 寛治さんが、五代は文楽の太夫らしからぬ男前だったが、六代は太夫らしいと言って笑わせた。五代は若くして亡くなったので、六代に対する期待は大きいだろう。

寺入りの段
 呂勢太夫/清治 呂太夫/清介 咲太夫/燕三

 咲太夫の語りはさすがに切場語りである。艶があって力強い。 

d0097373_18161569.jpg
d0097373_18164557.jpg



by nori-126 | 2017-05-01 00:32 | 文楽 | Comments(0)

大阪フィル 第507回定演 フェスティバルホール

 4月26日(水)、大阪フィルの定期演奏会に行った。4月から新しいシーズンが始まったが、同じ席で定期会員になった。今回は、オルフの「カルミナ・ブラーナ」が演奏されるということで、話題になっていた。

 合唱団として、知り合いが多く参加していた。今回は、臨時で募集をしたので、オーディションを受けて、参加した人もいた。もともとの合唱団員であるNKT、MEYA、YSMC、MTOKさんに加えて、臨時で参加されたIMI、NKTK、ISI、KS、INUE、ICOKさんである。ヴィオラのOK先生が、エキストラで参加されていたのに気づかず、後日教えてもらった。

大阪フィルハーモニー管弦楽団 第507回定期演奏会
2017.4.26 午後7時開演
フェスティバルホール

指揮 大植英次
ソプラノ 森麻季 テノール 藤木大地(カウンターテナー)
バリトン 与那城敬
合唱 大阪フィルハーモニー合唱団
児童合唱 大阪すみよし少年少女合唱団

ベートーベン 交響曲第7番 イ長調 作品92
オルフ 世俗カンタータ カルミナ・ブラーナ

 ベートーベンの7番は、何度も聞いているので、少し感動が薄れている。二管編成なのに、管楽器がよく響いていたが、ストリングスは少し物足りない感じがした。

 カルミナ・ブラーナは、CDを持っているので少しは聞いたことがあるが、字幕で歌詞の意味を知ると面白い。森麻季さんは、女神の役もするので、オペラのような派手な衣装だった。小さい声で高い音を歌われたのがよかった。与那城さんは、難しい歌い方のところもあるのに、大活躍だった。藤木さんは、焼き鳥になる白鳥の役で、最後に椅子に倒れこむと、与那城さんが、手を合わせて会場の笑いを誘った。

 合唱団の声は素晴らしく、男声が会場に響き渡った。少年少女合唱団は、暗譜で、整った声を聴かせたが、実力のある合唱団とのことである。オケには打楽器が何種類も入って、面白い響きを聞かせてくれた。

 聴きに来ている人にも知り合いが多くいて、LA FENICEのUCHSさん、IKTさん、東大阪第九のIMIさん、NMBさんに会った。

 
d0097373_16583347.jpg


by nori-126 | 2017-05-01 00:29 | クラシック音楽 | Comments(0)

バイオリンレッスン 第89回

 4月24日(月)、バイオリンのレッスンに行った。前回の課題だった右手弓の練習、19番は、休符が入って、3つの弦の解放弦をスラーで弾くというもので、OKが出た。次の課題の20番は、八分音符で4つの弦の解放弦をスラーで弾くというものである。

 左手指の練習は、前回の課題の11番がOKなので、次は12番に入る。ここで、先生に急な用事ができたので、発表会用の曲、ガボットの練習は次回に延期になった。

by nori-126 | 2017-05-01 00:16 | バイオリンレッスン | Comments(0)