感動を求めて、忙しすぎる「ひまつぶし」に追われている団塊世代の男の記録。
by nori-126
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
1万人の第九
第九(1万人の第九以外)
合唱
クラシック音楽
オペラ
バイオリンレッスン
歌舞伎
文楽
古典芸能
ポピュラー音楽
美術展
陶芸
歴史散歩 大阪
歴史散歩 堺
歴史散歩 京都
歴史散歩 奈良
歴史散歩
街道を歩く
西国三十三所
山歩き
花 四季彩々
自然観察 花・鳥・昆虫
園芸
美味探訪
囲碁
読書
外国語
未分類
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...
フォロー中のブログ
SOLO*WALKER
暮らしの歳時記
続・季節とともに
エキサイトブログ以外のリンク
最新の記事
LA FENICE レクイエ..
at 2017-07-16 21:55
ラブリーホール合唱団 201..
at 2017-07-16 01:45
バーンスタイン「ミサ」 フェ..
at 2017-07-16 01:43
七月大歌舞伎 夜の部 松竹座
at 2017-07-13 00:40
LA FENICE レクイエ..
at 2017-07-09 23:49
ラブリホール合唱団 レクイエ..
at 2017-07-09 01:20
日本センチュリー交響楽団 第..
at 2017-07-09 01:17
1万人の第九 懇親会
at 2017-07-06 11:51
バイオリン発表会 堺市福祉会館
at 2017-07-02 21:55
ラブリーホール合唱団 201..
at 2017-07-02 00:04
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nori-126 at 11:02
noriさん、こちらこそ..
by おっちゃん at 21:55
イソさん、コメントありが..
by nori-126 at 22:16
こんにちは 門真の第九..
by イソ at 19:43
midoさん、こちらこそ..
by nori-126 at 19:52
ライフログ
検索
タグ
(155)
(153)
(140)
(134)
(122)
(99)
(96)
(74)
(70)
(67)
(59)
(56)
(53)
(50)
(46)
(46)
(38)
(34)
(19)
(18)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2017年 05月 03日 ( 2 )

日本ドイツリート協会 愛の歌 豊中文化芸術センター小ホール

 5月3日(水・祝)、声楽のコンサートに行った。1万人の第九で合唱指導していただいた加藤かおり先生と、門真の第九で指導していただいた小玉晃先生が出演されるということで、当日券で入った。豊中市立文化芸術センターに来るのは初めてで、小ホールは舞台の奥に庭が見えるようにできるしゃれた作りになっている。

 知り合いの人が前の方の席に座っていたので、2列目に座ったが、合唱団の知り合いのTKMRさんがおられた。他にONさん夫妻、KTMRさん、MYZKさん、なべさん、MEHRさん、KDMさん、IZWさん、AIZWさんが来られていた。

日本ドイツリート協会 関西支部 第24回演奏会
愛の歌~ブラームス没後120年によせて~
2017.5.3 (水・祝) 午後2時開演
豊中市立文化芸術センター小ホール

出演者 ソプラノ  大谷志穂 加藤かおり 北岸陽子 平松深雪 山田登紀子
    メゾソプラノ 林ゆきこ 椋本かおる 八木寿子 
    テノール  新井俊稀 斎藤尚希 
    バリトン  小玉晃 鈴木慶彦
    ピアノ  岡原慎也 岡部佐恵子 櫻井奈月 土居知子 
           西川典子 橋田波子

 全曲がブラームスの曲で、前半は独唱で、6人が2-3曲ずつ歌われた。知っていた曲は、小玉先生の音楽学校で歌ったことのある「メロディのように」という曲だけだったが、それぞれ趣の異なる曲が披露された。人の声というものは一人ひとりちがうもので、同じように聞こえるということはない。ピアノ伴奏では岡原先生の流れるような音の動きに聞き入ってしまった。

 休憩の後に独唱が二人、そして「愛の歌」という歌曲集から18曲が、4人(加藤、八木、新井、小玉)で歌われた。すべてワルツの曲でピアノの連弾が伴奏になる。男声や女声の二重唱を組み合わせたり、ソロを入れたりと趣向があって、飽きさせない。4人がそれぞれ自己主張をするような歌い方の中にハーモニーを感じられた。

 終わってから駅前の喫茶店「タンネ」でお茶を飲んだ。遅れてきたAOKさんも加わった。コースターには、戸隠のタンネというロッジの名前が書いてあったが、40年程前に戸隠のロッジタンネというログハウスに泊まったことがある。関連があるのだろうか?
 
 帰りの電車で、AIZWさんと話をしたが、1万人の第九の10年前からの知り合いだが、久しぶりに会った。

d0097373_23134727.jpg

by nori-126 | 2017-05-03 22:50 | クラシック音楽 | Comments(0)

バイオリンレッスン 第87回 

 5月1日(月)、バイオリンのレッスンに行った。先生の家に駐車場ができたので、車で行って止めたが、便利である。前回の練習が途中で切り上げになったので、補習という形で1回追加になった。

 前回できなかったガボットの練習をするのに、まずヘ長調の音階を弾いてみた。弦を移動する時に、指を固定したり、移動したりして音を取る必要がある。指を浮かせてしまうと、正しい所を押さえられない。自然にできるように練習しなくてはならない。

 ガボットは、スタカートがうまくいかないと感じていたが、やはり注意された。4分音符のスタカートは、全弓を使ってはぎれよく、八分音符は、短めにして流れないようにする。弓を止める感じである。少しわかったような気がする。

by nori-126 | 2017-05-03 20:42 | バイオリンレッスン | Comments(0)