感動を求めて、忙しすぎる「ひまつぶし」に追われている団塊世代の男の記録。
by nori-126
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
1万人の第九
第九(1万人の第九以外)
合唱
クラシック音楽
オペラ・バレエ
バイオリンレッスン
歌舞伎
文楽
古典芸能
ポピュラー音楽
美術展
陶芸
歴史散歩 大阪
歴史散歩 堺
歴史散歩 京都
歴史散歩 奈良
歴史散歩
街道を歩く
西国三十三所
山歩き
花 四季彩々
自然観察 花・鳥・昆虫
園芸
美味探訪
囲碁
読書
外国語
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...
フォロー中のブログ
SOLO*WALKER
暮らしの歳時記
続・季節とともに
エキサイトブログ以外のリンク
最新の記事
ラブリーホール合唱団 201..
at 2017-11-12 23:36
門真の第九 2018 第1回..
at 2017-11-12 23:22
国宝 第Ⅲ期 国立京都博物館
at 2017-11-09 01:36
LA FENICE  レクイ..
at 2017-11-07 01:17
関西二期会オペラ 魔弾の射手..
at 2017-10-29 21:35
1万人の第九 2017 森ノ..
at 2017-10-29 21:29
LA FENICE  レクイ..
at 2017-10-29 21:14
バイオリンレッスン  第96回
at 2017-10-24 17:40
ラブリホール合唱団 レクイエ..
at 2017-10-22 00:10
日本センチュリー響 第220..
at 2017-10-22 00:01
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nori-126 at 11:02
noriさん、こちらこそ..
by おっちゃん at 21:55
イソさん、コメントありが..
by nori-126 at 22:16
こんにちは 門真の第九..
by イソ at 19:43
midoさん、こちらこそ..
by nori-126 at 19:52
ライフログ
検索
タグ
(157)
(155)
(152)
(134)
(128)
(103)
(96)
(75)
(74)
(72)
(70)
(59)
(53)
(50)
(47)
(46)
(39)
(34)
(19)
(18)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2017年 08月 03日 ( 2 )

大阪新音フロイデ合唱団 「テ・デウム」 フェスティバルホール

 8月2日(水)、大阪新音のコンサートに行った。ソリストの竹本さんは、高校の同級生の奥様で、聴きに行こうと思っていたら、ラブリーホール合唱団の OOGSさんが合唱で出演されるということで、チケットを買った。

 席は9列33番で、実質5列目の真ん中に近い、いい席を用意していただいた。始まる前に、高校の同級生のKWSMさん夫妻をみつけた。4年ぶりに会った。合唱団は200人以上で迫力が十分だった。

大阪新音フロイデ合唱団2017年夏公演
2017.8.2(水)19時開演
フェスティバルホール
指揮 沼尻竜典 大阪フィルハーモニー交響楽団

メンデルスゾーン 賛歌 作品96 独唱 竹本節子
ベートーベン 交響曲第8番
ブルックナー テ・デウム
独唱 田崎尚美 竹本節子 清水徹太郎 三原剛

 メンデルスゾーンの賛歌は初めて聴いた。独唱の竹本さんの声がよく響いた。ベートーベンの8番は、あまり聴く機会がないが、好きな曲である。テ・デウムは、ソプラノの澄んだ声とテノールの力強い声がよかった。アルトとバスが目立たないのは、そういう曲だから仕方がないが、三原さんのいい声をもっと聴きたかった。

 合唱団員に門真の第九で知り合ったICDさんがおられた。
 

by nori-126 | 2017-08-03 22:18 | クラシック音楽 | Comments(0)

夏休み文楽特別公演 第2部名作劇場 国立文楽劇場

 8月2日(水)、文楽を見に行った。毎年、夏は3部制として、第1部は親子劇場で第3部はサマーレイトショーとなる。第2部は夏祭浪花鑑だが、見に行く時間がない。蓑助さんのお辰が評判である。席は5列の右端の方だった。太夫さんは近くに見えるが、人形と字幕が見にくい。

夏休み文楽特別公演第2部
源平布引滝
義賢館の段
 靖太夫/錦糸 咲甫太夫/清友
矢橋の段
 亘太夫/錦吾
竹生島遊覧の段
 津國太夫他
九郎助住家の段
 希太夫/寛太郎 文字久太夫/團七 咲太夫/燕三 呂勢太夫/清治
 文司(九郎助)小まん(清十郎)和生(義賢)玉男(斎藤実盛)玉也(瀬尾十郎)

 義賢館の段はめったに上演されないので見るのは初めてである。平家打倒の旗印である白旗が義賢から義仲に渡る筋を描いて、後の筋が理解しやすい。竹生島遊覧の段では舞台に大きな船が登場して、華やかである。

 九郎助住家の段では、筋が目まぐるしく展開する。親子の情、忠義との狭間で翻弄される悲しみを描いている。咲太夫のしっとりとした語りは、さすがである。文字久太夫と呂勢太夫の豪快な時代物らしい語りも舞台を彩り、終幕に向けて疾走する。

d0097373_03023784.jpg

by nori-126 | 2017-08-03 22:02 | 文楽 | Comments(0)