感動を求めて、忙しすぎる「ひまつぶし」に追われている団塊世代の男の記録。
by nori-126
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
1万人の第九
第九(1万人の第九以外)
合唱
クラシック音楽
オペラ・バレエ
バイオリンレッスン
歌舞伎
文楽
古典芸能
ポピュラー音楽
美術展
陶芸
歴史散歩 大阪
歴史散歩 堺
歴史散歩 京都
歴史散歩 奈良
歴史散歩
街道を歩く
西国三十三所
山歩き
花 四季彩々
自然観察 花・鳥・昆虫
園芸
美味探訪
囲碁
読書
外国語
未分類
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...
フォロー中のブログ
SOLO*WALKER
暮らしの歳時記
続・季節とともに
エキサイトブログ以外のリンク
最新の記事
納涼 囲碁まつり ホテル阪急..
at 2017-08-15 09:57
シネマ「パリ・オペラ座ー夢を..
at 2017-08-14 10:37
兵庫芸術文化センター管弦楽団..
at 2017-08-13 01:07
日本センチュリー響 いずみ定..
at 2017-08-12 09:01
バイオリンレッスン 第92回
at 2017-08-08 01:03
LA FENICE レクイエ..
at 2017-08-07 02:08
キエフ・クラシック・バレエ ..
at 2017-08-07 02:01
ラブリーホール合唱団 201..
at 2017-08-07 01:48
LA VITA 演奏会 豊中..
at 2017-08-06 22:43
大阪新音フロイデ合唱団 「テ..
at 2017-08-03 22:18
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nori-126 at 11:02
noriさん、こちらこそ..
by おっちゃん at 21:55
イソさん、コメントありが..
by nori-126 at 22:16
こんにちは 門真の第九..
by イソ at 19:43
midoさん、こちらこそ..
by nori-126 at 19:52
ライフログ
検索
タグ
(155)
(154)
(143)
(134)
(122)
(100)
(96)
(74)
(70)
(68)
(64)
(58)
(53)
(50)
(47)
(46)
(38)
(34)
(19)
(18)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2017年 08月 12日 ( 1 )

日本センチュリー響 いずみ定演 No.36 いずみホール

 8月11日(金・祝)、日本センチュリー交響楽団の演奏会に行った。いずみ定期演奏会は平日なので、いつもは行けないが、今年は山の日で祝日になった。ハイドンの交響曲全曲を演奏する「ハイドン・マラソン」の10回目である。昨年もお盆休みに1回聞いて、今回が2回目になる。

 女性演奏者はドレスで登場されるので、少しサロン的な雰囲気が楽しめる。席はM4で、会場は8割くらいの入りだった。

日本センチュリー交響楽団 いずみ定期演奏会 No.36
「ハイドン・マラソン」
2017.8.11(金・祝)19時開演
いずみホール

指揮 飯森範親 コントラバス 村田和幸

ハイドン:交響曲第60番ハ長調「うっかり者」
ディッタースドルフ:コントラバス協奏曲第1番変ホ長調
ハイドン:交響曲第54番 ト長調
ハイドン:交響曲第78番ハ短調

 60番は、6楽章という構成。「うっかり者」というタイトルを見ていたが、解説を読んでいなかった。最終楽章で、突然、バイオリンが調弦を始めて、それに他のバイオリンが合わせるという事態になる。指揮者が慌てて制し、客席に向かって詫びる。というハイドンのユーモアである。もっとも「うっかり者」というのは、この曲が作られることになった演劇の題名とのことであるが。

 ディッタースドルフはハイドンと同じ頃に活躍した作曲家とのことである。コントラバス協奏曲は珍しいが、オケが主題を演奏するのを、コントラバスが繰り返すという形で、ピアノやバイオリンの協奏曲とは異なるが、コントラバスの響きを初めて聴くことができた。

 78番では、途中にコンマスの松浦さんと第2バイオリン首席の池原さんの2重奏があった。

 終わってから、ロビーでビオラのIIDさんにあいさつをした。楽屋口でバイオリンのIKHRさんと会い、話をしながら、地下鉄の駅まで歩いた。



by nori-126 | 2017-08-12 09:01 | クラシック音楽 | Comments(0)