感動を求めて、忙しすぎる「ひまつぶし」に追われている団塊世代の男の記録。
by nori-126
カテゴリ
全体
1万人の第九
第九(1万人の第九以外)
合唱
クラシック音楽
オペラ・バレエ
バイオリンレッスン
歌舞伎
文楽
古典芸能
ポピュラー音楽
美術展
陶芸
歴史散歩 大阪
歴史散歩 堺
歴史散歩 京都
歴史散歩 奈良
歴史散歩
街道を歩く
西国三十三所
山歩き
花 四季彩々
自然観察 花・鳥・昆虫
園芸
美味探訪
囲碁
読書
外国語
未分類
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...
フォロー中のブログ
SOLO*WALKER
暮らしの歳時記
続・季節とともに
エキサイトブログ以外のリンク
最新の記事
オペレッタ・オペレッタ・オペ..
at 2017-09-19 00:37
LA FENICE レクイエ..
at 2017-09-18 03:24
住之江の第九 第4回 住之江..
at 2017-09-15 11:44
大阪クラシック 第13公演 ..
at 2017-09-10 23:38
大阪クラシック 2017  ..
at 2017-09-10 23:33
1万人の第九 2017 森ノ..
at 2017-09-10 21:35
英国ロイヤルオペラシネマ「オ..
at 2017-09-10 18:39
ピアノデュオ名曲の調べ 兵庫..
at 2017-09-08 01:26
住之江第九 2017 第4回
at 2017-08-31 23:03
クレッシェンド 第11回 堀..
at 2017-08-28 12:50
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nori-126 at 11:02
noriさん、こちらこそ..
by おっちゃん at 21:55
イソさん、コメントありが..
by nori-126 at 22:16
こんにちは 門真の第九..
by イソ at 19:43
midoさん、こちらこそ..
by nori-126 at 19:52
ライフログ
検索
タグ
(155)
(155)
(148)
(134)
(123)
(101)
(96)
(74)
(70)
(70)
(67)
(58)
(53)
(50)
(47)
(46)
(38)
(34)
(19)
(18)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2017年 08月 20日 ( 2 )

LA FENICE レクイエム・ミサ 第7回

 8月19日(土)、LA FENICEの練習が堀江アルテであった。杉田先生の指導で、ネルソンミサの前回からの続きである、Benedictus と Dona をパート別に発音を確かめながら歌った。同じ言葉の繰り返しで、言葉をはめやすい。同じ音が続くので、わかりやすいが、その中でわずかに音が動くのを正確にとらえなくてはならない。何となく歌っていると間違ってしまう。

 休憩の後に、一番初めからおさらいをした。なんとなく歌えているという感じだが、先生の苦笑いは、まだまだ道遠しという印象である。今日はテノールが4人と少なく歌いにくかった。バスが音が揃っていないと何度か注意された。帰りに久しぶりにPさんと話をした。モツレクをニューヨークやヨーロッパで歌ったことがあるということだった。

by nori-126 | 2017-08-20 02:29 | 合唱 | Comments(0)

バレエ「ルグリ・ガラ」 フェスティバルホール

d0097373_22484322.jpg
 8月19日(土)、バレエの公演を見に行った。2月に英国ロイヤルバレエシネマで、「くるみ割り人形」を見てから、バレエに魅せられた。バレエの本でマニュエル・ルグリという有名なダンサーのことを知ったが、そのルグリが監修し、出演する公演である。英国ロイヤルバレエシネマ「眠れる森の美女」の主演のヌニェスとムンタギロフが出演するのも魅力だった。

 観客は若い女性が多くて、華やかな雰囲気だった。席はBox席のF5で、少し高くなっていて舞台が見やすかった。

 英国ロイヤルバレエ団のプリンシパルであるマリアネラ・ヌニェスとワディム・ムンタギロフの踊りが素晴らしかった。ヌニェスはどちらかと言えば小柄だが、可愛らしい表情で軽やかに踊る。ボリショイバレエのオルガ・スミルノワは背が高く、手脚が異常と言えるくらい長い。表情は冷たい感じだが、この二組のテクニックはさすがに超一流である。

 マニュエル・ルグリの踊りは、一線を退いただけに体の線や切れは今ひとつだが、全盛期の踊りの素晴らしさを想像することはできた。共演するイザベル・ゲランもベテランらしい安定した踊りを見せた。若いダンサーとは違った雰囲気を醸し出していた。バレエが演技するものであることを実感させれられる。

 ルグリ・ガラ~運命のバレエダンサー~
 2017.8.19(土)14時開演
 フェスティバルホール

1.「海賊」第3幕よりオダリスク
ニキーシャ・フォゴ、ナターシャ・マイヤー、芝本梨花子
 民族衣装の可愛い三人の踊り

2.「ライモンダ」第1幕よりアダージョ
ニーナ・ポラコワ、ヤコブ・フェイフェルリック

3.「I have been kissed by you…」
エレナ・マルティン、パトリック・ド・バナ
 フラメンコの衣装の下から男性がでてくるという演出。
「Inside the Labyrinth of solitude」
ジェロー・ウィリック

4.「ラ・フィユ・マルガルデ」
ナターシャ・マイヤー、デニス・チェリェヴィチコ

5.「マニフィカト」
ニーナ・トノリ、ヤコブ・フェイフェルリック
 シルヴィ・ギエムのために作られた作品で、バッハの曲に合わせてミサのラテン語が女声で歌われる。

6.「じゃじゃ馬馴らし」
 オルガ・スミルノワ、セミョーン・チュージン

7.「チャイコフスキー・パ・ド・ドゥ」
 マリアネラ・ヌニェス、ワディム・ムンタギロフ

8.「フェアウェル・ワルツ」
 イザベル・ゲラン、マニュエル・ルグリ
 舞台にベッドと椅子が置かれていて、別れを予感する恋人たちが、ショパンの曲と現代曲で踊る。
(休憩)

9.「ローレンシア」よりパ・ド・シス
 ニキーシャ・フォゴ、デニス・チェリェヴィチコ、ナターシャ・マイヤー、
 芝本梨花子、ジェームズ・ステファン、ジェロー・ウィリック
 男女3人ずつの踊り。

10.「Medea」
 エレナ・マルティン、パトリック・ド・バナ

11.「アルルの女」
 イザベル・ゲラン、マニュエル・ルグリ
 有名な曲に合わせた踊り

12.「Movements of the Soul」
 ニキーシャ・フォゴ

13.「Murmuration」
 ニーナ・ポラコワ、ヤコブ・フェイフェルリック、ジェームズ・ステファン

14.「海賊」第2幕よりアダージョ
 マリアネラ・ヌニェス、ワディム・ムンタギロフ
 ルグリの新しい振付

15.「グラン・パ・クラシック」
 オルガ・スミルノワ、セミョーン・チュージン

16.「Moment」
(世界初演)マニュエル・ルグリ
ピアノ:滝澤志野
 グランドピアノを音をスピーカーで拡大。

by nori-126 | 2017-08-20 02:23 | オペラ・バレエ | Comments(0)