感動を求めて、忙しすぎる「ひまつぶし」に追われている団塊世代の男の記録。
by nori-126
カテゴリ
全体
1万人の第九
第九(1万人の第九以外)
合唱
クラシック音楽
オペラ・バレエ
バイオリンレッスン
歌舞伎
文楽
古典芸能
ポピュラー音楽
美術展
陶芸
歴史散歩 大阪
歴史散歩 堺
歴史散歩 京都
歴史散歩 奈良
歴史散歩
街道を歩く
西国三十三所
山歩き
花 四季彩々
自然観察 花・鳥・昆虫
園芸
美味探訪
囲碁
読書
外国語
未分類
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...
フォロー中のブログ
SOLO*WALKER
暮らしの歳時記
続・季節とともに
エキサイトブログ以外のリンク
最新の記事
ラブリホール合唱団 レクイエ..
at 2017-10-22 00:10
日本センチュリー響 第220..
at 2017-10-22 00:01
国宝 第II期 京都国立博物館
at 2017-10-18 21:46
モーツァルト「レクイエム」 ..
at 2017-10-18 21:44
1万人の第九 2017 森ノ..
at 2017-10-18 16:52
ラブリホール合唱団 レクイエ..
at 2017-10-15 23:35
アンナ・ネトレプコ ザ・シン..
at 2017-10-13 12:31
住之江の第九 2017 第6回 
at 2017-10-13 12:24
北斎ー富士を超えてー あべの..
at 2017-10-13 11:32
大阪城本丸薪能2017 第2夜
at 2017-10-09 14:46
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nori-126 at 11:02
noriさん、こちらこそ..
by おっちゃん at 21:55
イソさん、コメントありが..
by nori-126 at 22:16
こんにちは 門真の第九..
by イソ at 19:43
midoさん、こちらこそ..
by nori-126 at 19:52
ライフログ
検索
タグ
(156)
(155)
(152)
(134)
(127)
(102)
(96)
(74)
(72)
(71)
(70)
(59)
(53)
(50)
(47)
(46)
(39)
(34)
(19)
(18)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2017年 08月 28日 ( 2 )

クレッシェンド 第11回 堀江アルテ

d0097373_12412519.jpg 8月27日(日)、1万人の第九のレッスンの後に、コンサートに行った。音楽が好きな人たちが集まって、定期的に「クレッシェンド」というコンサートをされている。聴きに行くのは初めてである。出演者のLA FENICEの団員のHZYMさんからお誘いをいただいた。

クレッシェンド Vol.11
2017.8.27(日)13時開演
堀江アルテ

 遅れて行ったので、着いた時に前半が終わって休憩になった。東大阪第九のIMIさんにお会いした。東大阪第九のISIさんが出演されるので、聴きにきたということだった。前半なので聴けなかった。LA FENICEのSTOさんの歌も前半だった。

 
 後半は大阪カルテットのモーツアルトの弦楽四重奏第3番で、本格的な演奏に、会場が宮廷サロンになったかのようだった。住之江の第九で知り合ったKTHRさんが、オペラの曲など3曲を歌われた。NSKG先生に師事しておられて、先生も来ておられた。

 前から知っている奈良のTKMRさんが「イル・トロヴァトーレ」の「君のほほえみ」を歌われた。コンクールに優勝されている実績の持ち主で、声の質といい、表現力といい、プロのような安定感があった。

 HZYMさんがデュエットで、スターバト マーテルから4曲と、ホフマンの舟歌を歌われた。ピアノ、バイオリン、フルートの伴奏という贅沢な編成である。高音の響きが素晴らしくて、こういうのはテクニックというより、天性のものなのだろう。会場から、舟歌にコーラスがついた。最後に大阪カルテットとピアノの演奏で、皆で「マイ・ウェイ」を日本語で歌った。

by nori-126 | 2017-08-28 12:50 | クラシック音楽 | Comments(0)

一万人の第九 2017 森ノ宮10 第1回

 8月27日(日)、1万人の第九森ノ宮10クラスの初めてのレッスンがあった。合唱指導は角地正範先生で、ピアノは辻本圭先生である。MBS担当者の説明があって、角地先生が登場して、「オーソレミオ」を歌われた。

 発声法や発語について講義をされた。広げると大きくなるおもちゃを使って、軟口蓋を広げるという指導は、他の先生と同じである。ただ、子音と母音で開き具合が違うというのを説明しやすい利点がある。日本語とドイツ語の発声の違いなどを50分ほど話されてから、最初から第九を歌った。遅めの休憩の後、最後まで通しで歌った。

 角地先生の縁で、レッスンを通じて知り合って、本日入籍したというカップルが紹介された。TDさん夫妻は、名前は知らなかったが、門真の第九で一緒に飲んだことがあるということがわかった。

 休憩中にFBで知ったKTURさんに挨拶した。終わってから、角地先生に挨拶をして、帰りに、堺の第九で一度だけ一緒になったUEDさんに挨拶した。UEDさんとは、10年前の一万人の第九でも同じクラスになったことが後で判明した。FBで知り合ったIKTさんにも挨拶したが、どこかでお会いしているという感じだった。

 歩いて、玉造まで行き、角地先生がFBで紹介された「ミニョン」というイタリアレストランに行き、昼食を食べた。

by nori-126 | 2017-08-28 12:37 | 1万人の第九 | Comments(0)