感動を求めて、忙しすぎる「ひまつぶし」に追われている団塊世代の男の記録。
by nori-126
カテゴリ
全体
1万人の第九
第九(1万人の第九以外)
合唱
クラシック音楽
オペラ・バレエ
バイオリンレッスン
歌舞伎
文楽
古典芸能
ポピュラー音楽
美術展
陶芸
歴史散歩 大阪
歴史散歩 堺
歴史散歩 京都
歴史散歩 奈良
歴史散歩
街道を歩く
西国三十三所
山歩き
花 四季彩々
自然観察 花・鳥・昆虫
園芸
美味探訪
囲碁
読書
外国語
未分類
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...
フォロー中のブログ
SOLO*WALKER
暮らしの歳時記
続・季節とともに
エキサイトブログ以外のリンク
最新の記事
ラブリ-ホール合唱団 201..
at 2018-01-22 01:43
フォーゲルザング ニューイヤ..
at 2018-01-21 01:53
日本センチュリー響 第222..
at 2018-01-21 01:12
ジブリの立体建造物展 あべの..
at 2018-01-16 01:07
ラブリーホール合唱団 201..
at 2018-01-16 00:35
バイオリンレッスン 第100回
at 2018-01-10 11:46
LA FENICE  レクイ..
at 2018-01-08 08:53
ラブリーホール合唱団 201..
at 2018-01-07 01:11
門真の第九 2018 第3回
at 2018-01-07 01:07
ヨナス・カウフマン ジャパン..
at 2018-01-05 03:01
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nori-126 at 11:02
noriさん、こちらこそ..
by おっちゃん at 21:55
イソさん、コメントありが..
by nori-126 at 22:16
こんにちは 門真の第九..
by イソ at 19:43
midoさん、こちらこそ..
by nori-126 at 19:52
ライフログ
検索
タグ
(163)
(160)
(156)
(136)
(130)
(105)
(96)
(87)
(81)
(78)
(70)
(59)
(54)
(50)
(49)
(46)
(39)
(34)
(19)
(18)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2017年 12月 02日 ( 2 )

ラブリーホール合唱団 2018 レクイエム 第20回

 12月2日(土)、ラブリーホール合唱団の練習に行った。1万人の第九のリハーサルを途中で抜け出して、45分遅れで、ラブリーホールについた。2回休んだので、随分久しぶりという感じがした。

 小玉先生の指導が、前回で終わって、今日からは、中村先生の指導で、モーツァルトのレクイエムをおさらいしていた。Kyrie から最後までを歌った。その後で、フォーレのレクイエムを簡単におさらいした。来週に指揮者指導があるから、一通り通しておくということのようだった。

 次回の演奏会の演目が発表になった。バッハのミサ曲ロ短調である。1時間半くらいの大作で、恩師のOKD先生が所属しておられた千里バッハ合唱団で2回聞いたことがある。バッハは歌ったことがないし、受難曲ならあまり興味ないが、ミサ曲なら歌ってみたい。

by nori-126 | 2017-12-02 23:48 | 合唱 | Comments(0)

1万人の第九 リハーサル 大阪城ホール

 12月2日(土)、1万人の第九のリハーサルがあった。4時前に大阪城ホールに行くと、噴水の前に、合唱団の仲間のTKHTさん夫妻がおられた。前に1万人の第九の同じクラスで、東京に住んでいるKNMさんが、ご両親と一緒におられた。そこへMSDさん、SKさんも通りがかった。

 今年はスタンド席なので、アリーナに入ることができない。今年は、アリーナの左右の観客に近いところに女性が入って、代わりにスタンドに並ぶ男性が多くなった。A10列28番というのは、スタンドの男性の中では、一番舞台に近いところである。現在の合唱団の配置になってから、2回アリーナで出場したが、今回、スタンドから合唱団を見渡すと、アリーナのほぼ全景と、スタンドの女性合唱団、バスが見えて、本当にたくさんの人がいることが実感できた。スタンドも悪くはない。

 例年のように、清原先生の発声練習があった。今年のピアニストは甲斐先生だった。2部の第九の第4楽章のゲネプロが行われた。テノールがDのところの高音部分で走り過ぎるという指摘があった。アンコールの蛍の光を歌った。休憩があって、その後に第1部のゲネプロが行われるというところで、ラブリーホール合唱団の練習に行くために、大阪城ホールを後にした。

by nori-126 | 2017-12-02 23:41 | 1万人の第九 | Comments(0)