感動を求めて、忙しすぎる「ひまつぶし」に追われている団塊世代の男の記録。
by nori-126
カテゴリ
全体
1万人の第九
第九(1万人の第九以外)
合唱
クラシック音楽
オペラ・バレエ
バイオリンレッスン
歌舞伎
文楽
古典芸能
ポピュラー音楽
美術展
陶芸
歴史散歩 大阪
歴史散歩 堺
歴史散歩 京都
歴史散歩 奈良
歴史散歩
街道を歩く
西国三十三所
山歩き
花 四季彩々
自然観察 花・鳥・昆虫
園芸
美味探訪
囲碁
読書
外国語
未分類
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...
フォロー中のブログ
SOLO*WALKER
暮らしの歳時記
続・季節とともに
エキサイトブログ以外のリンク
最新の記事
ラブリ-ホール合唱団 201..
at 2018-01-22 01:43
フォーゲルザング ニューイヤ..
at 2018-01-21 01:53
日本センチュリー響 第222..
at 2018-01-21 01:12
ジブリの立体建造物展 あべの..
at 2018-01-16 01:07
ラブリーホール合唱団 201..
at 2018-01-16 00:35
バイオリンレッスン 第100回
at 2018-01-10 11:46
LA FENICE  レクイ..
at 2018-01-08 08:53
ラブリーホール合唱団 201..
at 2018-01-07 01:11
門真の第九 2018 第3回
at 2018-01-07 01:07
ヨナス・カウフマン ジャパン..
at 2018-01-05 03:01
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nori-126 at 11:02
noriさん、こちらこそ..
by おっちゃん at 21:55
イソさん、コメントありが..
by nori-126 at 22:16
こんにちは 門真の第九..
by イソ at 19:43
midoさん、こちらこそ..
by nori-126 at 19:52
ライフログ
検索
タグ
(163)
(160)
(156)
(136)
(130)
(105)
(96)
(87)
(81)
(78)
(70)
(59)
(54)
(50)
(49)
(46)
(39)
(34)
(19)
(18)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2017年 12月 05日 ( 1 )

1万人の第九 本番 大阪城ホール

 12月3日(日)、1万人の第九の本番である。今年が記念すべき10回目の出場になる。初めて参加したのが、2006年だった。前年に初めてコンサートで第九を聴いて、一度歌ってみようと思ったが、第九どころか、合唱もしたことがないのに、どうして参加する気になったのか、思い出せない。

 いざ、参加しようとして、練習日を選ぶのに、平日では水曜日だけしか時間が取れなかったので、当時の大阪C(東梅田)と大阪D(淀屋橋大阪倶楽部)を比べて、淀屋橋を選んだ。

 最後のレッスンの日に、知り合いができて、ブログを始めたことから、輪が広がり、12年間に10回の出場となった。1万人の第九をきっかけに、音楽を通じて多くの知り合いができ、合唱団にも所属することになった。私の音楽のすべての原点がここにある。

 9時前に大阪城ホールに行くと、噴水の前に知り合いが集まっていた。合唱団のNKTさんが、新しくできた公演のちらしを配っておられて、何枚か受け取った。会場に入る時に、35周年記念のピンバッジをいただいて、皆が胸にそれをつけることになった。カンロ株式会社からは、ボイスケアのど飴の小さいパッケージが渡されたが、第九の歌詞の書かれたパッケージは、ひとつとして同じものはないという。

 席詰めがあって、発声練習の後に少し休憩があった。観客席の上の方のコーナーで、12月23日に放映される番組のために、国分太一、又吉直樹、いとうあさこさんが、打ち合わせをしていた後姿だけが見えた。ゲネプロの第1部で、服部百音さんのバイオリン、弓を弾きながら、左手だけのピチカートが入る。「夏の名残のばら」による変奏曲とカルメン・ファンタジーが演奏された。

 くるりというグループの「ジュビリー」と「ブレーメン」わかりやすいいい曲である。ロックといっても、作曲者がクラシックの素養を持っているということで、違和感がなかった。Happy Xmasを合唱団も一緒に歌った。休憩の後に、第九のゲネプロがあった。

 1時間近い休憩で、例年のように休憩所にでて、仲間と昼食を取った。知り合いの人たちが集まってきて、写真を撮ったが、この場所で写真を撮るのが、知られるようになったのか、人で一杯だった。

 会場にお客さんが入って、本番が始まった。シラーの詩の朗読を小栗旬がしたが、まるで、シェークスピアの劇のように、暗記で、朗々と読み上げたのは、感動ものだった。本番が終わって、清原先生が、手で大きな丸を作った。今年の合唱が今までになくよかったという評判もあり、参加者としては心から喜ばしい。

by nori-126 | 2017-12-05 12:43 | 1万人の第九 | Comments(0)